燕山荘 残雪のテント場へ 

今日の運転中。

ラジオから流れていたのは

「もし、会えるならだれに会いたい」

というテーマで進行中の番組でありました。


誰かの投稿が「亡くなった人に会いたい」とかそういうので・・・

それを聞いて ふとマリーを思い出した私は運転しながら涙が止まらなくなったのです。


ブリブリと嬉しそうに尻尾を振るマリーに会いたいなぁ。

と、思った5月の夕方なのでした。






さぁさぁ。

燕岳への登りで 重たいザックにすっかりヘロヘロのぴょんたん一家。

修行のような登りの真っ最中。





それでも時折、足を止めつつ

久しぶりの北アルプスの景色を楽しみます。

non595.jpg


続きもどうぞ。
人気ブログランキング









日焼け雪焼けの心配が絶えないくらい好天の今日。


やっぱり登山は晴れがいいね♪と笑顔もこぼれます。

non586.jpg









空に向かって歩く


non597.jpg










燕山荘が見えてしばらくは


残雪で勾配もそれなりの中を進んでいきます。




相も変わらず必死で登る我が家。









すれ違う方には

「急がないとテンバがなくなるよー」

なんて、ありがたい言葉を頂戴し

気持は焦る。


だけども、体はついていかない悲しい現実・・・。



non614.jpg






そんな時

パパが今までの登山で一度も口にしたことのないセリフを言ったのです。





「自分が足を引っ張っているから

 ふたりで先を行ってくれないか」


って。






ええーーーー!!

なんと珍しい!





我が家はいつも3人パーティ。

行動するのは必ず一緒。

それをずっと続けています。




こんなことを言うなんて

今日のパパはよっぽど しんどいんだなぁと私とのんのんは思いました。








あとでの話。



ここは前にもあるいた登山道だったことと

山荘が見えたことで

二人で進んでも大丈夫だと思ったから言えたんだ。


と、パパ。









とりあえず、その時は

初めて聞くパパのそんな言葉に驚きながらも

ではでは、頑張って進まねば!と少々プレッシャーを感じるぴょんたんとのんのん。







と、いっても



急激に早く登れるわけでもなく



互いの姿を確認できる範囲で進んでいました。








・・・・・が!






先頭を行くのんのんが


ずんずんペースを上げていくではありませんか。





もしや、今日のニューリーダーはのんのんだった?笑






ぴょんたん母さん、あれよあれよと離されて


(さぁ、写真に写っているのんのんとぴょんたんが分かりますか?笑)
non604.jpg







あれれ~。

のんのんを探せ~ってな感じになりつつも、なんとか必死で追いかけます(・・・つもり)

non609.jpg










前にのんのん。


後ろにパパ。


燕山荘はもうすぐ。


でも、見えてからが長いんだなぁ・・・。

non617.jpg





のんのんに遅れることしばらく。


私もやっとテント場に到着したときには

ザックとその下に広げられたシートはあったのですが肝心の娘はというと

どうやら受付を済ませに山荘へ行っている様子です。



non621.jpg





本当にしっかりした娘でぴょんたん母さんは大助かり。


「初めてテンバの受付できたよ!」



って、得意満面。  ありがとー!

non623.jpg



「ソロのでっかいザックを担いだお兄さんについていったの!

 お兄さん、めっちゃ早かったわー!

 でも、ここじゃなくて大天井の方に行っちゃったー」

って。




健脚ぶりに感心しちゃいました。





ええ。

もちろんこれを毎回などと思っていません。

稜線上ではないことと

歩いたことのある登山道だったからこそこういうことができました。






家族3人で、ああでもないこうでもないと言いながら歩いていくのが我が家の登山スタイルです^^











そんなこんな。


私に遅れること5分。



もう歩けないーって顔をしたパパも到着いたしましたよ。

non624.jpg



そして、パパりん。

ぐったりする暇もなく 今日の寝床作りです。   ありがとー!

non631.jpg






テント設営後。




久々の重たいザックにすっかりくたびれた3人はしばしのお昼寝タイムであります。


non786.jpg







それにしても

なかなかキツイ登りであったのです。

冬の間、重たいザックを担いでないのはダメですね><





雪が少ないとはいえ合戦小屋を過ぎると

やっぱり前爪アイゼンは必要です。




冬の雪と違うのは

解けかけでズルズルと滑りやすいところ。

しっかりアイゼンを効かせながら登るとよいかと思います!

(でもね、ホントは効いてるか不安になるくらいの雪質でしたよ)


non620.jpg


ああ。
どうなることやらと思いましたが到着できて良かった!

と、心底思ったぴょんたんなのでした。

こちらもぽちっとよろし子です♪
    
関連記事

Comment

本当に珍しいね。
ぱぱさんお疲れ。一体何キロ担いだんでしょうか(笑)
我が家の未経験な雪山、歩き方も疲れ具合も違うんでしょうね。
娘が小学校に上がったら登ってみたい合戦尾根。
素晴らしい景色でしょうね〜!
私達も燕岳を目指します!
はじめまして!岡山県在中の会社員兼主婦です!
いつも楽しくぴょんたんさんのブログを拝見させて頂いてます!
5月の燕は、こんなにも雪が残っているのですね。びっくりしました。
GWは、どこの山へ行かれたのかなぁって… もしかして燕だったりして!なんて思いを巡らせていました。
まさに、燕だったんですね!
私は山友達と9月に初アルプス、燕へ登る計画を立ててます。
ぴょんたん一家の今回の縦走レポ最後まで楽しみに待っています‼︎
ブログを読むたびにどこかの山でぴょんたん一家に会えたらなぁって願っている私です(*^^*)

  • 2015/05/15 06:28
  • きなこ
  • URL
morさんへ
こんばんは~、morさん。

ホント、何キロ担いだのかなー^^
今回は時間もなくて計ってないのよー。

合戦尾根。
ピンクちゃんも楽しく登れると思いますよ~♪
イルカに会えるって聞けば楽しみも倍増かも♪
来年といわず今年でも^^!
きなこさんへ
こんばんはー、きなこさん。

はじめまして^^!
嬉しいコメント、ありがとうございますーーーーっっ♪♪

もしかしてのもしかして(笑)
燕岳に再訪でした^^
ここはとても美しい山です。
きなこさんも9月に登られるんですね^^
気候の安定するころですし、バーンと素敵な景色が見られるといいですねー^^♪
今後もよろしくお願いします~^^
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)