夏の縦走最終章 立山へ 折立~立山縦走

先日の3連休登山ではいろいろとお声をかけていただきありがとうございました。

また コメントからも見かけたよ^^!なんて言っていただき、なんだか小っ恥ずかしいぴょんたんファミリーです。


登山に関しても (人生に関しても 笑) まだまだ まだまだ未熟者の我が家3人。



ドタバタスマートでない山登りをして

それでもそんな家族の共有時間を残していきたいなという私の思いから

拙い文章ながらもこうしてブログを綴っています。



そしてこんなブログでも

読んでくださっている方がいるのが嬉しいなぁと

しみじみ思うぴょんたんなのであります。




では

夏山レポ最終章。




2014年の夏山縦走、今年のコースは

折立(1350) → 薬師岳(2926) → 北薬師岳(2900) → 間山(2585) →

スゴ乗越 →スゴノ頭(2431 巻き) → 越中沢岳(2591) → 鳶山(2616) → 五色が原 →

ザラ峠(2348) → 獅子岳(2741) → 鬼岳(2750 巻き) → 龍王岳(2872 巻き) →

一の越山荘 → 立山室堂

の3泊4日です。


天気が良ければ

一の越から立山3座を縦走して 剱沢キャンプ場が4泊目の予定でした。



暴風雨の悪天候。

そんな中、スゴ乗越小屋から五色ヶ原までやってきた我が家。

縦走3泊目にして小屋泊となりました。


IMG_0440.jpg


続きもどうぞ!

人気ブログランキング





お布団でぐっすり眠らせてもらい

すっきり目覚めた翌日。


天候の回復をちと期待しましたが・・・

山はそんなに甘くない。


朝からレインウェアを着込んでの出発です。





部屋を後にする我が家。

DSC_2189.jpg





借りていた本もここで返します。

DSC_2190_20140916194443cac.jpg






出発前にバンダナを一枚購入。


DSC_2192.jpg


最近、山のバンダナに凝っているのんのん。



奥穂北穂に。白馬雲の平あそこここも・・・と


なんであの時買わなかったのかと今さら後悔している中学2年生(笑)



DSC_2196_20140916194442b6f.jpg







最後に家族写真を撮って頂き

DSC_2194.jpg


5時13分 出発です。










外は雨。

DSC_2198.jpg








薄暗い中を進んでいきます。

DSC_2200.jpg








振り返って五色ヶ原山荘。

DSC_2201.jpg

山でお風呂に入れるなんて!と感動の山小屋でした。


でも、次はきっと

晴れ晴れのときにぜひともテントを張らせてくださいと。

また、ここへ来たいと思う3人なのです。












ガスガスワールド全開。

DSC_2202.jpg






足元は水たまり。

DSC_2206.jpg








DSC_2210_20140916200307e38.jpg








そして今日もでっか丸岩が現われました。

DSC_2214.jpg








DSC_2216.jpg











行く先真っ白。

DSC_2219.jpg








それでもコースを外れず歩けば目的地へは到着するわけで。



ザラ峠。5時56分。


DSC_2220_20140916200435e2e.jpg







一向に回復しない天気の中を進んでいきます。

DSC_2223.jpg






DSC_2227.jpg













DSC_2241.jpg







6時38分。

ピカピカのハシゴ。

これってステンレスかな、錆びないのかななんて思いながら登るぴょんたん。

DSC_2245.jpg





IMG_0412.jpg







DSC_2247.jpg






DSC_2257.jpg






途中、小休憩をはさみながら

DSC_2265.jpg





また登っていきます。

IMG_0416.jpg





DSC_2269_20140916210211352.jpg






獅子岳(2741)到着。

7時26分。

DSC_2276.jpg






ここを過ぎると大きな雪渓。

DSC_2286.jpg







最初の足を置くときだけが神経を使いましたが

あとはソロソロ歩けば大丈夫。

IMG_0419.jpg






DSC_2291.jpg









鬼岳を目指すこの頃は雨もザーザー。

カメラもびしょ濡れ。

DSC_2292.jpg








そしてまたまた雪渓です。

DSC_2293.jpg







いぇい!

IMG_0428.jpg







IMG_0436.jpg







DSC_2301.jpg









やっと到着。鬼岳(2750 巻き)。

8時37分。


「鬼」というフレーズに

私をチラチラ見ながら妙にはしゃぐ娘と夫。

言いたいことがあるならはっきりおっしゃいなさい・・・(--)

DSC_2307_201409162125298d4.jpg









雨が激しく・・・

何がなんだか分からないけど兎に角登る。

そこに山がある限り。。。なんちゃって。

DSC_2308.jpg








DSC_2311.jpg










鬼岳から1時間ほど経ったときでしょうか。


ひょこひょこ動く姿が視界に入る。

IMG_0441.jpg




わぉ。

こんな時に会いますか、雷鳥さん。


IMG_0444.jpg










すぐに一の越、五色、室堂の分岐。

DSC_2317.jpg



DSC_2318_201409162248549e4.jpg





雨が叩きつけています。




でも、ここまで来たらもう少し。


気分は少し楽になりました。





あとは一の越に向かって下るだけ。


この雨の中でも何人かの登山者が五色ヶ原を目指して登って行かれます。


そういえば、この夏に晴れたのは3日間ほどしかなかったと五色小屋のスタッフさんから聞きました。


昨年、5日間の縦走を快晴の中で歩くことができたのは嬉しいことだったんだなぁと今さらながら思います。













もう少しで一の越というところで雨がどんどん強くなり、多分警報レベル。



これはまずいと急いで下っていますと


グキッ。


私の左の足首。


何年か前から癖になっている捻挫をここでしてしまいました。


パパが最後尾を歩いていた私のところまで引き返してくれ手を貸してくれます。


そして、パパに手を引かれながらやっぱり急いで下る。


のんのんも必死でついてきます。









そんな時






ピカッ!!! 







雷が光ったと思うとすぐに






ゴロゴロゴローーーーーーーーーーー。












我が家の下る先から登っていた数組の登山者は


その瞬間一斉にくるっと向きをかえ 登ってきた道を下っていきます。







我が家も少しでも標高を下げなきゃとますます急ぎ足。


もう、足の痛みなど感じているゆとりもありません。





転がるように。。。とはこんな時に使う言葉なんだと思いながら


まさに転がるように下る家族3人。




後での話。

のんのんは

「雷が怖くて泣きそうだった!」

「それに、パパは捻挫のママの手を引いて先に行くし!」

「もう、のんのん泣くで!」

と、その時のことを話します。



あの暴風雨と雷と私の捻挫。



パパとしましては

自力で下ると一番遅れそうな私に手を貸すのが一番早く下れる方法だと判断していたのですが



雨にも負けず、両親を必死で追いかけるのんのんを想像すると

なんだか笑えてくるぴょんたん母さんなのです。









雷の音と共に豪雨に交じって今度は突風。






思わずしゃがみ込みます。

いや、しゃがむだけでは不安で飛ばされないようにお尻を地面にくっつけて座り込んでいました。







私たちの後ろからついてきていたのんのんも


ケルンの影に隠れるように

ケルンよりも低い姿勢をとるためか正座をして体を丸めておりました。





「のんのんのところに行って!」と私がパパに言うのと

パパがのんのんの方へ走ろうとしたのが同時くらい。



走って戻ってのんのんを抱きかかえるように守っているパパ。






しゃがみ込む背中に雨が容赦なく打ち付け

強風でレインウェアもどうにかなっていたのか

中の下着までびっしょりになっていました。




頭を低く丸め

風と雨の叩きつける方向に背中を向け弱まる瞬間を待ちます。







風が少し収まった隙に動き出す我が家。




「ママ、足大丈夫?」

こんな時でも母を心配してくれる優しいのんのん。

ありがとう♪





下っていくと大きな岩陰で8人くらいでしょうか。

雷の過ぎるのを待っておられました。







我が家もその中に入れてもらいましたが

雷が少し遠くに行ったように感じたのでまたも一気に走ります。








そこからすぐ。





小屋らしい建物発見。

DSC_2329.jpg







ああ。

無事に一の越山荘に到着したようです。





雄山からも続々と登山者が下山されていました。



安堵の瞬間。



DSC_2332.jpg







びっしょり濡れているので本当は小屋でひと休みしたかったのですが


溢れんばかりの人・人・人に、ここは室堂まで下ってしまおうと先を行くことにしました。

DSC_2335.jpg







ここまできてやっと。

今日一番ののんびりコース。

DSC_2340.jpg








10時48分。

立山に到着したときは感動の一言でした。

IMG_0449.jpg








室堂駅では最後にびっくりな再会。

sana-papaさんちのさなちゃんとママさん。

「パパさんは?」と尋ねると一人頑張って雷鳥沢キャンプ場で撤収作業とな。

パパさん、ファイト~^^

IMG_0451.jpg





この後、バスに乗って立山駅に到着。


レンズ曇りすぎです(笑)

DSC_2354_20140917004255b23.jpg


そうそう。我が家のデジイチニコンくん。


防水でも防塵でも、衝撃OKでもないのに

どしゃ降りの雨に濡れ

砂地に放置され

岩にガンガンぶつけられ

衝撃が強すぎてレンズフィルターもいつの間にか外れていました。



それでも元気に動き続きけてくれるニコンくん。


もしかして防水・防塵・耐衝撃の山仕様カメラだったのかしら。。。


なんて真剣に思っているぴょんたんなのです。

cats-crop11.jpg








さぁて。2014年

我が家の夏の縦走レポもこれでおしまいです。





折立~立山間。


いつか歩いてみたいコースでした。



DSC_1140_20140917000851e3d.jpg



薬師岳から北薬師は想像以上に険しくて


もしかすると風も強かったせいでその印象が余計にあるのかもしれませんが


でも、一番面白いところだったようにも思います。



DSC_1548.jpg



登って下って。スゴ乗越。


歩きながら「山」という字はこういうところのことを言うんだろななんて思ったり。


岩場からお花畑に樹林帯とどれももれなくついてくるスペシャルコースでありました。




DSC_1738_201409170019443f0.jpg




五色ヶ原は天気予報とにらめっこしてきっとまたテントを持って行くことになるでしょう。



DSC_2120_201409170012279b8.jpg




最後の最後は雷の恐怖に怯えながらの下山。


雷鳥を見たすぐ後の雷・・・本当に文字通りの鳥さんなんだねと感心しきり。


DSC_2322.jpg




天候のせいもあってか無事に立山まで到着した時には最初に安堵感が広がりました。


そしてじわじわと達成感。

DSC_2346.jpg


ああ。

今年もよく歩きました。





雨に打たれながらの山歩きでしたので一人で考えることも多く


何を考えていたっけと思い返すと


あれ。。。。ほとんど「無」だったような・・・。



なんだ、なにも考えてないのかー!


いやいや。


それくらい目の前の登山道に無我夢中だったということです(笑)






季節はすっかり秋。

長々レポになりましたが最後までお付き合いありがとうございました。

DSC_1410.jpg


次は秋の3連休レポ。。。近いうちに♪
ポチッと応援よろしこですー♪
関連記事

Comment

>雨にも負けず、両親を必死で追いかけるのんのんを想像すると、なんだか笑えてくるぴょんたん母さんなのです。

やっぱ鬼?
獅子は我が子を崖から突き落とす?

いやいや信頼あってのものですね。

我が家はやっぱり1日は焼く下山して正解だったようですね。

おつかれさまでした。

P.S. sana-papa偉いね〜
山の雷は怖いですねー
3000メートルの稜線で仕事してるとき髪の毛が逆立つことがたまにありました 逃げ場がないのがコワイです
この天候の中、歩き通せる体力と精神力、すばらしいです
  • 2014/09/18 09:17
  • ぽーらん
  • URL
いつも頑張る家族にバンザイ!

最終章待っていました。悪天候、重そうなリュック
その中でこれだけ撮影が出来るのはスゴ越し。

私は以前に完全小屋泊まりで逆コースを歩きました。
薬師岳に着いた時はヘロヘロに、あのアップダウン。
  • 2014/09/18 12:16
  • 名無しさん
  • URL
天候がいいに越したことはないけど。。。
悪天候だからこそ、たくさん思い出に残ってる
シーンって結構あったりするよね(^Ш^)
いい経験だって笑って話せるいい思い出かな~♪
無事下山できたからの一言だけど。。。(^-^;

のんのん、雷の中、よく頑張ったね~!!
ぴょんたん。。。
もしものとき、パパさんが背負って降りれるよう
ホットヨガとかどう?(笑)

お疲れ様~
家族揃って笑顔で下山でよかった♪♪
  • 2014/09/18 12:49
  • もえここ
  • URL
3連休がいい天気だったからガスってる画が変な感じ(笑)
夏山の縦走じゃ長編になっちゃうよね。

雷怖いね~~
私も何回か経験あるけど・・・マジ怖^^;
うちの中2も雷大嫌いだから(笑)

大作レポお疲れさまでした~!♪
レポ楽しく読ませていただきました!

この日は雷、怖かったですね~。
僕は三俣山荘からわさび平小屋まで降りたんですが、
ちょうど弓折乗越まで下ったときに鳴り始め、
小池新道も増水してたちまち川のようになってしまいましたよ。
お互い、無事に下山できて良かったですね(´∀`)

そのぶん、先週末の連休は晴れて良かったですね!
僕は八ヶ岳を満喫してきましたー。
  • 2014/09/18 19:08
  • ぼん
  • URL
こんばんは

すごいな~
感動やね~
ぴょたんファミリー立山縦走物語の巻~

足大丈夫?
次のレポ待ってるよ~
あの時の雷、そんなにも近いところで…?!
私ゃ雷鳥沢でも怖くて怖くて、撤収中のテントとカメラ放り出して管理小屋へ避難してました〜。
で…カメラにトドメを刺してしまった。(笑)
Nikonなら大丈夫だったかも〜。
捻挫はもう大丈夫だよね〜3連休はあんなとこ登ってるし♪
  • 2014/09/18 23:42
  • sana-papa
  • URL
こんばんわ!
こんばんわ^_^

こちらには初めてコメント書かせてもらいます。
相方の2号がちょこちょこblog内でお世話になってるようでありがとうございますm(__)m

以前から山好き仲良し家族のほんわかさせてくれるblogとして密かに愛読させてもらってました(^_^)

のんちゃん、凄く成長してる事が伺えますね!
我が家にも娘が居て、最近引っ張って行くようにしてますが、マダマダですね…………(*_*)

僕達は一日ずれて、この暴風雨の時は薬師に登ってました。
やっぱり雨は嫌ですね囧rz
特に雷は危険ですし、のんちゃんよく頑張りましたね!

どっかの山でお会い出来ればと思っています。
同じだったよ!
そうそう、
私たちが7/19に立山行ったときも
そんな感じだったのー。
ゴロゴロピカーで
ビックリして泣きながら歩く娘を励ましながら
一の越山荘に逃げ込みましたー。
でもよかったー。
ご無事だったから
西保でのんのんに逢えたのね(*^^*)。
  • 2014/09/19 17:37
  • 滝山アルイテル
  • URL
morさんへ
こんばんは、morさん。

ええ。
もちろん、信頼あっての・・・(笑)

やっぱり山の雷雨は怖いよね。
あんな雷にあったのは初めてだったので
ビビりファミリー山を転げ下りる日でした。

sana-papaの一人撤収も偉いえらい^^
ママさんとさなちゃんと一緒にしゃべりながら
1時間近くsana-papaの来るのを待ってたぴょんたんも偉いー(笑)
なんちゃって♪
ぽーらんさんへ
こんばんは、ぽーらんさん。

ええーー!
髪の毛が逆立つ?!
それ、めっちゃ怖いじゃないですかー。
うー・・・。
わたしならパニックになりそうですー><
山男は経験が違いますね><
名無しさんへ
こんばんは、名無しさん。

バンザイありがとうございますー^^!

雨にも負けずカメラを構えてましたー。
雷には負けましたが・・・><

逆コースを歩かれたことがあるのですね^^
近くて遠いスゴ乗越。
ホントに歩きごたえのあるコースでした。
しかーし、完全小屋泊というリッチな山旅とは。。。羨ましいですー♪
もえここさんへ
こんばんは、もえここさん。

>もしものとき、パパさんが背負って降りれるよう
ホットヨガとかどう?(笑)

ホットヨガ・・・。
なに?
普通のヨガと違うの?
サウナの中でするとか?

大丈夫!
愛があればありのままの私を背負ってくれるはずだわ(*^▽^*)
♪ありの~ままの~♪
みわりんさんへ
こんばんはー、みわりん。

長編レポおつきあいありがとうー^^!

夏の縦走がこんな天気だったから秋の連休の快晴には感激も10倍だったよー♪

標高が下がっているとは言え、稜線での雷は初体験だったからむっちゃ怖かった><
光ってから鳴るまで早かったし、もう下るのに必死だったよー。

中2は・・・雷の怖い年頃でしょうか~(笑)
こんばんは。ぴょんたんさん。台風が来てます!いまの所26日には通過してるという週間予報ですが・・・夏のぴょんたん家の二の舞かも(*_*)
  • 2014/09/19 21:58
  • よっしー
  • URL
ぼんさんへ
こんばんは、ぼんさん。

ホントにこの日の雷にはドキドキさせられました。
ピカッ!ゴロゴローーー!って、めっちゃ怖かったなぁ。

まぁ、この天候のせいで
快晴、秋の連休登山は何を見ても楽しかったです♪

ぼんさんは八ヶ岳ですか~(^^)
まだ行ったことがありませんがとても興味のあるエリアです♪
りんくんさんへ
こんばんはー、りんくん。

立山縦走物語。。。
完結には三座とカニタテを行かなきゃね^^;

足の捻挫が癖で。
実は日常でも痛くて(涙)
でも、痛いだけでガンガン登れるし動けるし。
なんだかなぁ・・・って感じなの><
sana-papaさんへ
こんばんはー、さなパパさん。

テントもカメラもそのままで避難。
その気持ちよく分かります!
雷、めっちゃ怖かったよね><

室堂ではママ&さなちゃんにびっくりの再会♪
思わず叫んでしまった~♪
超テンション上がったよ~^^!
あっ・・・もちろんさなパパ登場にもね。。。ホントだよ 笑
bp-hiroさんへ
こんばんはー、hiroさん。

hiroさん。コメントありがとうございますー^^!
こちらこそkakaさんやhiroさんのブログ、楽しく読ませていただいてます♪

8月は雲の平~秘湯の温泉へ行かれてましたよね^^
いいなー。我が家もいつかは!

ベテランhiroさんからすれば珍道中登山の我が家と思いますが
今後もよろしくお願いします♪
滝山アルイテルさんへ
こんばんは、滝山アルイテルさん。

雷ってホントに怖いですよね><

うちの娘も相当怖かったようでウルウルでした。
母の雷とどっちが怖いんだろ?笑

そうそう。
無事だったから出会えたんですね^^
安全山歩きが一番ですね♪
よっしーさんへ
こんばんは、よっしーさん。

そうなんですよね。
台風が近づいてますよね。

週明けに鳥取あたりの予報だったような。

よっしーさんの山行には晴れ晴れになるように祈ってます!
縺エ繧?s縺溘s縺輔s縲∬カウ螟ァ荳亥、ォ縺ァ縺吶°?滂シ滂シ沺
遘√b蟾ヲ雜ウ鬥悶?菴募コヲ縺九げ繧ュ繝?→(T ^ T)
縺ァ繧ゅ?√>縺、繧ょ、ァ荳亥、ォ縲∝、ァ荳亥、ォ縺ィ謇九r蠑輔°繧後◆縺薙→辟。縺?o(T ^ T)
繝代ヱ蜆ェ縺励>縺ァ縺吶?縲
髮キ髮ィ縺ョ荳ュ縺ァ縺ョ繧薙?繧薙■繧?s繧偵ヱ繝代′謚ア縺阪°縺九∴縺ヲ縺」縺ヲ縲∵?昴o縺壹≧繧九≧繧九?
縺吶▲縺九j譛?霑第カ呵?縺悟シア縺上※縲
謌代′螳カ繧ゅ?繧?s縺溘s荳?螳カ縺ョ繧医≧縺ェ螻ア陦後″縺励◆縺?↑(#^.^#)
縺顔夢繧梧ァ倥〒縺励◆縲?
ぴょんたんさん

なんか、、うちの2号の入れさせてもらったコメが文字化けしてるようですみません。

iPadから作業してるので、たまにあるようです。
こちらも対策考えてみます!

2号は既に完了してますが僕の方でもリンク貼らせてもらいますね(^_^)v

今後とも宜しくお願いします<(_ _)>

ごめんなさい!!
パソコンではなくアイパットミニでスマートフォン版で
コメントを入れると文字化けしてしまうみたいですね。

雨の中お疲れ様でした。
のんのんちゃんは、めちゃんこ可愛し
のんのんぱぱさんは、やさしいし。
ぴょんたんさんは、暖かくってほのぼの
ブログを読みながら癒されてます。

何時かお山にご一緒できたらうれしいです。
bp-hiroさんへ
こんばんはー、hiroさん。

iPadからだと文字化けすることがあるんですね。
そっかそっかー^^

せっかくコメントくださっているのに申し訳ないなぁと思っていたので原因がわかってひと安心ですー。

私もリンクさせてくださいませ^^♪
えれぇこった2号さんへ
こんばんはー、kakaさん。

やっぱりkakaさんで間違いなかったんですね^^
良かったですー^^
沢山コメント入れていただきありがとうございます!

この日の雨風雷にはドキドキでしたが、これも自然の中で遊ばせてもらうからには今後もありうることですもんね。
安全第一に楽しんでいきたいなぁと思います^^

我が家もえれこった家とご一緒できたらいいな~と思います^^!
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)