ブログランキング・にほんブログ村へ

雪と雨の最終日 蝶ヶ岳から上高地へ 

GWの蝶ヶ岳レポもこれがラスト。

相変わらずもっちりもっちりと時間がかかってしまいました。


DSC_8585 (640x424)


週末は穏やかなお天気で

アウトドアにはぴったりの日よりであります。


今日はキャンプに登山にと色々考えていたのですが

なぜかお家でゴロゴロ。


窓を開けて時々入ってくる風に心地よさを感じております。

休日のお昼ご飯は今年の初もの。

きゅうりにみょうがに薄焼き卵の千切りとトマトをのせた冷やし中華を作りました。


初夏。

もう、そんな季節なんですねぇ♪



そして、夜は

今日から始まった BSプレミアム グレートトラバース日本百名山を魅入ってました。

次回は7月放送予定だそうです。

今回見逃した方は・・・再放送をされるのを期待するこにしましょう^^♪


では、GWレポの続きをどうぞ!
人気ブログランキング



蝶ヶ岳のテント場で過ごした夜。

さすがオーロラ900。

寒さを感じることはありませんでした^^。



ただ、寒さは大丈夫だったのですが風が・・・。

容赦なく吹き付ける 稜線の風。

風にあおられバタバタと音を立てるテント。



空が明るくなって少し落ち着いてきましたがテント内で少し動画を撮ってみました。








外は吹雪。

あーあ。

撤収作業イヤだなぁと思いつつ、のろのろと動き始めます。

DSC_8974 (640x424)






DSC_8976 (640x424)






ふと見た男性のザックカバーも見事に風におられていました。

DSC_8981 (640x424)





ひと足先に撤収完了のもえここ家とはここでお別れ。

もえここさん、パパさん、neneちゃん、kokoくんありがとう!






もえここ家を見送り、我が家も必死で撤収ラストスパート。

雪は顔に当たるし

風は強いし

もう、寒いのなんのって。

DSC_8977 (640x424)





ようやく準備が整い出発。

DSC_8983 (640x424)






悪天候全開!

DSC_8984 (640x424)






では、今回のピーク!

蝶ヶ岳山頂~~~~♪

7時18分。テント場から10分程度で到着ですが^^;

DSC_8985 (640x424)



関東のガスガス一家・・・ちがうちがう.もえここ一家は

このガスガスワールドを見越してお天気の良かった前日にしっかり写真を撮っておりました。

なるほど。ガスに入ればガスに従え・・・・。

ん?

違うか(笑)






では蝶ヶ岳のピークも踏んだことですし徳澤に向けて下っていきましょう。




雪の降る中

だらだらとやたら長い長塀尾根はテンションが上がるわけでもなく黙々と下るだけ。


右には妖精の池。

が、あるはず。

見たい方は雪のないときにどうぞ^^♪

DSC_8998 (640x424)







顔を叩くほどの雪も風も

樹林帯に入ればなくなりました。

DSC_9000 (640x424)





長塀山山頂。

8時18分。

DSC_9007 (640x424)

全くピークらしきものはありません・・・

代わりにのんのんがピークを表現。。。











そこからまた黙々と下り

下り

下り。



だんだんと暑くなってきたので

途中で衣類の調節のために止まりました。

ザックを下ろしたぴょんたん。

それを見ていたパパ。


「あれ?ピッケルは?」


「ん?」

なんのこっちゃい。

と、不思議そうにパパの顔を見返すぴょんたん。


「ピッケルがないよ!」

パパ、もうひと声。



およよ。


だーーーーーっっ。

まさか。

まさか、まさか。

ここまで来ての

落し物?



はい。


お察しの通り


その通り。


ぴょんたん、またしても やっちまった~。







今から取りに戻るというパパと

どこで落としたか分からないのに無理だよという私。

押し問答が始まりました。





そこに、抜きつ抜かれつしていたツアーの団体さんが下りてこられました。

「ピッケルみませんでしたか?」

たずねてみますと

「あった、あった。落ちていたから、刺してあるよ~。

500mくらい上かなぁー!」

って。

ありがとうございます!

お礼を言って、パパりん一人で引き返してくれました。




しばらくその場でパパの帰りを待つのんのんとぴょんたん。




30分ほどたったころ

私のピッケルを持ったパパの姿が見えました。






DSC_9012 (640x424)






DSC_9013 (640x424)



ホントにどうもご迷惑をかけました。


いつもいつもすみません・・・><








雪は雨に変わっていますが弱まる気配はありません。






DSC_9014 (640x424)







タコの足をしたような木をみて

DSC_9015 (640x424)
タコのモノマネをしているのんのんですが・・・

ごめん。

こんな写真しか撮れてなかった(笑)







ひょこひょこひょこ。

ぴょんたんも最後の力を振り絞って下ります。

P1060263 (640x480)





10時48分。

長かった長塀尾根が終わりました。

DSC_9016 (640x424)



デジイチくんはレインカバーを被せていたけど濡れ濡れ。



なんだか写真もこんなにボケボケ。

DSC_9017 (640x424)




それにしても今日は雨がよく降ります。

徳澤小屋はたくさんの登山者。

小屋の周りにはレインカバーをつけたザックがずらりと並んでおりました。




それでもここでひと休みすることに。




幸いすぐに席が空きシュワシュワ~で乾杯♪

DSC_9027 (640x424)








お腹すいたなぁ。。。

注文の品を待つのんのん。

DSC_9024 (640x424)






のんのんはブルーベリートーストと

DSC_9030 (424x640)

わたしとパパは

山のカレーライスと山菜ピラフを注文して食べました。





「すみませんー」

隣の席の女性が声をかけてくれました。

なんとコメントを頂いたことのあるゆうさん。

初めましてー^^ありがとうございましたー^^

また、どこかで♪

DSC_9025 (640x424)




さぁ。

あとは上高地まで2時間。

頑張って歩きましょう。



DSC_9032 (640x424)







天気が良ければここで3泊目をするつもりでいましたが

またの機会ですね。

DSC_9037 (640x424)





今日はこどもの日だけど

河童橋のコイノボリは雨のせいでしまわれておりました。

残念。

DSC_9045 (640x424)





13時14分。

バスターミナル到着。



どーもどーも。

お疲れさまでした。

DSC_9047 (640x424)






このあとは、丁度よく13時30分発のアカンダナ行きのバスに乗ることができました。



温泉は平湯の森へ。



渋滞情報をチェックすると、北陸自動車道のほうが空いていたのでそちらを経由して帰ることに。





快調に車は進み

尼御前サービスエリアで夕食にしようとレストランに行くと





写真203

こんなこともあるんです(笑)





piyosukeファミリーとのばったりは何回目でしょうねー^^。



写真201

P&P愉快な仲間たち♪

なーんちゃって(笑)






我が家のGWは最後の最後までハッピーサプライズで楽しかったのです。







貴重なGWをご一緒してくれたもえここ家。

山で声をかけて下さった方々。

レポにおつきあいくださった皆さん。

ありがとうございました。


これで我が家のGWレポはおしまいです。

写真203




GWの蝶ヶ岳。

ピッケルはほとんど出番がありませんでしたが

前爪アイゼンは必要と思います。



あとはどこから登ってもじっくりじわじわ頑張って♪



我が家は足首に不安を抱える私がいるので急登は下るより登るほうがいいという判断で

こちらのコースにしたというのも理由の一つです。

DSC_8694 (640x424)




北アの残雪期入門コースとしては登りやすいのでは♪と思います。


稜線に出たときに見渡せる360度の眺め。

とくに白い穂高連峰はそれは贅沢なのでありました。

おしまい。

こちらもよろしこね。
↓   ↓   ↓




関連記事

Comment

お!動画だ〜
期待して全画面表示!

何がおこるかワクワク♪

1秒経過!

2秒経過!

終わった!

風〜〜〜〜〜〜〜〜〜よーくわかった! 笑ろーた!

お疲れ〜。by奥様
morpheusさんへ
こんばんはー、morpheusさん&奥さん♪

風~~~~(笑)
これを撮るのに一人格闘してたのよー!
しかも夜明け前から。

そういわれてみれば20数秒間ずっと風だね。
迷惑な動画だ(笑)

まぁ、いっか♪


  • 2014/05/24 23:59
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
お疲れ様~♪

あわわな雰囲気になろうであろうピッケルがない事件も
なぜか笑えてしまう空気感がぴょんたんの持ち味だね~(^ш^)
あ、コレ褒め言葉だよ(笑)

色々とありがとね~~♪
またバッタリご一緒楽しみにしてま~~す(^-^)v
  • 2014/05/25 00:12
  • もえここ
  • URL
もえここさんへ
こんばんはー、もえここさん。

本当に楽しいGWをありがとうねー^^!

下山はピッケル落としてびっくりだったよ~。
全然、笑えないから(笑)
我が家、一瞬凍りついたよ(笑)

もう、何を落としても冷静に対処できるかも・・・笑
おはようございますぴょんたんさん。ピッピッピッケルを落として気付かない話は初めて聞いた気が・・・・(^^;)まあぴょんたんさんらしいということにしときましょう(笑)
  • 2014/05/25 04:39
  • よっしー
  • URL
ガスに入ればガスに従え
名言ですな(笑)
ピッケル回収できてよかった(≧∇≦)
取りに行くパパさんが優しくてイイなぁ♪

SAでまさかのP&P結成!?
運命を感じますね〜
次は山頂でバッタリしそう。
その時、私もバッタリ〜なんてね(≧∇≦)
よっしーさんへ
こんにちはー、よっしーさん。

もうねぇ。
私も自分でびっくりだよ。
ピッケル落としても気づかない・・・
そのうちザックを置いたまま歩きだしそうな自分が怖いー><

教えていただいたテレビ番組見ました~♪
面白いです^^
ありがとうですー♪
  • 2014/05/25 09:27
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
こんちは!(^^)!

吹雪の撤収・・・めちゃくちゃ寒むそう・・でもなんだか楽しそう(笑)

こういう経験もまた次の自信につながっていいと思います♪

ピッケル事件・・またやってますね~(笑)僕なら本人に取りにいかけせます・・・って落とすのはたぶん僕だけど(笑) 優しいpapaさん素敵です♪
こんにちは^ ^

蝶ヶ岳レポ、わくわくしながら拝見しました❗️
まだ冬山デビューしていないので、参考にさせて頂きます。
やはり蝶のテンバは風が強いのですね>_<でも眺望は最高ですね^ ^
はやく冬山デビューしたくなりました〜!
一歩一歩ステップアップしてゆきたいと思います^ ^
  • 2014/05/25 19:38
  • miki
  • URL
wishさんへ
こんばんはー、wishさん。

名言~♪
ありがとうございますー^^(笑)

P&Pwithwishみたいな?
それは楽しいかもー♪
ぜひ、山頂バッタリしましょうねー^^♪
  • 2014/05/25 23:51
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
piyosuke-papaさんへ
こんばんは~、ぴよパパさん。

またしてもやってしまいましたー><
まさかピッケル落とすとは・・・。
ガシガシ下ってきた山道を一人登り返してくれたパパに感謝です。

吹雪の中の撤収。
ぜんぜん楽しくないですから(笑)
もう、テンションだだ落ちでした(笑)

今度はどこでばったりできるのか。
楽しみにしてますねー^^♪
  • 2014/05/25 23:57
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
mikiさんへ
こんばんはー、mikiさん。

蝶ヶ岳は北アの残雪期としては入りやすいように思います。
稜線なので風が吹くとすごいですが
雪に囲まれているわけではないので気温は立山に比べればずいぶん快適でした^^
下ればすぐに上高地ってのも安心感がありますしね^^。
ぜひ、機会があればmikiさんも登ってみてください♪

  • 2014/05/26 00:03
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
稜線の強風って怖いですよね、雪壁が無かったらテントが潰されてましたね。
僕も昔、強と一晩中格闘した事がありまして、欧州のファウディの風速80mに耐えるテントを買いました。日本で風速80mはさすがに無いのでオーバースペックすぎるんですけどね。夏は、アライのドマドームを使ってます。やはり強風対策を意識してポール3本のテントです。
  • 2014/05/26 06:34
  • ロッキー
  • URL
こんにちはぴょんたんさん。先程ようやく録画していたグレートトラバースみました。予想通りの過酷な行脚ですがなんとしても完全踏破達成して欲しいですね。よっしーも愛媛の石鎚山は是非とも近々登りたい山の一つであります(^^;)
  • 2014/05/26 18:56
  • よっしー
  • URL
ロッキーさんへ
こんばんは、ロッキーさん。

稜線の風。
ホントすごいです。
一日目も横尾まで吹き降ろしてくる風が相当強かったです。

風速80mですか~!
想像つきませんが・・・
とっても頼れそうなテントですね^^

ドマドーム。いいですねー^^
人気でいつ見ても品切れですよね。
今回の山行で張っておられた方がいたのでじっくり拝見してきました(笑)
  • 2014/05/26 20:16
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
よっしーさんへ
こんばんは、よっしーさん。

石鎚山。
鎖場が楽しいのでぜひぜひ♪
我が家ももう一度行きたいねと話しています。

グレートトラバースのTシャツが欲しくなりました♪
  • 2014/05/26 20:18
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
今年も元気な家族にバンザイ。

無くし物をしても見つかる。

日頃の行いがもたらすのでしょうか。

楽しいブログを続けて欲しいです。
  • 2014/05/26 21:09
  • 名無しさん
  • URL
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/05/26 21:30
名無しさんへ
こんばんはー、名無しさん。

今日もばんざいありがとうございます~^^

無くしもの。落し物。
今のところ見つかっていてハッピーなのかラッキーなのか。。笑

楽しいブログになるように
楽しくお山に登っていきたいと思います^^♪
  • 2014/05/26 23:15
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
あはは、お仲間お仲間。

おいらは手袋を落っことしました。
ん?ピッケル?普通気が付きませんか?(爆)

蝶に登れたらGWの涸沢は楽勝だと思いますよ。ようやく喉元過ぎたので、おいらも荷物を軽くしてまた挑もうと思ってます(馬鹿)。
こんばんはぴょんたんさん。次の日曜天気が良ければ久々に三鈷峰に山行してくる予定です。6月中に石鎚にも行きたいですが雨が多いと休みが合わないかなぁ~?田中陽希くんと同じくカツ丼食べたいし希望が盛りだくさんの来月です(^^;)
  • 2014/05/27 21:29
  • よっしー
  • URL
鍵コメ:ロッキーさんへ
ロッキーさん。
ありがとうございます^^
見てみますね♪
  • 2014/05/28 16:49
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
なんでも屋さんへ
こんにちはー、なんでも屋さん。

お仲間がいてくれて嬉しいわっ♪

涸沢、楽勝ですか?
雪シーズンの涸沢~キタホに行ってみたいです^^
行けるかな。
それこそ、ビーコンとか必要だったりするのかな?
  • 2014/05/28 16:52
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
よっしーさんへ
こんにちは、よっしーさん。

いいですねー♪
うちはこれから6月中頃までは英検やら定期テストやらお稽古ごとやらなにかと忙しくて動けそうになりません。
まぁ。忙しいのは娘であって・・・
私は体をしっかり動かさねばいけないんですけどね(笑)
  • 2014/05/28 16:58
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
いつも楽しく見てます。
・・・でも、心苦しいですが苦言を一言。

「命と出たゴミと『落とした物』は回収して持ち帰ってください」
週に3回は登るなじみの山で落し物を目立つように刺したり木にぶら下げて足りする光景をよく見ます。

ずーーーーとそこで持ち主が放置してあるの見ると悲しくなります。

山にそれは残ってしまいます。

自分が落とした物、とくに今回は大きな物なので!!回収して帰ってください。

ここに来る多くのブロガーや読者のみなさんもよろしくおねがいします。
  • 2014/05/30 09:29
  • のんぴーす
  • URL
上記について。。。
パパさんはちゃんと取りに戻ると言ってるのにぴょんたんさんが「何処に落としたか分からないし無理だよ~」と取りに戻るのを萎えるよう押し問答したくだりがあったからです。
ヒラヒラと飛ぶハンカチなどとは違いピッケルという大物だったので・・・

ぴょんたんさんの意識の中に甘い部分がちょっと気になったのであえてキツイコメントしてしまいました。

この程度の小さな事をと不快に思われる方もいると思いますが・・・重ねてすみません;;
  • 2014/05/30 09:36
  • のんぴーす
  • URL
のんぴーすさんへ
こんにちは、のんぴーすさん。

コメントありがとうございます♪

落し物ピッケル。
ちゃんと見つかってよかったです^^

そうですね。
確かに持ち主が現れずにずーっとお山に置かれたままの道具。
なんだかとっても悲しいですよね。
のんぴーすさんに指摘された私の中の甘い認識の部分も今後改めていきます。

こんなブログですが今後もよろしくお願いします♪
なにかあればまた教えてくださいね^^

  • 2014/05/31 10:55
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)