ブログランキング・にほんブログ村へ

剱岳 早月尾根はやっぱり試練と憧れでした






9月21日~22日。予備日23日。


2013年の秋。


剱岳へ挑戦することになりました。


DSC_4399.jpg




出発編レポはこちらから。

早月尾根登山口(馬場島)~テント場レポはこちらから。

テント場~剱山頂レポはこちらから。




剱岳山頂へと立った我が家。


名残り惜しいですが賑わう山頂をあとにします。
人気ブログランキング



また、いつか。

DSC_4333.jpg



8時33分。

下山開始。


DSC_4334.jpg




P1040476.jpg


分岐から別山尾根に下りる人多数。


別山尾根の混み混み具合がよく見えます。

DSC_4339_201310240537248e2.jpg





では我が家は帰りもこちらへ。

DSC_4346.jpg






下りながらのんのんに言いました。

「よかったね!剱岳、登れて!」

DSC_4341.jpg




すると

「剱岳に登ったって言えるのは、ちゃんと下山できてからだよ」

って、そんな返事が。


DSC_4351.jpg



なるほど。

ごもっとも。


DSC_4362.jpg





いつの間にそんな風に考えるようになっていたのか。

娘の成長を垣間見た瞬間です。

DSC_4364.jpg








下りの方が怖いのだろうと想像していた鎖場に急登は

意外にもすんなりといけました。


急な所も腰を低くしたり三点確保をとったりと上手に下っています。

P1040478.jpg





娘のほうが私よりスムーズだったりするかも。

母、いつも遅れがち・・・。

P1040481_20131024055759734.jpg






P1040484_2013102405595155e.jpg








この時間帯。

登って来られる方も多く、すれ違いは譲ったり譲られたり。

DSC_4384.jpg





まだまだ午前中だというのに雲も出てきています。

DSC_4386.jpg







ここまで来れば早月小屋までもう少し。

P1040488.jpg

11時45分。

テント場に到着。





もう一泊するか

今日中に下るか


とりあえずお昼を食べながら考えます。



が、3人とも答えは出ていました。



食べたらさっそく撤収作業にかかります。



はい。

このまま下山の方向で意見がまとまりました。






早月小屋から剱岳登山、そして馬場島まで下る。

一日で標高差2200mの下りはもちろん初体験。

しかも、早朝から剱岳に登っているので体への負担は結構なものだと思います。






12時40分。

下山前に記念撮影。

このときは、これからどんな試練が待ち受けているかなんて知るよしもありません。

P1040492.jpg





早月小屋も見納め。

P1040493_20131024060441b2b.jpg


急な下りですのでカメラもザックの中へしまいます。


また、余裕が出たら写真を撮りましょうということに。




ところが

最後まで写真を撮ることはありませんでした。





・・・はい。

まったくもって余裕がなかったのです。





続く激下りに足は悲鳴をあげ

下りの苦手な私のせいでペースはちっともあがらない。




たくさんの登山者に抜かされながらも

「これも我が家のペースだ」と言っていられたのも最初だけ。





体がしんどいと愚痴も言いたくなるわけで

不穏な空気も見え隠れ。






半分くらい下ったところでしょうか。

「200m下りるのに1時間かかってる」

とパパ。

そして

「荷物、持とうか? そしてらペース上がる?」

と言うのです。



この言葉になぜかカチン。



パパだってしんどいのになんでムリしてそんなこと言うんだろ。

カチン。


自分のザックは自分で責任もって担ぐのが当たり前なのになんでそんなこと言うんだろ。

カチン。


200Mに1時間。それって早いの?遅いの?なんでそんなこと言うんだろ。

カチン。




心のゆとりなどゼロの私。

感情が先走ってしまいます。




「なんでそんなこと言うの!

 自分で担げるから!」


精一杯の強がりで反論。




そして、「1時間で200m」なんて言われたのがなんだか癪にさわり、ちょっとペースを上げてみました。



ムリして作ったペースが長続きするはずもなく

思わず

「これが試練かぁーーーーーーーーーーーーーーー」

と声にでていました(笑)







のんのんは段差のある場所で転倒。

普段なら先頭を歩くパパが手を添えサポートするようなところでしたが

パパいわく

後ろを振り向き娘の様子を気にかけるほど頭が回らなかったと。







下山しながら

「ぼくの判断が甘かった。ゴメン」

とパパ。


それは私も同じなのです。

登りはCT通りいけたので下りも大丈夫と思ったのですが

得意不得意というのは割と顕著にあらわれるものです。





下山予定だった16時半になってもまだまだ先は見えず。

焦りも出始めます。





3人とも足の痛みは相当なもの。

その中で ぐちぐちと弱音を吐いているのは私だけなのですが・・・。

少しは娘を見習わなければ。。。






そして、あまりのペースの上がらない自分に

これでは下山時刻が遅れるばかりと思い、途中でパパにお願いしました。

「ゴメン。荷物少し持って」


「ザック、持つよ」

と、やっぱりパパは言ってくれるのですが

そこは私も登山者。

自分のザックは自分でという思いが強いのです。




結局、私のザックに入っていたデジイチとフリースなどの防寒着をパパの方へ移動。

少しだけど軽くなった私の荷物。

でも、パパが重くなったのは私が感じる「少し」ではないはず。

ただでさえ重たい荷物を担いでくれているのに、そこにプラスされるのだから。





そうそう。

そう言えば下山中、登っていく方に「ブログみてます」と声をかけていただいたのですが

ろくにお話も出来ずにすみません。

ぴょんたん、あまりにヘロヘロでした。






辺りが薄暗くなってきます。

なんとかヘッデンの必要になる時間までには下山したいと思っていました。




18時ごろ。

少し先をいくのんのんの

「登山口見えたよーーー!!」

の声が聞こえました。




18時10分。


無事下山。



P1040499.jpg






朝の5時から剱岳に登り、そこから下って今日は一日中山歩き。



P1040497.jpg



試練と憧れ。


まさに。



「ねぇ、のんのん。

 剱岳はやっぱり『試練と憧れ』だね」



「えっ。

 憧れじゃないよ。

 だって、登ったでしょ。

 剱岳は達成感だね


なによ。

それって、どの山に登っても言ってるし(笑)








で、おまけのお話。

18時過ぎに馬場島に下りてきた我が家。

頑張って、テント装備で早月尾根を登ったし ご褒美です♪



富山駅前のホテルに電話。

今からでも泊まれるか尋ねました。

すると、シングルとツインに別れることになるけれど宿泊可能とのこと。

今から行きますと告げホテルに向かいます。



部屋に向かうエレベータ。

ここで、やっとデジイチ登場(笑)

DSC_4409_201310252320330f1.jpg




まずはお風呂に入って、富山の美味しいものを食べに行こうか!

残念なことにツインルームの相手は娘です(笑)

DSC_4410.jpg




ホテルに紹介してもらった和食屋さんに行き乾杯。

P1040502.jpg




そして、ホテルに帰ると

買ってきたマカロンを食べながら部屋でゆっくりすると言ってくれたのんのんに甘え

パパとふたり、一階にあるお店で1時間ほど過ごしました。

DC.jpg

やん♪

でいとだー♪♪



というお話。

しっかり3日目の予備日は富山を満喫できました。


お山プラスこういうご褒美もありですね^^!



こうして、我が家の剱岳登山の話はおしまい。



その後残ったのは

歩くのさえままならない、おとな二人のなんとも言えない姿。

一歩踏み出すたび、体じゅうを突き抜けるような激痛に撃沈。

鳥取に帰ってからも試練と戦っていたのでした。



おしまい

ポチりと応援していただけるとうれしいですー^^♪



剱岳登山、テント場、山頂編も読んでくださいな♪
↓ 関連記事からどうぞ
関連記事

Comment

最初はふふ〜んいいね〜って読み出したものの、、
>分岐から別山尾根に下りる人多数
うぉ〜恐〜

>「剱岳に登ったって言えるのは、ちゃんと下山できてからだよ」
うんうんいいこというね!次回はのんのんがチーフリーダーかな?

って読み出したものの、スクロールしていくと、おお〜

我が家ではしばしばの感情満開(笑)
ラブラブぴょんたんとこでもあるのね、この展開!
安心した♪

写真がないのが逆に、妙に臨場感あるよ。
撮れないよね余裕がないと。

一気に2200m分のごっつい下げも含めて、充実の剣レポ!
お疲れでございました!

最後に本当におめでとう!
こちらも、すんごい標高差を一気に下ってきたんですね。

やっぱり剣岳、我が家は無理だわ。

下山後は、自分にご褒美あげたくなっちゃいますね~
どんな言い訳をしてもご褒美は大切!
ご褒美のために登山をするのだ!
そう言い聞かせてます^^
  • 2013/10/26 12:26
  • たかみっち
  • URL
ふっふっふ笑
思った通りの下山編でした。疲れた足であの激下りは予想を超える試練だったでしょう!
まさに登山の総合力が試される「試練と憧れ」のルート(夏山一般ルートではですが)だと思います。
鍛えて、装備も厳選最小限にして日帰りにも是非チャレンジしてみてくださいね!
日帰りの目安は登り早月小屋9時、山頂12時、下り早月小屋15時です。
馬場島のキャンプ場は無料でいい場所なんで下山翌日のんびり過ごすのもいいですよ。

のんのんちゃんへ
剱岳はたった一回の登頂だけで憧れが無くなる様な浅いお山ではありません。キッパリ笑
登山を続ける限り自分のレベルに応じたピークになってくれる懐の深い山です。
日帰りも出来るし、訓練すればいずれ岩稜や岩壁をたどるバリエーションルートも豊富に有るし、厳冬期にも挑戦できます。

登頂出来たのはお山の機嫌が良い時に遊んで貰っただけの事(実力が無いと遊んでも貰え無いけどね!)と思って、簡単に征服とか制覇なんて言う軽い岳人に成らないでね。
オジサンも成長(人間としてもね)を期待しています!
  • 2013/10/26 12:27
  • nobu
  • URL
おっ疲れさまぁ〜(^^ゞ
いやぁ〜行っちゃいましたねぇ〜、、、ツルギ!
っうか、今季のぴょんたんFamilyちょっとトバシ過ぎちゃいますか!?
劔はまだ行ってませんが、私が山を始めるキッカケになった
ちょっと近づき難い山です
ですが・・・中学生が登れるんやったらオイラにも登れるのかしら?
などと、要らぬ思いにふけっておりました(笑

下山の辛さ!分かりますよ!分かります!!
槍平をイッキ降りした時にも痛いほど体験させられましたからネ
膝を痛めてからと言うもの下山が大変です(苦笑
おそらく解決方法は、軽量化しかないのかなぁ?

ですが、ナニワトモアレ、、、怪我も無く
アフターでのデートも満喫出来てナニヨリでしたね♪

次は、ネパールでしょうか!?(ってこれ以前にも言ったよーな:笑)
  • 2013/10/26 13:43
  • 雲です
  • URL
  • Edit
はじめまして。はたぼーといいます。
剱岳登頂おめでとうございます!
ブログ村で剱岳早月尾根のタイトルが目にとまっておじゃましました^^
おいらも今年、早月尾根から剱岳に登りました。
ほんと試練と憧れのコースですよね!
おいらが登ったときはガスでまったく景色が見えませんでしがた、晴れていればすごい景色だったのですね~!
また来年、晴れた日をねらって登りたいと思います^^

また、おじゃまさせてくださいね^^
よかったら、おいらのブログものぞきにきてくださいね(^^)/

村ポチッと☆
  • 2013/10/26 16:44
  • はたぼー
  • URL
ベストクライミング
これは、ベストクライミングになったんじゃないでしょうか。一生の思い出になりましたね。
  • 2013/10/26 19:21
  • ロッキー
  • URL
おはようございます。
大変だったですね〜
ぴょんたんさんさん家で大変だったと言う事は
うちは無理だな〜
でもほんといい思い出になりましたね。
  • 2013/10/27 11:01
  • yossi-
  • URL
morpheusさんへ
こんにちは、morpheusさん。

もう、下りはほんっと大変でした。
いつもはあまり辛い辛いって思わないけど、今回のは思い出しても辛いですーー。
この下山の日が一番の試練でした。

最後、登山口に着いたときは、えーん(涙)ってなりました。

ありがとうです^^
ホント、無事に登って下って良かったです♪
こんにちは♪

大変な時間でしたね。
お疲れ様でした。
「でいと」できたから、終わり良けれは、でしょうか?(笑)
いつも余裕感じさせるパパさんから出た反省の言葉、なんだか身に沁みました。
  • 2013/10/27 15:25
  • URL
無事下山お疲れ様♪
山頂からの緊張の連続の下山、
標高差2200mを一気に下山。。。
まさに試練だよね~~!!
でも、成し遂げた時には達成感になるんだね~のんのんさすが深い♪

無事笑顔のご褒美で乾杯良かったよ~♪♪
でいとを許してくれる大人なのんのんに感謝だね(^ш^)


  • 2013/10/27 16:53
  • もえここ
  • URL
たかみっちさんへ
こんばんは、たかみっちさん。

下山後にこんな豪勢なご褒美は初めてでした~♪♪
家族でホテルに泊まるなんて何年ぶりだったでしょう~(笑)
来年のお山シーズンからは年に一度くらいはこういうご褒美もいいよね~と話していまーす♪

剱岳~馬場島。
めっちゃ大変でした><
もう、しばらくここは行けないと思います・・・。
nobuさんへ
こんばんは~、nobuさん。

ですです。
あの激下りはすっごーーーーくしんどかったです。

日帰りは・・・行ける気がしないですーー><


娘へのメッセ―ジありがとうございます^^
竹内洋岳氏の講演会で手を挙げ質問したのんのんに彼は剱岳のことを四季いつ登っても楽しめる山だと教えてくれました。
それから、この山への憧れは娘が一番抱いていたのです。
まだ、我が家はこの登山でしか剱を知りませんが、これからチャンスがあるのならいろんな剱岳の姿を家族で一緒に見てみたいと思っています。

憧れよりも試練よりも何よりも
この日、この山のあの下りをおりきったとき、素直に「達成感」を一番感じたようで、そこで出たひと言なんですね^^

>単に征服とか制覇なんて言う軽い岳人に成らないでね。
はい^^
我が家もその言葉を軽々しく使うのは好んでおりません。
今後もそういう姿勢でお山に向き合っていきたいと思います。

nobuさん、いつも温かく応援してくれて本当にありがとうございます。
すっごく嬉しいです^^
雲さんへ
こんばんは、雲さん。

はいー^^
登ってきました!

飛ばしてますか?(笑)
今年はGWの雷鳥沢、夏の縦走、そして今回の剱岳。
充実した北アルプス山行でした。

下山はキツイですよねー><
私は捻挫がクセになってから下るのが怖いです。
それでペースがあがらない・・・。

アフターでいと♪
いいでしょ(笑)
普段はこんな時間をとれないので楽しかったです~~(笑)
お疲れさまでした!!
仲良しファミリーでもあるんですね~微妙な空気…
ウチの家族も同じような時があります(笑
下山の臨場感が伝わってくる文面に読んでてハラハラしました。

はじめて家族を誘った御嶽山の下りで息子のグズリと
嫁の足痛でリュック2つ持って下山した(もちろん日帰り荷物)のと
御在所で自分の怠慢からヘッドランプを忘れ、
薄暗くなってのギリギリ下山を思い出しました。

ウチが剱へ行く時は帰りもテン泊決定です!

それと最近山への中毒症状が出始めていて
泊まりの登山は終了と言い聞かせたはずなのに…
はたぼーさんへ
こんばんは、はたぼーさん。

コメントありがとうございまーす^^

早月尾根。
ここは間違いなく3大急登だと思いました。
来年また登りたいと思えるはたぼーさん、スゴイですー^^

はたぼーさんのブログにもお邪魔させていただきますねー^^♪
う〜ん…。
登山計画を見たときには、さすがはぴょんたん家〜ラベルいやレベルが違うわ〜!と感心しておりましたが。
ヘッデンぎりぎりの下山の不穏な空気…我が家だけかと思ってたので少しだけ安心しました。
パパさんが感じた読みの甘さ…まさしくコレなんです私も。
我が家も西鎌でやっちゃいましたから〜(笑)
幸いに無事で良かったもののもしも…と振り返ると、今でもゾッとします。
我が家にご褒美でいとがないところは、やはり違うわ〜(笑)
ロッキーさんへ
こんにちは、ロッキーさん。

はい。
もう、達成感も笑顔もしんどさも涙もぜ~~~んぶ含めて忘れられない登山になったと思います♪
ホント、一生の思い出になりました♪
こんにちは。

ほーんとにお疲れ様でした。(笑)

標高差2000m以上の下山なんて、普通無いですもんねえ。。。

ここと黒戸尾根と、ほんの限られたトレイルだけですから。

テン泊荷物だから、腰、膝、脚と、負荷が大変だったかと。

早月尾根に敬意を表して
夫婦喧嘩くらいしとかないとね。(笑)
こんにちは。

いや~、本当に試練と憧れの剱岳ですねぇ。
やっぱ山登りは下山にドラマがあるんだな。

最後はラブラブで〆でしたね。
のんのんちゃんは気が利くなあ。
yossi-さんへ
こんばんは、yossi-さん。

ほんとーーーに大変な下山編でした。
あんなにあちこち痛くなるのは初めてで
寝がえりすらうてない日がしばらくありました(笑)

これも、今となってはにこにこと話せるのですが、あのときはもう涙もんでした~。
恭さんへ
こんばんは、恭さん。

下山の苦手な私にはとてもとても辛い時間でした。
暗くなっていく登山道で気持ちも焦りますし。
あと10分遅かったら確実にヘッデンが必要でした。

でも、お陰で富山の夜を楽しめたので頑張って下りた甲斐がありまーす^^
でいと♪もできたしね(笑)るん♪
お疲れ様でした。
早月尾根から登られていたんですね。

私も倅と2人で2年前に登りました。
下りの辛さは、これを日帰りで往復する人がいるのが不思議なくらいで。
下山後は同じように「試練と憧れ」を感じていました。
達成感を感じている のんのんちゃん、元気いっぱいですね~。

帰りのホテル泊は、羨ましい限りです!
私は温泉に入って夕食を食べて直帰。翌週末は奥穂だったな。^^;
すごい!すご過ぎ!
写真撮ってる余裕がない…? 垂直絶壁鎖場でののんのんちゃんの写真、あれ、余裕があるってことですかっ?左手で鎖を持ったまま右手でシャッター?
とにかく前半は写真を見てるだけで股間がスー(分かるの男だけ?)。後半はリズム良い文章を多彩な改行で展開しながら心証風景を再現され、山登りもですが、文章の才、カメラマンの才も感じてブログナンバー1を取る理由が見えます。
おまけに被写体も素晴らしい娘で。のんのんちゃんって、将来どんな女性になっていくのかとても楽しみです。いつか山でお会いしたときは、のんのんやんに握手を求めますからよろしくネ。
もえここさんへ
こんばんは、もえここさん。

ありがとー^^!
いろいろ思いを汲んでくれてありがとーーーーーーーー!

達成感を感じられた娘は良かったなぁと思います。
わたし・・・そんな余裕すらなかった~(><)

頑張って下って
富山も少しだけ楽しめて
「でいと♪」までできたからいい連休でしたーー^^

nao-tomoさんへ
こんばんは、naotomoさん。

下山中のモワーンとしたイヤーな空気。
家族だと感情も出てしまうので、もうしゃぁないですね(笑)

暗くなるのが早いか下山できるのが早いか。
ドキドキですよね><
我が家もこれは初体験でしたので、暗くなっていく登山道に不安を覚えました。

んっ。
泊まり登山予定アリですか~^^
いいなー。羨ましいですー♪
いやー、感動のフィナーレですね。

のんのんちゃん、転倒してもお怪我はさほどでもなかったようでなによりです。おいら転倒(転落?)して鎖骨やっちゃいましたから(自爆)

これで決めました。もし行くことあったら、小屋のテン場で二泊します。食糧と飲料を消費しつくして軽くなってゆっくり下ります(笑)。でも、小屋から上の足の下に何もない登山道を歩ける気がしない(爆)。
こんばんは(#^.^#)

出遅れました~


兎に角無事下山よかった~

汗びっしょりのお姿が素敵です♪


我が家もいつかはここを歩くと思いますが・・やっぱりテント2泊かな(笑)

こんばんは。

ほんとうにお疲れ様でしたと共におめでとうございます!

今回は、読み終えた後…
ウルウル(T_T)感動しました。
家族の助け合い、とっても深い絆…(T ^ T)

やっぱりビールは最後ですね!
  • 2013/10/29 00:00
  • Maa&Chopper
  • URL
  • Edit
sana-papaさんへ
おはようございます、さなぱぱさん。

下山中に流れる不穏な空気。
足もいたいし、ペースは上がらないし、時間は気になるし
余裕がないってダメですよね~。

下山後のご褒美。
これ、クセになりそうです~。
年に一回くらいは下山でホテル泊ってのもアリだなぁと思いました~^^
ユキヲさんへ
おはようございます、ユキヲさん。

ほーんとありがとうございます♪(笑)

2000m以上を下るってこんなにしんどいとは。

最終的に私の荷物は日帰りくらいになっていたのですが
パパはそれなりに大変だったかと思います。

早月尾根。
しっかり敬意を示して参りました ( ̄ー ̄)ゞ
とーとさんへ
おはようございます、とーとさん。

そうなんです。
早月尾根。試練と憧れでありました。

こんなにキツーイ下山は初めて。
しばらく急坂は歩きたくないです(笑)

富山に一泊も良かったですー^^
娘は気がきかせてくれたのかなぁ。
マカロンが勝ったのかなぁ(笑)
どちらにせよ「でいと」できて楽しい時間でした~^^
おかえりなさーい!(笑)
剱岳レポ、ドキドキはらはら楽しかったです。
お疲れ様でしたー(*^◯^*)

下山レポは、わたしの白馬縦走の時の最後の下山を思い出しました(*´艸`*) ぷ!

先週だったか、剱岳の特集をテレビで見て、いつか私が登れる時が来るのかなー
なんて、思いながら。。。
私にはまだまだ憧れのまんまの、剱岳ですー。(^ν^)



☆bridgeさんへ
こんばんは、ブリッジさん。

早月尾根から登ると決めて、ブリッジさんの剱レポ、夫婦揃って何度も拝見いたしました♪
たいへんお世話になりました♪(笑)

>これを日帰りで往復する人
ですです。
この早月尾根の日帰りってどんな健脚の持ち主なんでしょうね。
でも、ここを下ったあとに長距離運転で帰宅できるブリッジさんもスゴイです。
我が家はもうヘロヘロで運転なんてムリでした。
で、翌週奥穂ですかー^^
さすがですっ☆

ゲルさんへ
こんばんは、ゲルさん。

わぉー^^
なんだかめっちゃ褒めてもらっているような♪
手放しで喜んでいいですか?(笑)

余裕のない自分に出会えた早月尾根。
貴重な経験であります。

握手ですか~(笑)
しかも娘ですか~。
母もそこにいるはずですが・・・(--)


なんでも屋さんへ
こんばんは、なんでも屋さん。

今となっては笑って話せる汗と涙のフィナーレでした。

健脚と行動力のなんでも屋さんなら日帰りで行ける気がします。

でも、転倒だけは気をつけてね♪
骨折を治すためにはあんなことやこんなことや・・・
いろいろリハビリも必要そうなので(笑)
piyosuke-papaさんへ
こんばんは、ぴよぱぱさん。

はい^^
なんとか無事に下りて来られました!

>・・・やっぱりテント2泊かな(笑)
私もテントで2泊のつもりで食料もその日数分担いでたんです。
ただ、テント場に着いてからはパパの希望通り2日目に下山もいいなぁと考えが変わりました。
実は・・・においに敏感な私。
ここのトイレがダメだったんです。

で、一日に2200m以上の下山。
これはキツかったー><
下ってる最中から筋肉痛が襲ってきました(笑)
Maa&Chopper さんへ
こんばんは、Maa&Chopperさん。

ありがとうございます^^
こんなにキツくて辛い時間って
こういう機会でもないと味わえないですよね。
ホント、「試練と憧れ」でした。

家族とは不穏な空気も流れましたが、無事下山できました~。

試練のあとはやっぱりシュワシュワですよねー^^♪
まろんさんへ
こんばんは、まろんさん。

ただいまですー^^
私も書いていて、ドキドキでしたー。

無事に戻ってこられほっとしてます。
早月尾根はホントに試練でした。

テレビで特集されてたんですね~。
見たかったなぁ。

北ア三大急登の中でも最もキツイと言われる早月尾根を(;゚Д゚)!!
凄い、凄いですなぁ~(*´д`*)

色んな試練も降りかかったようですが(笑)
無事に達成されて良かったです!

試練を受けたぴょんたんファミリーに、
憧れるのは我が家です`;:゙;`;・(゚ε゚ )ブッ!!

お疲れ様でした☆
お疲れさまでした〜
めっちゃハラハラしましたよ〜
ぴょんたん夫妻がこのまま不穏な空気のままでこれが最終回なんて^^;
事は心配しなくても、大丈夫でしたね
いつまでも、楽しいファミリーでラブラブなプログ楽しみにしています\(^o^)/
なかさんへ
こんにちは~、なかさん。

ここは三大急登とよばれるにふさわしい場所でした。
ほーんとキツかったですー><

この日を思い出せばちょっとのことくらい乗り越えていけそうな気がします(笑)

最後までお付き合いありがとうでしたー^^
てんちょうさんへ
こんにちはー、てんちょうさん。

山よりも夫婦間の不穏な空気にハラハラしていただきありがとうございます~~(笑 笑)
余裕がないとダメですねー。
自分のことでいっぱいいっぱいになります。

ありがとうございましたー^^
わくわく、どきどきしながら拝読いたしました。
頑張りましたねー。すごい!
「試練とあこがれ」の石碑の前での、のんのんちゃんの真剣な表情がすごく印象的でした。
ちょっぴり大人ののんのんちゃんに出会えた気がします。
そのうちヨーロッパ三大北壁とか言い出したらどうします?
何はともあれ、今後も驕ることなく少しづついろんな山行を
ご紹介くださることを楽しみにしています。
  • 2013/10/30 14:21
  • ぽー
  • URL
ぽーさんへ
こんばんは、ぽーさん。

はいー^^
頑張りました~♪

そういえばのんのん。登る前は真剣なお顔で石碑を見つめていましたね。
下山後は暗くなりつつある登山口で集合写真をです^^

ヨーロッパですかー。
私も行ったことないのに・・・(笑)

今後も私の感じたいろいろなことをブログに綴っていけたらいいなぁと思います。
よろしくおねがいします^^
最後の最後に試練が待ってたんですねぇ~!

でも、気遣いのできる娘のおかげで、ラブラブデートもできたようだし、満足度200%の剱行きでしたね!

下山後に足腰がガクガクになるのって、よくわかるだけにバカウケでした!

欽ドン賞!
  • 2013/10/31 23:36
  • りゃん
  • URL
りゃんさんへ
こんばんは、りゃんさん。

そうなのよー。
最後の最後の試練。めっちゃキツカッタ。。。

寝がえりすら打てないんだから~!

気遣いの娘なのか
ただ、ひとりでゆっくり好物のマカロンを食べたいだけなのか。
私は後者とおもっているけど(笑)

>欽ドン賞!
なになに、これ。
知らないけど、賞だから喜んでいいのかなー^^
のんのんちゃんの言葉、
すごい成長を感じますね。

いやぁ、写真がな文書だけは説得力があります。

充実感に満ちてホテル泊。
”でいと”も最高ですね。
下山途中のもめごともスッキリですね。
  • 2013/11/02 11:52
  • たとも
  • URL
たともさんへ
こんにちは、たともさん。

連コメありがとうですーーーー^^

下りはもうホントーにしんどかったです。
足の痛みと疲れで泣けました。

ホテルのベッドでゆっくりでき、体も少しは楽に。
筋肉痛は増すばかりでしたが・・・。
「でいと」
たまにはゆっくりこういう場所で話すのもいいですねー♪
楽しかったです♪
ううう。

泣きそうになりました(;_:)

今回は名作中の名作ですよー

僕も下山が苦手でコケるし、膝は痛くなるしで
いい思い出がありません・・・


家族で荷物を分け合い力を合わせて登頂、下山する姿に
読んでいて胸が熱くなりました。

「試練と憧れ」

僕の中でいつかその場に立ちたい憧れです。

残りの試練が待ち遠しいです。

ほんとお疲れ様でした。

スマーフさんへ
こんばんは、スマーフさん。

下山って辛いですよねー><

この時は私のあまりにも遅いペースに家族には迷惑をかけてしまいました。
余裕もないので、普段なら笑い飛ばせることがそうできなかったり…。
でも、それもこれも今となっては家族のいい思い出話になるからいいかなー^^

試練と憧れの早月尾根。
ぜひ、スマーフさんも♪
  • 2013/11/08 20:54
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
ブログ参考にさせていただきました。
初めまして、昨日剱岳登頂し帰ってきました。早月ルートはホントきつかったです。暑さにやられ、20㎏近くのザックの重さにやられ、登りのきつさに途中で何度もやめようと思いましたが、無事帰ってこれました。下山時に足を痛めてしまい、痛み止め飲みつつ下山しましたが残り1㎞で日没、ヘッドランプの明かりを頼りに馬場島に着いたのが20時21分というさんざんな結果になってしまいました。剱岳は自分の想像を遙かに超える過酷な山でした。でも、テン場で飲んだシュワシュワは最高でした\(^_^)/
  • 2014/08/15 12:53
  • くまごろう
  • URL
くまごろうさんへ
無事の下山なによりです。

早月尾根は本当にしんどいですよね、
それを含めての剱岳登山、
試練と憧れ・・・なんだろうなぁと思います。

ホント、お疲れ様でした。
登頂おめでとうございます(*^^*)
  • 2014/08/17 00:17
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2013/12/09 02:18
  • URL