槍ヶ岳山頂へ 

今週末も3連休ですね。

全国的にお天気も安定しそうです♪

これならお山にも計画通りいけるかな。





8月13日~17日。

4泊5日で北アルプスを縦走してきました。




2013年。今年の夏は


中房温泉~燕岳~表銀座~喜作新道~西岳~東鎌尾根~

槍ヶ岳~西鎌尾根~双六~小池新道~新穂高


と、長ーい縦走コースにチャレンジです。


DSC_3389.jpg


西岳のテント場から東鎌尾根を6時間かけて登り

槍ヶ岳山荘に到着した我が家。




真っ先にテントの受付へ向かいます。



続きもどうぞ♪
人気ブログランキング



途中にハプニングもあり、予定していた到着時間を30分ほどオーバー。

早着でなければここのテント場確保は難しいのでとても心配でありました。





遅れて到着した我が家を見て

東鎌尾根で鼻血を出していたのんのんを心配してくれた方々や

燕岳からずっと同じ行程を歩いているパーティーさんが


「テンバ、とれた?」


と声をかけてくれます。










「とれました!」








と嬉しさいっぱいの我が家の返事。

それを聞いてみなさんが 「よかったねー!」 と一緒に喜んでくれました。






はい。

本当にぎりぎりでテント場が確保できたのです。




20分後には

「本日テンバは満席になりました」の立て看板。

DSC_3466.jpg



あぁ、よかったとほっ。






というところで、早めのお昼。

テント設営は後回しで、キッチン槍へ向かいます。

DSC_3384_20130916135825df5.jpg







昼食後はいよいよ槍ヶ岳へアタック。





危ないからとカメラをパパに取り上げられ・・・

ぴょんたんが先頭を行きます。


に、してもスゴイ人。



DSC_3395.jpg




波にのまれて登っていく感じで恐怖感とか沸いてこないんです。



もう、まるで 祭り です。


祭り!! 

DSC_3405.jpg

わっしょいっ!





さてさて。

高さの怖い私。

一番心配していた最後の梯子はというと・・・。



数人前を行くお兄さんがどうやら高所恐怖症のようで、梯子を登る足が小刻みに震えているのです。

それを見たとき

お兄さんにはホントーーーに申し訳ないのですが「あの人は私よりもっと怖いんだ!」と思ったぴょんたん。

不思議と自分は大丈夫だ!と落ち着いてきまして、

怖さを感じることもなく、あれよあれよと登ることができました。

ありがとう、お兄さん♪




ひと足先に山頂に着いた私。

のんのんを待っていましたら、とっても嬉しそうに登ってきました。

P1040189_20130916112655480.jpg





山頂ではゴソゴソとのんのん。

このときのために担いできたとんがりコーンを準備中。

DSC_3387.jpg





指にはめて三角点タッチ♪

DSC_3414.jpg


槍の山頂にみっつのトンガリです。

DSC_3421.jpg






祠に向かうのんのん。

DSC_3422.jpg





家族写真を撮ってもらいました。

yari.jpg






大変だった東鎌尾根が眼下に見え

DSC_3439.jpg

このときはさすがに

あぁ、よく歩いてきたなあとしみじみと思いました。








山頂を満喫し慎重に下って行きます。

P1040202.jpg




登りよりもやっぱり下りは怖いですね。

P1040205.jpg

とにかく落石だけはさせまいと、そこは慎重に下りました。







我が家が登っているとき

落石させながら下りていた男性がおりまして

「ラクラクーー!」と言う声が何度か聞こえました。

その男性。

こんな私から見ても山に不慣れな様子。

足元は普通のスニーカー

腰は引けて、今にも滑り落ちそう。

足の置き場をきちんと確認しないから落石もさせる。

何個目かの落石をさせたときは、他の登山者から

「落石させるな!」と大きな声で注意受けていました。






登山渋滞も起こるほど人気の槍ヶ岳。

私がまるで祭りのようだったと思ったくらい わさわさとみなさんが登って行かれます。

でも、みんながいるから怖くないというのは間違いで

どうみてもお山の経験の少ない人が挑戦するのは、私が見たような落石をさせる可能性も大なのです。

自分の安全は勿論ですが

他の登山者を危険な目に合わせないことも同じくらい大切なことをちゃんと分かっていないと、と思うのです。

特に、槍ヶ岳のように登山者が集中する山ではそういうことがより重要なのではと感じたのでありました。









槍ヶ岳アタック後はテント設営に向かいます。


キャンプ場は山荘から少し下った場所。

DSC_3449.jpg


キャンプ場は「だんだん」になっていて、テントの大きさや到着時間によって山荘から指定されます。

下に行けば行くほどトイレも大変・・・。



さて、我が家。

テント村の中をぬけ下ります。

DSC_3450.jpg



ここが今夜の寝床。18番。

DSC_3451.jpg



エアライズ3ギリギリの大きさです。

DSC_3453.jpg





サクサクっと設営すると、山荘へ急ぎ戻ります。


そりゃ、もう目的はこれこれ♪♪

お察しの通り(笑)



槍ヶ岳にかんぱーい!

DSC_3463.jpg





3泊目の今日はパスタがメイン料理。

DSC_3472.jpg









お腹が満たされたのんのんはひとりこちらへ行っておりました。

ん?

だれ?

DSC_3482.jpg

診療所のドクターさんたちです。




具合が悪い訳ではありません。

山岳医療に興味のあるのんのん。

「ちょっと、お話聞いてくる~!!」

ってひとりでお邪魔していたのです。





いろいろ気になっていたことが質問できたようでして、

満足して出てきました。

DSC_3483.jpg




だんだんと外も寒くなってきたのでテントへ戻ることに。








テンバへ戻るとき、「ブログ見てます!」と声をかけてくれたtubataroさん。

ありがとうございましたーーーーーーーーっ♪

ご家族でテント泊。西鎌尾根を登って来られたそうです♪

DSC_3485.jpg






そうそう。

この日は夕方に雷が。

ザーーーーーっと雨が降りました。


槍ヶ岳のテント場から聞く雷はけっこうな迫力でありました。









さて、昨年は槍ヶ岳に一番近いルートの

「新穂高~槍平~槍ヶ岳」で山頂を目指しました。

ところが天候の悪化とのんのんの高山病により途中下山。




今年は表銀座から槍ヶ岳を目指し、縦走中はずっと槍のトンガリを眺めていました。

初日、燕岳から見たときはずっとずっと先に見えていた槍ヶ岳。

やっとここまで辿りつき、無事登ることもできました。

DSC_3433.jpg

でも、今年の大縦走はここで終わりではありません。

明日は槍ヶ岳から西鎌尾根を歩き双六へと向かいます。



一年越しの槍ヶ岳。
昨年は辛いのと悔しいのとで、泣きながらの下山だったよね。
今年は山頂に立つことができてよかった!
こちらもポチリとよろしくこです♪
関連記事

Comment

ついに!おめでとう〜!
ふふふ、早朝アップですね^^デジャヴュ(笑)
のんのん山岳診療所の興味津々ですか・・
知ってるかもしれないけど、去年の三俣は鳥取から近い2つの大学が合同で担当しているよ〜。
一番大きなとんがりコーンでも小指になっちゃうパパさんのたくましい指(笑)
祠の前の3人の笑顔が素敵ですね〜
何はともあれ、おめでとうございます!
morpheusさんへ
おはようございます~、morpheusさん。

デジャヴュでゴメンーー><

ありがとうですー^^
今年は山頂まで行けました♪

>山岳診療所の興味津々ですか・・
そうそう。
一人で行ったのはいいけど
なかなか帰って来ないから迎えに行ったよ(笑)
槍ヶ岳登頂!おめでとうございます。
一度敗退しているだけに今回の登頂達成は、感無量ですね。

さて、この記事読んで我が家も来月あたり、頑張ってみるかの~^^
  • 2013/09/18 07:22
  • たかみっち
  • URL
たかみっちさんへ
おはようございますー、たかみっちさん。

ありがとうです~♪
そうですねー。
去年のことを思うと、ちゃんと登頂できて良かったです^^

おー!
たかみっち家は来月予定ですか~。
お天気に恵まれるといいですねー^^
おめでとうございます。

最後の梯子なんかは、高度があって
怖いですよね、下りは余計にね

穂先でトンガリコーン、ナイスアイデア!
僕も次回、何か考えと来ます。
いつも頑張る家族にバンザイ!

登頂おめでとうございます。
何時もながら臨場感ある写真と面白い解説。
これからも安全山行きでブログを続けて下さい。

  • 2013/09/18 08:57
  • 名無しさん
  • URL
槍登頂おめでとうございます。首をながーくして続編をお待ちしておりました(笑)。

何度思い返してもおいらには東鎌尾根(西岳~槍ヶ岳)の記憶がありません。いったいどこを歩いたんだろう?痩せ尾根で這松の隙間からひょいと覗いたら、すんげー下が見えたので、見なかったことにして歩いたからその他の記憶も一緒に飛んだのかしら?(笑)
もう一度行かねば...その前に早く骨折を治さねば。

こんにちは。

槍様登頂おめでとう。
去年の事があるから嬉しさも大きかったでしょうね。
勇気ある撤退はリベンジを果たした時の喜びを大きくしてくれるかも。

鼻血も無事止まってくれたようでよかったですね。
でも何だったんでしょうねぇ。
テンション上がりすぎ?
とうとう槍ましたね!おめでとうございます!!
僕もとんがりコーン持っていけば良かった!?
ノンノンちゃんのアイデアに脱帽です。

それにしても皆さん、そんなに歩いて筋肉痛は無いんですか?
しかもこれからまだ双六まで!!
僕は1週間筋肉痛から解放されず、自分の運動不足を
痛感しながら凄過ごしました…それに筋肉痛だけでなく
足裏の指側も痛くて泣きそうになりながら下りてきました。

どうしたらそんなに歩けるのか見習いたいです。

・・・アッ・・・まずは運動か?
  • 2013/09/18 11:53
  • nao-tomo
  • URL
子供ってみんな夏山で鼻血を出すもんなのかな?(笑)
笑い事じゃないけど思わず笑っちゃった(^皿^)
のんのんちゃん、うちの子たちより重症だし~

で、とんがりコーンも笑った。
やってること同じだね(笑)

うちのときも1回だけ「ラク」あったよ。
やっぱ穂先は気抜けない。

とにかく登頂おめでとう!♪
りんくんさんへ
こんにちは、りんくん。

そうそう。
下りは結構怖いんです><

とんがりコーン。
これは鈴木ともこさんの「山登りはじめました」で描かれていたはず。
その本を好日山荘で立ち読みしたのんのんが自分も持って行くと担いだのです^^

りんくん、なにかほかにいいこと思いついたら教えてください~♪
名無しさんへ
こんにちは、名無しさん。

今日もバンザイありがとうです~~♪

ありがとうございます^^
一年越しでした♪

>何時もながら臨場感ある写真と面白い解説
もう、これは最高の褒め褒め言葉ですーーーっ。
褒められて伸びるタイプなので、これからもますます頑張りますっ!
なんでも屋さんへ
こんにちは~、なんでも屋さん。

待って頂き嬉しいですー^^

>何度思い返してもおいらには東鎌尾根(西岳~槍ヶ岳)の記憶がありません。
きっと、よっぽど大変だったのです(笑)
えぇ、私も写真がなければきっとあの尾根は記憶喪失のはず。
高度感あるところなんて、本気でコース選択を間違えたと思いましたから。

>...その前に早く骨折を治さねば。
無理をされずに^^
アルコール消毒もリハビリキャンプもほどほどにですよ~(笑)
とーとさんへ
こんにちは、とーとさん。

はい^^
槍様、登りました♪

>勇気ある撤退はリベンジを果たした時の喜びを大きくしてくれるかも。
さすがとーとさん!
いい言葉です!胸に響きます^^


鼻血は・・・
テンション上がり過ぎちゃったかな~。
高山病かな~。
ひとまず、落ち着いてくれたので良かったです^^
nao-tomoさんへ
こんにちは、nao-tomoさん。

はい、ありがとうございます。

>とうとう槍ましたね!
はい!とうとうです♪
「槍ました」には笑いましたけど♪

とんがりコーンは鈴木ともこさんの「山登りはじめました」で描かれていたはずです。
それを見たのんのんがマネっこしたんですー^^

筋肉痛ですが、コレって不思議なことに山に入っているあいだはなんともないんですよね。
日帰りでちょっとハードな山に行くと、すぐに痛くなるのに。
なんでかなー。
足裏の指側は確かに痛いです><
荷物重いし、長時間歩くし、アップダウンも激しいし。
なにかいい方法があれば私も知りたいーー^^
みわりんさんへ
こんにちは、みわりん。

とんがりコーン。
やりたがるよね~(笑)
「かさばるし、置いてけばいいのに!」
って言ったけど、しっかり担いでた。

落石は怖いよね。
この日は槍ヶ岳山荘前で救助のヘリコプターを見たから余計に怖かったなー。

>とにかく登頂おめでとう!♪
ふふ♪
ありがとーー^^
今年はお互い登れて良かったね♪
こんばんは♪
登っちゃいましたね~、サクッと(笑
高い所がニガテだと連呼されていたので、あの高度感をいかにして攻略するのかと気掛かりでしたが、、、
へっぴり腰などと要らぬ冗談をお許し願いますm(__)m

人気の山とは言え、気の抜けないエリアですよね、
ぴょんたんfamilyの決して少なくない体験や経験が生かされてるなぁと感じましたよ
お天気も味方してくれたみたいやけど

ブログでは、可笑しく楽しく書かれていいも、しっかり者のぴょんたんさんの一面を垣間見た思いです

のんのんちゃんは将来、お医者さん希望なのかな?
若いってイイよね♪(笑

こんばんは。

一年越しの槍登頂!感無量です。
よかった、よかった。

敗退した山に再挑戦して登れた時って、
なんとも言えないうれしさがありますよね。

家族で記念写真撮ってる祠のパパさんの立ってるとこ、
すぐ後ろが北鎌の断崖で怖くなかったですか。(笑)

こんばんは♪

鑓ヶ岳登頂おめでとうございます。
縦走してきた尾根なんかを見下ろす気分はサイコーだったんじゃないかなあ。
梯子ね、僕も登れると思うけど、降りる自信がないです(笑)

十数年後?
山の診療所にのんちゃんいてるのかな?
楽しみだ\(^o^)/
  • 2013/09/18 20:45
  • URL
雲さんへ
こんばんは~、雲さん。

登っちゃいましたよ~。
でも、サクッてことはないですー。

へっぴり(笑)
実は他の写真はそんなのばっかりで・・・。
いつになく写真UPが少ないのはそのせいもあったりします。

山頂で「お尻がぞくぞくするーーーーっっっ」って言ったら知らない人に笑われました(--)笑

娘の将来か~^^
山岳医療に携わりたいらしいのですが、どんな形で関わっていきたいのかなー。
いろいろと考えているようです。
で、今回 お話を伺ったことでまたさらに考える機会も増えたようです^^

>若いってイイよね♪(笑
同感でありますー^^!
って、↑。生意気言ってすみません^^;
ユキヲさんへ
こんばんは~、ユキヲさん。

はい♪
本当に良かった良かったです。

槍ヶ岳。
今度はもう少しのんびりと登ってみたいです。
あー・・・でも、あのハシゴはヤダなぁ。。。笑

>すぐ後ろが北鎌の断崖で怖くなかったですか。(笑)
えーっ。北鎌ー。そうだったんですね。
私、全然知らなくてパパに聞いてみました。
すると「怖かったー」って(笑)
で、怖いから座って祠に体を預けていたらしいです。
そんなに切り立った場所だなんて。
私は絶対立てそうにないですー。
恭さんへ
こんばんは~、恭さん。

あれー^^
この時間のコメント珍しいですねー♪♪
なんだか新鮮~~♪

うんうん。確かに登るより下る方が何かと怖いんですよね><


>十数年後?
10年後(笑)
診療所ですか~^^?
サマーレスキューのドラマみたいになってるのかな(笑)
ならば、向井理くんを我が家に連れて来てくれたら母はルンルンだ~♪
凄い!

アタシもいつかは槍に行くぞー!

もうブログ読んでたら体がウズウズしてきた・・・(笑)


  • 2013/09/18 22:06
  • キンちゃん
  • URL
(ノ^^)ノ
おーめーでーとーごーざーいーまーすーヽ(^。^)丿

ついに、やりましたね(T^T)
のんのんも嬉しそうな顔してますね(^-^)
祭り、祭り!ワッショイ(ノ^^)ノ

でも、流石ですね~槍ヶ岳(*゚ー゚)
登山されない方もしっているくらい、大物な超ド・メジャーなお山ですものね~
この高所にヒトヒトヒト(゚Д゚)ワワワワワ

いつも遠くから眺めるあの景色の中にこんなもに人がいるのかと思うと、ロマンが若干薄れるような~(・_・、)かなり目のいい私でもっ見えなくて良かった(笑)

人気者にはどーしてもミーハーな人がつきもので、興味本位で登って来られる方、結構いますよね、、、
6月のまだ雪のある時期に白山でスニーカーにかなりの軽装で、「お弁当持ってピクニック」のような方々がいらっしゃって、、、山頂に行くとかでたまたま通りかかった?ベテランパーティーに注意され途中下山していきました(;゚ロ゚)雪がかなりあることに驚いているようで、下界気分で来られたのでしょう。恐ろしかったです!
富士山もコンビニのカッパで登って来られる方もいるとか、、、、、、、
無知とは恐ろしい

降りかかる事故を回避することはなかなか難しいことですが、自らが注意し事故を起こさないことは出来ます!
一人一人の心掛けで防げることも沢山あることに、改めて気を引き締めたいと思います!
( ̄^ ̄)ゞ

さて、次は穂高方面ですね~楽しみにしてます(o゚▽゚)o
  • 2013/09/18 22:14
  • ちゃんすー
  • URL
おめでとう!
念願の槍ヶ岳登頂おめでとうございます。

やまのぼら~なら皆が憧れる槍ヶ岳!

羨ましい~

4泊5日の北アルプス縦走日記を読ませて頂き、北アルプスに行って見たくなりました。

と、言うことで行ってきます、今週の3連休プラス1日で燕岳プラス御岳山に車中泊で行ってきま~す。
天気も良さそうなので(^_^)v
キンちゃんさんへ
こんばんは~、キンちゃん。

うんうん。
いつか槍^^
いいじゃないですかーー♪

目標があると山歩きもさらに楽しいよね♪

>もうブログ読んでたら体がウズウズしてきた・・・(笑)
今週末は晴れそうだし、ウズウズ発散にはちょうどいいかも~(笑)
改めまして、登頂おめでとう!
去年は悔しさいっぱいだったもんね。ホントに良かった!!
…遅いっ!って突っ込みなしでお願いします。(笑)

で、ん~、…確かにあの賑わい、混雑、頂上へ近付くにつれて盛り上がる感じ、お祭りかもね~。
でも私は、娘とmamaが無事に登りきれるか?落石に逢わないか?(起こしてしまわないか?)ずう~っと緊張してました。
むしろ、下りの方が緊張が解けてリラックスしてたかも~(それも今思えば恐い話です)。
幸い、回りはみな経験豊富な感じの方ばかりでしたけど、もしピクニック気分みたいな人とか不慣れそうな人が落石頻発させてたらやっぱり私も「落石させるな!」って叫んでたと思います。
やはりそれ位の緊張感や慎重さがあってしかるべきだと思うんです。
我が家も、今のレベルで「槍」に挑戦する資格があるのか?ってかなり悩みました。
最近の異常な山人気は、ある意味かなり危険だと思いません?

それにしても、とんがりコーンは思いつかなかったな~かなり悔しいです!
ちなみにアホとか馬鹿と言われるくらい恐いもの知らずの私は、後ろが北鎌の絶壁と知りながらも祠の後ろに立って記念写真撮りましたけど?
ちゃんすーさんへ
おはようございます~、ちゃんすーさん。

あーりーがーとー^^
わっしょい♪

こんな高い場所にたくさんの人。
槍ヶ岳の人気を実感いたしました。
もし、2度目があるならもう少し静かなときに行きたいかなー^^

>降りかかる事故を回避することはなかなか難しいことですが、自らが注意し事故を起こさないことは出来ます!
さすが!
シンプルな言葉で核心をついておられます^^
思わず何度も頷いてしまいました。
本当におっしゃる通りだと思います。

我が家も気を引き締めていかねば^^!です。
yoshiyukiさんへ
おはようございます~、yoshiyukiさん。

ありがとうございますー^^

今週は北アルプスですか。
楽しみですねー。
今のところお天気も崩れそうにないので、燕岳からの眺めを堪能してきてください~♪
レポートが楽しみだなぁ♪
お気をつけて~~。
sana-papaさんへ
こんにちは、さなぱぱさん。

ありがとーー^^
お互い登頂できてよかったね。

あの賑わいと混雑と追い立てられるように登っていく感じ。
槍人気を肌で感じた夏になりましたよね~^^

下りでリラックスなんて羨ましい。
私、先頭を下りていたのでルートを確認したり、足の置き場を見たりとなんだか緊張の連続でした。

>祠の後ろに立って記念写真撮りましたけど?
ホント、怖いもの知らずですねー。
あんな山頂の端に行ったらお尻がぞくぞくしちゃいます。

今度はとんがりコーン持って登ってね(笑)
一年越しの槍ヶ岳。
登頂おめでとうございます♪
はしごの写真、今まで見た中で
一番怖いと思いました。
高所恐怖症でもないのに、
何度見ても背中ゾクゾクするんですけど~

それにしても、のんのんって、
どうしていつもスマイル全開なんですか。
かわいすぎです。
  • 2013/09/19 21:45
  • ホク
  • URL
ホクさんへ
おはようございます、ホクさん。

ありがとうですー^^

高いところゾクゾクするよね。
私も高所恐怖症でないけど(と、自分で信じて)めっちゃ怖い><

>いつもスマイル全開なんですか。
思わず写真見返したよ~。
ホントだねー、笑ってる写真多いなぁ。
今度は違う表情の写真を探してみよ(笑)
レポもついに槍登頂ですね~
一番楽しみにしてたところです。

我が家にはまだまだ、
もしかしたらずっとたどり着けない場所かもしれないので
ぴょんたんファミリーのレポで楽しませてもらってます。

この週末もどこかに登るのかな?
気を付けて楽しんで着てくださいね~
  • 2013/09/21 08:00
  • U字
  • URL
登頂おめでとうございます!
初めまして!鑓ヶ岳登頂おめでとうございます!
読んでいるだけで自分も登ったような気持ちになってわくわくしてきました。三連休の初日にいい思い出になりましたね!
U字さんへ
おはようございます、U字さん。

はい^^
ついに登頂しました~。

この連休もお山を楽しんできました。
久々にキツイ筋肉痛になってしまいめっちゃ辛いです><
レポが追いつかないー(笑)

武蔵さんへ
おはようございます、武蔵さん。

はじめまして。
コメントありがとうございます^^!

一緒にわくわくして頂き光栄です~♪
レポももう少し続きますのでまた寄ってやってくださいー♪
ほんと一年越しの槍ヶ岳完登おめでとうございます!

今日は余分に回しておりますって染之助染太郎じゃないって!

いやぁ、最後のハシゴでぴょんたんさんがチビるんじゃないか心配しておりましたが、大丈夫だったようなのでホッとしました!

あと、もう少しなので頑張ってアップしてね!
  • 2013/09/24 08:24
  • りゃん
  • URL
りゃんさんへ
こんにちは、りゃんさん。

ありがとうです~^^

>最後のハシゴでぴょんたんさんがチビるんじゃないか心配しておりましたが
目の前にあのお兄さんがいなかったら、その可能性も十分にあったかと思います(笑)

>あと、もう少しなので頑張ってアップしてね!
は~~~い。
ちょっとペースダウンしてるので頑張りますー^^
ありがとー。
槍ヶ岳登頂おめでとうございます\(^o^)/

最後の登りはほとんどロッククライミングみたいですね( ゚Д゚)

いつか登ってみたいです。

それまでに落石させないようにちゃんと技術も身に着けないと^^;

ノンノンちゃんは山岳医療に興味がるんですか^^

将来は山岳ドクターかな^^

長期の縦走本当にお疲れ様でしたm(__)m
スマーフさんへ
どうも~、スマーフさん。

連コメありがとうですー(笑)

やっと槍にも登れました^^

あのトンガリのてっぺんに立つのはいいものです。
遠くから槍ヶ岳を見た時にそう感じました(笑)
おめでとうございます。
おめでとうございます。
おめでとうございます。

トンガリコーンとは、しゃれたことを・・・。

テント場も確保できて良かったですね。
あと20分でしたか。

あそこは、「指定」されるんですよね。
ベテランと思われると、風のきついところに
行かされるとか・・・。

飲みすぎるとキケンなテント場?かもしれませんね。


槍は人気があるので、いろんな人が来ます。
小学生が悪いわけではありませんが、
歩幅があわないので、下りで足が届かないんです。
で、大渋滞。
背負って降りるわけにもいきませんからね。
  • 2013/10/06 13:32
  • たとも
  • URL
たともさんへ
たともさん、6記事連続。ありがとうございますー^^
ブロガー冥利につきます♪

やっと、槍ヶ岳に登りました。
登って良かった。
遠くから槍を眺めた時、あの穂先に立ったんだと楽しめるのがいいですよね♪

ここのテンバは一度は泊まってみたかったので確保できてほっとしました。
早出の成果でした^^!
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)