山野井泰史氏 講演会に行ってきました

2013年2月23日。

鳥取県米子市のコンベンションセンターで山野井泰史氏の講演会がありました。


DSC_7427.jpg




それでは続きもどうぞ♪
http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング
http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング



人気ブログランキング





昨年、我が家にとって初めての雪山となった

大山を案内してくれてたのがガイドの木元さんです。

その時の大山レポはこちらからどうぞ♪


その木元さんのブログで世界最強のクライマーとよばれる山野井泰史さんが

鳥取県の米子(よなご)市で講演をされると知りました。

木元さんの講演会当日レポはこちらです



もちろん、これは行かねば!と家族揃って参加♪

私は用事があり本当なら留守番の予定でしたが、当日になりどうしても行きたくて行きたくて。

結局、米子へ行く車に乗っていました(笑)





講演会ではとっても有意義な時間を過ごすことができました。




山野井 泰史(やまのい やすし、1965年4月21日生まれ) は、東京都出身のソロクライマー。
身長165cm、体重58kg。東京都西多摩郡奥多摩町在住。

高校就学時よりアルパイン・クライミングに傾倒。高校卒業後はアメリカ合衆国のヨセミテなどでフリークライミングに没頭する。フリークライマー平山ユージと共にルートに挑戦した。その後はビッグウォールに転身し、妻の妙子とともに、毎年新ルートを開拓する。ギャチュン・カン北壁の登攀後、嵐と雪崩に巻き込まれ重度の凍傷に罹り手足の指10本を切断する重傷を負うも、クライミングへの熱意は冷めず、オールラウンドな挑戦を続けている。

(Wikipediaより)







木元さんの挨拶から始まった講演会。

DSC_7432.jpg






講演会は泰史さんの今までの登山や日常を写真で紹介しながらすすめていく形でした。

私の知らないたくさんの海外の山が出てきて地理関係はさっぱりでしたが、

写真からも目の前にそびえ立つ山壁はとてつもない高さです。


DSC_7437.jpg






マンガ岳で見たような、

壁に吊るしたブランコなようなもの(名前は忘れてしまいました・・・)で一夜を明かすなんてのを

目の前の人が本当にしているんだと思うとまばたきするのを忘れるくらい。





でも、私が思わず笑ってしまいシャッターを切ったのは

近所のお山に生える竹の子をピッケルで掘っている写真^^(笑)

DSC_7440.jpg







10歳のときには一人で山に登り、持って行った固形燃料で豚汁を作って食べた

なんて話は娘にはちょっと衝撃だったようです(笑)

自分はいつも親に用意してもらった食事を摂っているんだからね^^

「だからと言ってそれを求めてるわけじゃないよ。

 のんのんにはのんのんの山登りがあるんだから」

ってパパが言ってましたけど(笑)







後悔していることは「高校に行ったこと」

高校より海外の山に行きたかったそうです。







「お金をかけなければかけないほど質の高い登山ができる」

スポンサーをつけず、登山は自費の泰史さん。

説得力がありました。


DSC_7439.jpg







泰史さんの話は、よくある後援会のように

説教くさくもなく(完全に個人の見解です^^)

押しつけでもなく(これも個人の見解です 笑)

退屈もしなかった(そりゃそうか! 笑)






泰史さんのお話が終わった後は質問タイム。

質問のある人は挙手をします。


もちろん、のんのんも。


マイクをもらったのんのんは

名前と簡単な自己紹介をして泰史さんに質問。

「北アルプスで一番好きな山を教えてください!」



立ちあがって質問中の のんのん↓

DSC_7447.jpg





やたら一番を知りたがる(笑)

こういう質問。

やっぱり小学生だなぁと思います^^




そして、泰史さん。

のんのんの質問に対し、



「うーーーーーーーーーーーん」


「よく聞かれるんだけど・・・・・」


「うーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーん」





って。




DSC_7449.jpg




「一番好きかぁーーーーーーーーーーーー」


って。



「選べないなぁーーーーーーー」


って。




真剣に考えてくれる泰史さん。




それで、のんのん

「分かりました。ありがとうございました」

って、終わりました。

少し残念そう。






次の方々の質問に応える泰史さん。


その途中、ふいに



「鹿島槍かなぁ」



って言ってくれたんです。

ずっと考えてくれてたんですね。


「鹿島槍に一番登ったかなー」


って。


DSC_7435.jpg





よかったね。

質問に応えてもらえたね。

のんのん、嬉しそうでした。







もうひとつ印象に残った質問が。

大学生の男の子が

「僕らのような若い世代の人にメッセージがあるとしたら」

と尋ねたとき

それも、しばらく考えていた泰史さんが




最近の雑誌とか色々あるけど

それをマネしなくていいと。(けして雑誌等を非難している訳ではないですので誤解なく)

みんなが槍に行くから自分も行くのではなく

自分の登りたい山に登るのがいいと。

僕はいつも最後まで本当に自分はこの山登りたいのか考えると。




そんなふうに言われていました。





あっ。それからもうひとつ、(まだ、あった 笑)

山でも普段の生活でも妙子さんと喧嘩をしたことがない

と応えられていたのも印象に残っています。

それを聞いて、ますますお二人に強い憧れを抱きました^^









講演会が終わったあとは本を購入した人へのサイン会。

DSC_7498.jpg

泰史さんのお父さんが書かれたのが「いのち五分五分」。

もうひとつは「ソロ」という本がありました。

ソロは読んだことがあったのでこちらを購入。





本にはサインと一緒にひと言書いてもらえます。


DSC_7470.jpg







「夢に向って!!」


yamanoisan.jpg



あれ??

「向かって!!って、「か」が要るよねー。あ~><抜けてしまったー!」

って、泰史さん。



凍傷で指を失っても後悔した登山はないと言われていた泰史さんですが

一文字書き忘れたことは後悔しているように見えました(笑)



これも我が家にとっては忘れられない思い出になるので良しなのですが^^







そして、本だけでは足りないのんのんは

履いていたパンツにもサインをお願い。


DSC_7474.jpg




DSC_7478.jpg




ただのモンベルパンツが超スペシャルパンツになりました。





DSC_7482.jpg


一人づつ握手もしていただき感激。






帰りの車の中

「ママ!お願い!ズホン洗濯しないで!!」

って。

いやいや、気持ちは分かるけど・・・それは無理でしょう(笑)

しっかり山で履き倒してください^^

「えー!!じゃぁ、サインが薄れたら自分でなぞろ~!」

って。

そんな・・・バカな(--)

それじゃぁ、ただの落書きになっちゃうでしょ~。









木元さんに撮ってもらった泰史さんとの記念写真♪

家族にとってとても大切な一枚になりました^^


kinensatuei.jpg




翌日は木元さんと一緒に大山北壁を登らるそうです。

お天気が気になっていましたが登られたのかな、気になっていましたが

泰史さんのブログでは一般コースとあるので夏山登山道を登られたんですね。








泰史さんの声や表情。話の調子や話の間。

そういったことを直接感じることのできた今回の講演会は深く心に刻まれました。

娘にとっても忘れられない日になると思います。


今は毎日学校の朝読書の時間に「いのち五分五分」を読み進めているのんのんなのでした。

おしまい





追加訂正です。

コメントバックで彼自身の書いた本はないと書いていますが

「垂直の記憶」は山野井氏が書かれた本と教えていただきました。


私も読んでみたいと思います^^



http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング
http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング







関連記事

Comment

わぉ!
最高ですね。

山野井さんのお話プラスズボンにサインなんて!

のんのんちゃん、超宝物だね!

私も山野井さんのお話聞きたいです。

本当に登りたい山に登る。

命を生きてる深さがあります。
山野井さんの講演会、めっちゃ羨ましいです!
私も息子も今まで読んだ山岳書の中で「凍」が1番好きなんです。

でも、息子の憧れの登山家は植村直己さんなんですけどね。^^

機会があれば、お話を聞いてみたいな~。
山野井さん!素敵な方だね~♪
レポだけですごく人柄が伝わってきたよ。

講演会でこんなにお近付きできるなんて。

しかも鹿島槍!!!
私の中でも鹿島槍の山行は1番くらいの思い出。
だから余計に山野井さんに親近感~!(笑)

まだ彼の本は読んだことないので早速借ります^^
>自分の登りたい山に登るのがいい

この言葉深いっす・・・

他の人と同じ場所に行くよりも
自分らしいスタイルを見つけたいなぁ♪

山岳書はまだ読んだことないんですが
山野井さん、読んでみますφ(・ω・ )かきかき
こんばんは
良い思い出になりましたね〜
いろんな話がきけたのでしょうね。
確かに登りたい山に行くのはわくわくしそうですね。
  • 2013/03/01 21:59
  • yossi-
  • URL
すごく有意義なひとときですネ~♪
次の質問に移りつつもノンちゃんにしっかり応えてくれるなんて…
山野井さんのお人柄がよく伝わってきますね。
「自分の登りたい山に登るのがいい…」とか、ありきたりに聴こえてがちですが重みのある言葉です。
よし、次はこの人の本を読むぞ~!…って、読みたい本がますます増えちゃいます。まだ読み終えてない本が山積み~(笑)
morpheusさんへ
こんばんは~、morpheusさん。

>命を生きている深さ
うーん^^よい言葉ですね!

モンベルパンツに泰史さんのサイン。
もう、超宝物ですね^^!

小学生に講演会はどうかなーと思ったのですが
さすが興味あるお話は楽しそうに聞いてました。
行って良かったですー^^♪
  • 2013/03/01 23:17
  • ぴょんたん
  • URL
☆bridgeさんへ
こんばんは~、bridgeさん。

鳥取に来られるのは初めてと言われていました。
滅多にあるチャンスではないので、家族で講演会に参加できたことはとても嬉しく思います^^

凍はまだ読んだことがありません。
ぜひ、読んでみたいと思います^^

うちの娘も植村直己さんが好きなんです♪
最初にいったのが植村直己記念館だったからかな~。単純なのだ~^^;(笑)

でも、今回、山野井泰史さんにお会いして彼へのあこがれも芽生えたようです^^
  • 2013/03/01 23:23
  • ぴょんたん
  • URL
まいど!

「鹿島槍」って聞いたら
「よっしゃ、それに今度は登ろう!
って、思ってしまい
「自分の登りたい山に登るのがいい」と聞いたら
そうやんな
って思う自分はあかんよな(笑)

そにしても、質問するのんちゃんは社交的でいいよな~

母親譲りなんかな

そういえば、美人なとこもまつ毛が長いのも母似やな
ますます似てきてる気がするんやが、しばらく会ってない俺の気のせいか(笑)
こんばんは(#^.^#)

こういった講演会は勉強にも刺激にもなっていいですね♪

山野井さんはあまりメディアには露出は少ない方のような気がしますが、スポンサーをつけずに・・ってこだわりがあったんですね(#^.^#)

みわりんさんへ 
こんばんは~、みわりん。

講演会。
有意義な時間を過ごしましたー^^

泰史さんはマイペースというか、自分の正直というか、素直な方というか・・・そんな印象を受けました。
とても素敵な方でした♪

鹿島槍。
今回、質問に応えていただいたおかげで興味を持ちました。
泰史さんは、日本でいうと剱とか槍とか、ああいうピラミッドの形をした山が好きと言われてましたよー^^
  • 2013/03/02 22:26
  • ぴょんたん
  • URL
wishさんへ
こんばんは~、wishさん。

そうですよね^^
自分の登りたい山って大事ですよね。

泰史さんは海外の山に登るときも、本当に登りたいのか?それを自分で自分に問いかけると言われていたのを聞いて、私もそんなふうに考えていきたいなーと思いました。

彼自身が書いた本はありませんが、彼に関する本は何冊かあるので探してみてくださいー^^

  • 2013/03/02 22:30
  • ぴょんたん
  • URL
sana-papaさんへ
こんばんは~、さなぱぱさん。

はい^^
とても良い時間でした。

どなたの質問にも真剣に応えられている姿は印象に残っています。

「自分の登りたい山」って よほど山を知っていないと難しいかもしれませんが
でも、本当にこの山に登りたいのかなってのは考えられるので、そこから始めてみたいなと思いました^^
  • 2013/03/02 23:14
  • ぴょんたん
  • URL
genkiさんへ 
こんばんは~、げんきさん。

いやいや。
わたしも、「そうか!鹿島槍か!登ろうかなー」って思ったし
自分の登りたい山と聞けば「じゃぁしばらくは氷ノ山だな♪」って思ったし(笑)
おんなじです~。

質問は・・・
小学生ならではの内容でしたが(みなさんの質問内容の濃さがすごいなぁと思ったので)
娘は喜んでいたので良かったです^^

あれ?
なんか、持ち上げられてるけど・・・何か欲しいもんでもあるん~?(笑)
  • 2013/03/02 23:42
  • ぴょんたん
  • URL
piyo-papaさんへ 
こんばんは~、ぴよパパさん。

せっかく行ける距離での講演会だったので張りきって行ってまいりました^^!

彼ならだれもほっておかないだろうに
スポンサーなしで、海外遠征も自費。
映し出された昔の海外登山の写真を見ながら、もちろん雪山の。
「このときの装備は全部友人の借り物だった」などと話されていました。
そういうことひとつとっても、色々刺激になりました^^
  • 2013/03/02 23:49
  • ぴょんたん
  • URL
yossi- さんへ
こんばんは~、yossi-さん。

順番が前後してゴメンなさいー><

なかなかこういう機会もないと思いますのでとてもよい時間を過ごせました。

興味ある分野ですと、講演会といっても子どもも最後まで集中して聞けるのもいいです^^

>登りたい山に行くのはわくわくしそうですね
ああ!そうなんです。
これなんですね。
行きたいところに行くって楽しいですもんね^^
我が家もわくわくする登山をしていきたいですー^^
  • 2013/03/02 23:54
  • ぴょんたん
  • URL
はじめまして
はじめまして。通りすがりなんですが、書き込みさせて頂きます。
山野井氏自身が書いた
「垂直の記憶」という本があります。
内容は「凍」とかぶるのですが、
ぜひ氏自身の言葉で書かれたものも読んでみてください( ´ ▽ ` )ノ

クライマーからしてみると、本当に神様に近い人です。
今度地元でも講演会があるので、
先駆けて様子を知ることで更に楽しみになりました。ありがとうございます!
  • 2013/03/03 12:20
  • とおりすがり。
  • URL
とおりすがり。さんへ
こんばんは、とおりすがり。さん。

コメントありがとうございます!

山野井泰史さん自身も本を書かれているんですね。
知りませんでした。
教えていただきありがとうございます^^
自分で本を書かれている方なら、こういう場所では自分を本を売りそうなのに(笑)
「垂直の記憶」読んでみます!

とおりすがりさんも講演会に行かれるんですね。
泰史さんの生の声楽しみですねー^^

また、遊びにきてください^^♪
  • 2013/03/03 21:24
  • ぴょんたん
  • URL
ありがとうございました。
ぴょんたんさん、先日は山野井泰史さんの講演会にお越しいただき、ありがとうございました。
今回は2年前くらいから準備をして、やっと実現したものであり、大盛況の会場を見て涙が出そうになりました。

鹿島槍ヶ岳は確か、山野井さんが奥さんの妙子さんとまだそんなに親しくなかった頃、トレーニングで一緒に登った山です。
動物の耳みたいに頂上が二つある、とてもきれいな山ですね。

会場ではのんのんちゃん、パパにも会えて嬉しかったですよ。
また機会があればご一緒したいですね。

ところで翌日は猛吹雪、大山北壁は中止にして、夏山登山道の往復でした。
結局、山野井さんは一度も大山の姿を見ることなく米子を離れたのですが、それでも大山をとても気に入ってくれたみたいでした。
きもとさんへ
こんばんは^^きもとさん。

2年前からの準備ですか。
木元さんたちのお陰ですね。
鳥取にいるとなかなかこういう機会も少ないのでとても嬉しかったです。
本当にありがとうございます。

それから、司会もお疲れさまでした。


我が家こそ、また木元さんとお山に行きたいです^^
昨シーズン、木元さんに大山ガイドしていただいた経験があるからこそ
今年は冬の氷ノ山にも挑戦できました。
↑ちょっと、ハマってます(笑)


翌日は夏山登山道だったんですね。
泰史さんのブログからきっとそうなんだろうなぁと想像していました。
大山は鳥取県民にとっては特別な山ですから、泰史さんが気に入ってくださったならとっても嬉しいです^^♪


貴重な機会をありがとうございました^^。








  • 2013/03/04 20:50
  • ぴょんたん
  • URL
先日のユートピアでかわいい女の子を発見。その時はこのブログを知らなかったので声はかけませんでしたが、同じ日ののんのんちゃんのユートピア避難小屋風景にも写っています。この日も会場の一番前でお話を聞きました。あの質問した女の子がのんのんちゃんだったとはすごい偶然で雪の大山も同じ日に山頂にいたんだと感じています。
仲のいい親子さんで羨ましいです。のんのんちゃんの夢に向かって毎日を生きてください。私はデザイナーになりたくて親の反対を押し切り専門学校へ行きましたが結婚前には電通でデザイナーやってました。今もデザイナーです。夢は必ず叶います。後はちょっとの運も味方につければ人生は素敵です〜〜〜。
趣味も山だけではなく視野を広げてみてくださいね(興味があればですが)。また大山で!
  • 2013/08/10 12:40
  • かこ
  • URL
かこさんへ
こんばんは^^かこさん。

コメントありがとうございます♪

山野井氏の講演会に行かれてたんですね^^
先日のユートピアにも^^

いろんなところで同じ空気を吸っているんですねーーーー♪

夢は必ず叶う。。。力強い言葉をありがとうございます。
娘も喜んでいます。

大山でお会いできるかな。
今度、出会ったときは声をかけてやってください^^
今後もよろしくお願いします。
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)