10時間かかって・・・新穂高~双六小屋のテント場へ


2012年8月11日~15日。

家族で北アルプス登山をしてきました。

とにかく歩いて歩いて歩いた今回。

そこには歩いたからこそ辿りつけた場所がありました。


2012.8.12 双六~ 




つづきもどうぞ♪


ブログランキング

人気ブログランキング





出発は10日、金曜日の夜。

仕事から帰ってきたパパに付きまとい、

後ろからパン!パン!パン!パン!と手を叩いては急かします。

5分足らずでお風呂に入ってもらうとバタバタと慌ただしい出発。




今回のロングドライブは私も戦力となり半分近くは運転しました。(言いすぎ?笑)

安全運転のお陰で11日の深夜2時前には新穂高温泉の駐車場へ到着。早っ!

前回と同じ無料駐車場に停めることができました。






駐車場を午前3時に出発。

歩みの遅い我が家なので少しでも早く。

今日の目的地は双六小屋のテンバ。

長い道のりを登ることになりそうです。

本当に辿り着けるのか、出発前からちょっと不安もあります。



てくてく歩き、登山口(になるのかな)を3時27分。

P1160365.jpg



当然 真っ暗なのでヘッドランプの明かりを頼りに進んでいきます。

P1160367.jpg





突然睡魔が襲って来たり、ナチュラルハイになったり、夜中の山歩きはなかなか大変。

ザックも初日とありとっても重たい・・・。



できるだけ軽くしようとしましたが、予備を含めた6日分の食料は体にずっしりとのしかかります。

水2kgを加えた重さは

パパ、25kg。(今回こそ20kg以下にしたかった)

ママ、17kg。(一体なにが重いんでしょうね・・・)

のんのん、10kg。(本人には「8kgだよ♪」と言ってますけどね)

となりました。












わさび平小屋。

我が家が到着したのは、だんだんまわりも明るくなってきた4時57分。

P1160368.jpg





のんのんは眠くて眠くて。

少しの時間をみつけてこんなありさま。

P1160378.jpg





それでも、まわりがすっかり明るくなるころには元気も復活。

5時40分。

P1160380.jpg




小池新道を登っていきます。

P1160382.jpg



双六小屋の経営者であった小池義清らにより開設された「小池新道」。

道を切り開いてくれた人がいるからこうして登って行けるんだね。

P1160386.jpg






秩父沢。6時38分。

P1160387.jpg






ここまで、わさび平小屋から出発されたツアー客の団体さんに引っ張ってもらいながら登って来ています。

P1160389.jpg



プロのガイドさんがついているので、ペース配分は間違いないはず。

団体さんが休憩されるので、我が家も休憩♪

なぜか違和感なく一行に混じっているのんのん(笑)

P1160390_20120817214242.jpg





ここの沢の水と持ってきた原液でカルピスウォーターを作っています。

すっかりアルプスカルピスがお気に入り♪

P1160392.jpg

アルプスカルピス、アルプスカルピス。舌を噛みそう。

アルピース♪




ゴクゴク。

P1160396.jpg



はぁー!美味しーー♪

P1160397.jpg




これでまたがんばれそうかな^^



チボ岩。7時3分。

P1160403.jpg




シシウドヶ原。8時20分。

P1160414.jpg



なんだかとっても楽しそうだね~^^

P1160419.jpg




私の前を進んでいたのんのん。

突然ノリノリダンス。

ん?何してるの?

P1160421.jpg


と、思いましたら ここは熊のおどり場。

P1160422.jpg


なるほどね(笑)


一番余裕の娘。




最近、親より詳しい高山植物を見つけては嬉しげです。

P1160426.jpg






木道を進んで行きますとパッと目の前にこの光景。

おぉーーー!

しっかり見えた槍ヶ岳の姿に前後を歩いてた方たちからも感激の声。

これがあの鏡池♪

P1160433.jpg



近くにおられた方が撮ってくれた一枚。

DSC_2372.jpg


「槍ヶ岳に小槍。あのね、孫槍もあるんだよー」

と嬉しそうな娘。

へ~!そうなの?






ここから鏡平小屋まではもうすぐ。




ほらね、すぐに見えてきた!

DSC_2375.jpg



槍平小屋。10時。

P1160439.jpg



ここで休憩。

お腹も空いたので、なにか食べましょう。

メニューはこちら。

右下の生ビールに目が行ってしまいますがここは我慢我慢。

DSC_2378.jpg



のんのん、ラーメン。

DSC_2386_20120819001000.jpg


パパ、カレー。

DSC_2384_20120819001001.jpg


私はうどん。

DSC_2387_20120819001000.jpg

エネルギーを補充したら、双六を目指して登ります。




ずっとついてきた団体さんも出発されます。

またまた、その後ろにくっつく我が家。

ちょうどいいペースなので助かります♪


P1160441.jpg





10時36分。弓折中段。

じっくりじっくり。

緩やかな登りですが、けっこう堪えるな~。

P1160447_20120819002703.jpg




お花の撮影にも熱心な娘。

お陰で団体さんとの距離が開いてしまいます(><)

P1160445.jpg




P1090462.jpg


P1090473.jpg

P1090464_20120819234922.jpg



11時14分。弓折乗越。左に行けば弓折岳と笠ヶ岳に行くことができます。


P1160455.jpg


ここを過ぎたあたりで雨がパラパラと。


レインウェアを着こんで再出発。





ここから先しばらくは 歩くのも楽しいお花畑ゾーン。


P1160473.jpg




一面のお花に思わず足がとまります。

花が咲き乱れるという言葉がぴったり。

ここは本当にきれいで、もっと天気のいい日に訪れたい場所でした。

P1160475.jpg


花見平。

そっかそっか。その名の通りの場所だったのね^^

P1160481.jpg





それにしても、双六小屋はどこにあるんだろ。

登っても登っても到着しない気がしてきました。

P1160502.jpg




もう、出発から10時間近く。

コースタイム通りなら、7時間で到着しているはずなのに。。。






そんなとき、木道が出現。

これでもうすぐ小屋に到着かな。

P1160508.jpg





13時05分。

双六のテンバみっけーーっ♪

P1160509.jpg





もう歩かなくてもいい!

そんな安堵感が広がっていきます。


パパが受付けをしているあいだに、なるべくフラットな場所探す私。

石もそこそこあるので、ペグなしで張れそうです。


DSC_2388.jpg


設営が完了すると、知らない間に3人ともお昼寝をしていました。


軽い高山病かな。

少し気持ちの悪い私は、持ってきたナウゼリン(吐き気止め)を飲んでいます。




夕方。

そろそろ食事の準備にと起きだす3人。


双六小屋の前で記念写真。

DSC_2398.jpg





私はというと、2週間前の大山登山で捻った足首が今になって痛み出したので

診療所を訪ねてみることにしました。


DSC_2392.jpg



自分でもロキソニンテープやテーピングを持っていたのですが、

この機会にDrにテーピングをしてもらいたかったのです。


最近のドラマの影響で診療所に興味津々の娘もついてきます。

なぜか、パパまで(笑)

みんなミーハーなんだから。。。



Drにテーピングと痛み止めを処方してもらいました。

少しキツめだなと思っていましたが、このテーピングがあとで大変なことになるとはまだ知りません。



ついでにSpo2(血中酸素濃度)を家族揃って測ってもらいました。

娘が94%、私とパパが93%

登ってきたその日にこれだけあれば優秀のようです^^

ちなみに登って二日目という医学部のお姉さんは、80%台ということでした。

そして、気になる診療所の料金は1500円。

場所や処置によってちがうのか一律なのかは分かりませんが、一応参考までに。


DSC_2401.jpg



ついでに我が家のファーストエイド・キット。 

ポーチの裏には名前・住所と家族の血液型も書いてあります。

DSC_3109.jpg



中身はこんな感じ。

DSC_3112.jpg




さぁ、診療所に寄ったので時間も遅くなりました。

お腹もぺこぺこ。

今日は初日なので豪華な夕食がまってるよ~。

みんなテントへ急ぎます♪



かんばって担ぎあげた「生肉~♪」

DSC_2405.jpg


ニンニクチップを添えて、香ばしいにおいがテントに広がります♪

DSC_2408.jpg



生卵も担いできたので、こんなスープも♪

DSC_2403.jpg

うまうま絶好調~^^





運転のため、強制休肝日だった昨日。

あぁ!やっぱり一日ぶりのビールが美味しいー^^(登った後のビールは・・・とか言えないのか)

DSC_2404.jpg




外はだんだんと夜を迎える空の色に。

DSC_2414.jpg



双六小屋にも灯りがついています。

DSC_2423.jpg



誘われるように中へ。

そして、食後だというのにビールとおでんをひとつ頼むと3人で分けながら頂いてしまいました。


写真写真!と思った時にはすでに遅く。

お皿の中身はというと・・・

DSC_2430.jpg

まぁ、こんなもんです(笑)

ビールは500円(350ml)、おでんは800円でした。






テント内は軽量化のために購入したこちらで照らします。

もっと大きいものかと思ったら意外にコンパクト。

他の二つのヘッドランプと合わせると十分でした。

DSC_2434.jpg


長かった一日。

ようやく眠りにつくことができます。


明日は雨予報。

どうか、外れますように!


DSC_2418.jpg


http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング



ブログランキング


関連記事

Comment

ロングトレイルお疲れ様でした(^^)
夜中の3時から睡眠不足で10時間も登ったら頭も痛くなりますよ(笑)

アルプスカルピスをマネしようと担いで行ったのですが…
飲むことなく下山してきました^^;
でも乗鞍2000mからの湧き水を見付けたのでカルピス作れましたよ♪

んまいですね~~~!
ビールに勝るモノもありました(笑)


続きも楽しみにしております(^^)
(テーピングが気になる^^;)
ガンバッテはりますねぇ〜♪
双六までは、かなりの道のりだったようですね!
午前三時の出発でしたか!?
でも良くガンバリましたよね(^O^)/
いやぁ〜随分と参考になるレポですyo
のんのんちゃんはしっかりと水分補給(あるぷすかるぴす)されてたようで安心しました(笑

ブログの登山レポって言うんですか・・・
なんだか、まるで自分も歩いてるようです・・・
そうそう、それと食べ物のショットですが
撮り逃がす時は、必ずソレに集中してる時!?(苦笑
シャッターなんて、どうでもいい・・・でしょ(笑

さてさて、続きが待ちどうしい雲なのです
  • 2012/08/20 02:31
  • 雲です
  • URL
  • Edit
おはようございますo(^▽^)o
双六行かれたんですか‼
やっぱり10時間掛かりますか、、、。
我が家じゃまだ無理かな~。
そしてのんちゃんのピンクのメットと言う事は
今、一番行ってみたいコースかも⁉
続きも楽しみです\(^o^)/

  • 2012/08/20 05:51
  • はいえ~す
  • URL
いやぁ~、ぴょんたんさん、夜逃げもベテランになりましたねぇ!

双六は遠そうですね!

りゃんは絶対に途中で心が折れるな!

前回の槍で起きたのんのんの高山病が心配でドキドキしながら読んでます!

え~~い、雨よ降れぇ~~!

あれ、違ったぁ?
なかさんへ
おはようございます、なかさん。

よく歩きました。
で、次の日もよく歩きます^^

アルプスカルピス。
めっちゃ美味しいでしょー!
あれは、たしかに泡泡シュワシュワよりいける!(笑)

テーピングはね、初めてだったからかな。
未だに引きずってます><


> (テーピングが気になる^^;)
  • 2012/08/20 07:03
  • ぴょんたん
  • URL
雲さんへ
おはようございます、雲さん。

少しでも暑くなる前に出発しようと3時には駐車場を出発しました。
寝不足からくる高山病が心配でしたが大丈夫だったようで一安心^^

しかーし、双六までは超長い道のりですね。
翌日も同じくらい歩きました(><)

食べ物を前にするとついついシャッターを押すのを忘れてしまいます(笑)
食いしん坊がバレバレですねー^^
  • 2012/08/20 07:08
  • ぴょんたん
  • URL
おはようございます。

双六って、こんなに遠いんだ~
10時間歩くって、どんな感じなんでしょう?
前回は雨で残念でしたが、今回はどうだったんでしょう。

相変わらず健気なお嬢さんに胸キュンのおじさんです←古いですなあ(笑)

  • 2012/08/20 08:03
  • URL
おはよ~♪
いよいよ始まったね~~(*^-^*)
夜明け前に出発。。。
我が家はまだまだ無理だな~(> <)
しかも10時間~~お疲れ様♪♪

でも、そこまで歩いたからこそ見れる景色。。。納得!!
もう少しいいお天気の時に。。。もっと納得~~!!(笑)
どもっす!!

のんちゃん、頑張りましたね。本当にお疲れ様でした。

地図でしか見てませんが新穂高から双六小屋までって結構大変そうっすよね。

でも、前回の新穂高から槍に向けて歩いた経験が生かされてるのではないでしょうか。

それにしてもパパさんの25Kはちょっと辛そうっす。20K超えるとまた別の世界ですよね~w

続きのレポ、楽しみっす!!
はじめまして。
ちょこちょこ見させていただいています。

家族でキャンプ、山登りって、我が家にとって理想型です。

うらやましい。
参考にさせていただきます。

また、訪問させてください。
よろしくお願いします。
夜明け前から登ったんですね~すごい~!!

乗鞍のご来光登山で失敗以来、ウチのコ達は日が登る前はムリ(>_<)と思って挑戦してませんが、これくらいの時間から行動できたらいいなぁ~ のんちゃんえらいe-68

お山の診療所、心強いですね^^ 「血中酸素濃度」って私も一度はかってもらいたいなぁ。。。

ファーストエイドセットの中味のロキソニン湿布、ウチも今回入れて行きましたが、大変お世話になりました(謎笑)
  • 2012/08/20 11:59
  • piyo-mama
  • URL
こんちわ~♪

25キロ担いで10時間~パパさん凄すぎ~

これを一度経験すると後はどんな歩きも物足りなく感じるかも(笑)

ぴょんたんさんのザックも私のとほとんど変わらんよ~凄すぎ~(◎o◎)
25kgって(笑)
papaさん頑張った(^^)

我が家は最近ザックの重さは計らないようにしました!
見ると数字に負けちゃいそうだから(^^;)

夜明け前の山行!
我が家あと3年くらいは無理だろうな~(^^;)
  • 2012/08/20 12:28
  • もえここ-papa
  • URL
はいえ~すさんへ 
こんにちは、はいえ~すさん。

双六は遠かったですー><
うちが特別遅いんだと思いますけど。
他の登山者に10時間かかったと話すとびっくりされました(笑)
だって、荷物が重いんだもんー><
軽量化が一番の課題です。。。

また続きも読んでやってください~♪
  • 2012/08/20 12:52
  • ぴょんたん
  • URL
りゃんさんへ
こんにちは、りゃんさん。

夜逃げするなら、もっと身軽にするわ~(笑)

双六までは本当に遠いです。
でも、初日なのでがんばれました。
翌日のほうが心折れました・・・(笑)

娘は前回の教訓を生かして、こまめに水分、呼吸の仕方などなど気をつけて登りましたので大丈夫でした^^!
  • 2012/08/20 12:55
  • ぴょんたん
  • URL
恭さんへ
こんにちは、恭さん。

双六はね、めっちゃ遠かったです~><
でも、暗いうちから歩き始めたので10時間歩いた感覚があんまりなかったです。
半分寝てた?(笑)
お天気は1日目がこんな感じ。2日目は快晴。あとは・・・暴風雨のときもありました~。なんでー><

胸キュン♪
ありがとうございま~す(笑)
  • 2012/08/20 12:59
  • ぴょんたん
  • URL
こんにちは。


出発のときって 何時もバタバタしますよね
結局、何か忘れる(`_´)ゞ

雑誌でよく拝見する景色 いいな~
実際に見てみたい
しかし、5日間は長いよな~

次回 も楽しみにしています
ぴょんたん家の笑顔が
いつまで持つか(^。^)
ついに始まりましたね~北アレポ(^^)
当初私も予定していたルートも新穂高→双六経由だったので
興味津々で読ませていただいておりま~す!
10時間ですか~!!
双六のテン場が見えた時は嬉しさ100倍だった事でしょう♪
続きの天候と、ぴょんたんさんの足の具合が気になって仕事に身が入りません!
もえここさんへ
こんにちは、もえここさん。

新鮮レポ目指してガンバリマス!
できるかな~(笑)

夜明け前の山歩きもそれはそれでいいかも^^
夢の中のような出来事みたいで、苦しさが半減してるような(笑)寝ぼけてるのかなー^^

よく歩いた山行だったよー。
楽だったのは最終日くらいかも(笑)
  • 2012/08/20 13:39
  • ぴょんたん
  • URL
みさきパパさんへ
こんにちは、みさきパパさん。

双六まで、そんなに危険な所はないけどじっくりじっくり登っていくって感じですね。
荷物が軽かったらもう少し楽に行けるのかもしれないです。
うちは荷物が多すぎなんですね。
もっと考えなくては~。

前回の経験から注意したのは、とにかく高山病にならないようにできる努力はすることです^^
せっかく来たからね、帰るのもったいないし(笑)
  • 2012/08/20 13:44
  • ぴょんたん
  • URL
もなしょさんへ
こんにちは、もなしょさん。

はじめましてー^^
コメントありがとうございます!

私もブログ覗かせてもらいました。
田舎が山陰なんですね。
うちはパパが関西なので鳥取と大阪を行ったり来たりしてます。
最近、道が良くなってうれしいですよねー♪

こちらこそ、今後もよろしくお願いします♪♪
  • 2012/08/20 13:48
  • ぴょんたん
  • URL
piyo-mamaさんへ 
こんにちは、ぴよままさん。

夜中の山歩きは子どもは眠くて仕方ないかも^^
娘も夜が明けるまではテンション低かったですー。

「血中酸素濃度」は測ってもらうと面白いかも!
山に慣れている人は割といい数字が出るらしいですよ。
でも私は普段100%なので93という数字にびっくりでした~。

湿布。
そうかそうか~。そうですよねー(笑)
持って行っててよかったですねー♪
  • 2012/08/20 13:53
  • ぴょんたん
  • URL
piyosuke-papaさんへ     
こんにちは、ぴよぱぱさん。

重さと時間。
今回の山登りは結構堪えたようですー^^
どうすれば軽量化できるのか・・・謎なんです。
必要なものしか持って行ってない気がするんだけどなー。
忘れ物はあるけど(笑)

ぴよぱぱさんよりはさすがに軽いけど・・・力持ちの女子ってのも、なんだかなぁ~(笑)
  • 2012/08/20 16:38
  • ぴょんたん
  • URL
もえここ-papa さんへ 
こんにちは、もえここぱぱさん。

そうだよね。
たしかに数字に負けそうだったから、「私のザックは14キロ~」って言いながら登ってた。
思い込みは大事よね(笑)

もえここ家が夜明け前となると、ぱぱさんはkokoくんも背負ってあげないといけないか~^^
ヘッドランプつけての山歩き、3年後が楽しみだね~♪
  • 2012/08/20 16:43
  • ぴょんたん
  • URL
りんくんさんへ
こんにちは、りんくん。

うちも今回はバタバタで出発して、ヒェー!と思うような忘れ物がありました。
あんだけ荷物重かったのにな・・・(ーー)

5日間は最長でした^^
終わってみれば、どれも楽しかったな♪
笑顔、いつまで持ったかな~(笑)
  • 2012/08/20 16:50
  • ぴょんたん
  • URL
今回も頑張ってきたねぇーー!!
10時間歩くって・・想像できん・・。
10時間も歩くのんのん、すごい!

それにしても山の上とは思えないほどのご馳走!!!
こりゃ頑張って担がないと(笑)
  • 2012/08/20 17:32
  • ししゃも
  • URL
げげげ!

25kg背負って10時間!
すごすぎ~しかも3時出発

だめや、すごすぎて参考になりません
もっと普通の登山にしてください

25kgか
俺もkou背負って+10kgいけるかな(笑)
絶対に無理やな
  • 2012/08/20 19:12
  • genki
  • URL
3時出発・・・。
それは寝不足でしょう・・・。

パパ25kg・・・
そんなんできません・・・。
ママ17kg・・・。
私と同じです。
パパは何を背負っているんでしょうか???

鏡池の逆さ槍、いいですね。
聞いてはいるんですけど。。。
行ってみたい・・・。

双六・・・
私もテント泊したことあるんですよ。
烏帽子からね、そして槍へ。
ここのテント場は広くていいですよね。

生肉と生玉子・・・
そりゃぁ、25kgですわ。

はい、私もおでんを頂きました。

続きが楽しみです。
  • 2012/08/20 22:57
  • たとも
  • URL
こんばんは

歩きましたね〜
こんなけ歩くとついた時はうれしいですね〜
荷物はさすがに重たそうですね〜
モンベルのライトは軽そうでいいですね。

足が痛いのは辛いですね〜
影響なければ良いですね。
  • 2012/08/20 23:43
  • yossi-
  • URL
こんばんは~!


運転した後で暗いうちから登って10時間?!
しかも足痛めてるのに…。

絶対に真似できません!
おでん完食ののんのんチャン、疲れた顔してるよ~。
ゆっくり休んで翌日も楽しめたかな?

あ、クラッシャブルランタンシェードやっぱりいっちゃいましたね♪
  • 2012/08/21 01:26
  • 名無しさん
  • URL
↑なんで名無しになっちゃうの???
sana-papaですよォ~♪
シュガー2さんへ
こんにちは、シュガーさん。

はいー^^
始まりましたよ~♪
新穂~双六予定だったんですね。
長~いルートなのでへとへとになりますが、見所も多いので目を楽しませてくれます♪

天候神頼み。
足は・・・><今はだんだん落ち着いてきました^^V
  • 2012/08/21 09:00
  • ぴょんたん
  • URL
ししゃもさんへ
こんにちは、ししゃもさん。

10時間は我が家も初めてじゃないかなー^^
ザックが重くて、思うように前に進まないのよね・・・><
一番大変だったのはきっとパパ(笑)

ご馳走は初日だけのお楽しみ♪
これもパパが担いでるんだけどね(笑)
あとはお湯で温めて食べられるものがほとんど~^^
  • 2012/08/21 10:25
  • ぴょんたん
  • URL
genkiさんへ
こんにちは、げんきさん。

こうくん+10kg。
いけるいける!(笑)

3時出発は歩くのが遅いから仕方ないんよ。
みなさんがなんで登りでサクサクいけるのか・・・不思議でたまりません(笑)
「一歩、一歩!がんばれ自分!」って思いながら登ってます(笑)
  • 2012/08/21 10:35
  • ぴょんたん
  • URL
たともさんへ
こんにちは、たともさん。

あんまり重いザックは恥ずかしいくらいなのですが、これも我が家の記録と思い書いてます^^

双六のテンバはホント、いいところですね♪
涸沢みたいにゴツゴツしてないのがいいです^^
おでんも美味しいですしね。
ここの日本酒が有名だとパパが言ってたけれど残念ながら呑めませんでした。

鏡池はお天気の良い時を狙って行けばもっともっとすご~い景色に出会えそうです。
  • 2012/08/21 11:07
  • ぴょんたん
  • URL
yossi- さんへ
こんにちは、yossi-さん。

歩きましたよ~。
そして二日目も歩きますよー^^

ザックの重さも5日目には軽くなってました(笑)
やっぱり食べ物が重いのかなー。

登山で足に不安を抱えるのは嫌なモノですね。
捻挫もクセみたいなものらしいので、気をつけたいです。
  • 2012/08/21 11:11
  • ぴょんたん
  • URL
sana-papaさんへ   
こんにちは、さなぱぱさん。

名無しさん、さなぱぱさんって分かったよー。
時間とか文章でなんとなく(笑)

そうそう。
空っぽのお皿を持った娘の顔。
めっちゃ疲れてんな~って感じだよね。
あのあと、速攻寝てました。

モンベルのアレ、(名前が言えない・・・笑)
あんなに小さいものだったんだねー^^
出発ギリギリで頼んで、到着してびっくりだった。
軽いし、明かりもそこそこだし、十分だね!
  • 2012/08/21 11:16
  • ぴょんたん
  • URL
参考になりました
はじめまして。
いつもブログ更新楽しみにしています。
実は、救急箱の中身が、今回大変参考になりましたので、お礼のコメント残しました。
来週から、またお山に籠るのですが、救急箱を今回は持参するつもりでしたが、何を入れるべきがわからなかったのです。ただ、注射器の様なものは、何に使うのでしょうか?
また、寄らせていただきます~。
こんにちは。

10時間もかけてたどり着いたテン場、感動ですよね。
ビールも食事もおいしいだろうな。

モンベルのあれ、クラッシャブル ランタンシェードかな?
我家もこれ欲しいんだよね。
店舗で売ってるところが見つからない~。
ネットだと送料が高くついちゃうし。
Mikeさんへ
こんばんは、Mikeさん。

はじめまして。
コメントありがとうございます^^

わたしもMiekさんのブログを拝見させてもらいましたー。
キャンプ道具がなんだか新鮮でした^^♪


>注射器の様なものは、何に使うのでしょうか?

「インセクト ポイズンリムーバー」です。
    ↑ ↑ ↑ ↑
で、調べるとたくさん出てくると思います^^

救急箱は風邪薬(PL)や高山病対策に痛み止め(ロキソニン)吐き気止め(ナウゼリン)などを持って行ってます^^あとは、足が痛むとき用に湿布(ロキソニンテープ)です。花粉症なので、市販の鼻炎薬も。
薬だらけですね(笑)
心配症なんです><





  • 2012/08/21 22:05
  • ぴょんたん
  • URL
とーとさんへ
こんばんは、とーとさん。

やっと見えたテンバは、もう感激もんです^^!
重いザックと歩くことから解放されるので(笑)

モンベルのアレ(笑)。
うちはモンベル会員なので送料無料なんです。
だから、安いモノもネットショップでポチっとしちゃうんです。

だいたい送料のほうが高くつきそうなものは近くのスポーツ店(デポとか)に注文♪
ほとんどの物は取り寄せてくれるので重宝してます^^
ランタンシェードもできるかも^^
それなりに明るさもあるし、軽量化にはいい一品だと思いました。
  • 2012/08/21 22:15
  • ぴょんたん
  • URL
インセクトリムーバーということは、ヘビは
だめなんですかね、やっぱり。。。。
Mikeさんへ
こんにちは、Mikeさん。

インセクト ポイズンリムーバー
http://www.iizukaco.co.jp/products/poison.html
↑ ↑ 上の公式ページを見ると、ヘビに咬まれた時も使えるように書いてあるような。

また、確認してみてください~^^
  • 2012/08/23 14:40
  • ぴょんたん
  • URL
,nina mew,gucci 布 画像
また、あなたが誠実さを徹底的に作品をチェックすることができました店舗自体であるいつものようににせつせと発句(ほつく スニーカーが正式に店頭に並ぶときに2月2日にあなたのペアを入手! 私はこのインタビューは、と思った計画、そして努力がこのスニーカーを作りに行って、あなたはそれがyoulあなたがペアを取得しに行かなければならないことを知っているように設計されたか聞いたときにどのくらいあなたが表示されますと思います!

  AdiZeroスニーカーは本当にアディダスのバスケットボールへのエネルギーと多くの成功をもたらしている<a href="http://maruta.be/mnmnbbs/11" title="クレイサス 財布">クレイサス 財布</a>

Principalfashionはファッションを呼吸するサマルカンドにフレッカーゴールデン·ジャーニーから採取しゴールドナイキダンクは<a href="http://nmbmik.exblog.jp/21239528/" title="ロレックス情報">ロレックス情報</a>ELT染?またはyntanningは?次に来る。 戻るパドル(均容器)で。且年若より一日も隙(ひま 変換に基づいてキーワードに優先順位をつける

  あなたが変換データを持っていない場合は、あなたが考える検索用語最善を変換されるとして、自分の最良の推測を加える必要があります<a href="http://www.nicotto.jp/blog/detail?user_id=1327344&aid=52621756" title="メンズ 腕時計 ブランド">メンズ 腕時計 ブランド</a> スキニーはスキニージーンズを買うの全体の目的を敗北させる任意bagginessを排除し、わずかなカーブに完璧にフィットすることができます!

  あなたはあなたが何であるか大きさのカーブがわからない場合は、リーバイスは彼らの店舗で無料の測定値を提供し、彼らのウェブサイト上のガイドを持っています痛み Actualy、ヨルダンニュー·スクールは、以前のモデルになぞらえ、より高度な設計構想を持っていません<a href="http://ou123456.blog.petitmallblog.jp/blog-entry-45.html" title="腕時計 メンズ">腕時計 メンズ</a>

  彼女はまだ李ですが、彼女の前のLiの書かれた文字は、中国語で 立ってに、それは彼女の初期のキャリアの中で中国のレポーターによるmiswrittenだったとき、実際にはエラーで彼女に起因するものであった指しますポリエステル生地から構成されあなたが市場でのスタイルのナイキダンクの数を開始することにより支援しています。 ナイキダンクは<a href="http://www.my-cosmos.jp/mypage/weblog/blog/5898/100820#100820" title="ウォレットコード">ウォレットコード</a>

  • 2013/10/09 10:47
  • hatPlassy
  • URL
  • Edit
eghcbg yqe reu
sur le fermer Tarifs sur le période de l'année Cadeau Clara , Ca , juin dernier. Il va presque certainement supporter le principal 100 voler , peut-être try un supplément sans frais et peut-être Rétablir autre son signature activités <a href=http://maillot-de-bain-femme.bold-ibs.com>tanga</a> vieux quelques années poulain dans la U . Anneau. sans individus doivent acquérir du lui car elle a ont deux ou plus grand excursions . Obtenir vient le long d' hard partie . peut facilement acquérir exactement Belmont? Sûr . La clé raison pour laquelle

ukssot yul xwl
son más de una Variable fuerte Combinación y proporciona FishGillz a $ 50.FishGillz utiliza un multi-capa, de alto impacto lente de la cámara , que incluye un dual capa antirreflectante, un buen duro-capa resistente al rayado, un impermeable pieza , y un micro-filtro polarizado que puede ofrecer cobertura para el usuario consumo .El ultraligero estructuras float sin el uso de cualquier correas tirantes cualquier exposición Knotex quedarse fueron capaces de obtener una ir en an pensamiento vanguardia tissage comercio. La excelente revelado en nuestro actuales reflexiona exactamente lo aumento de a efectos de fábricas textiles se puede lograr a través de por sistemáticas refinamientos y mejoras para ayudarle ???<a href=http://www.coca-colamexico.com.mx/baratas.html>nike roshe run comprar</a> de China KongFi microscópica Limited (KongFiTex) con éxito introducido inicial forraje , original plantas de bambú y hojas de bambú ).
Thank's, very interesting article
Perfectly written!
I will right away snatch your rss as I can’t to find your
email subscription hyperlink or e-newsletter service. What do you think about https://www.etsy.com/teams/27512/web/discuss/17218837/ get avodart online
Do you’ve any? Please let me recognise so that I could subscribe.
Как я заработал миллион рассказываю здесь 1-million-rubley.xyz/
Я делюсь секретами заработка в интернете и досконально все
расписываю на моем секретном сайте: http://1-million-rubley.xyz


Информация для поисковых систем: как заработать РЅР° олимп трейд видеодополнительный заработок беларуси 2016как заработать миллион легко видеокак заработать РЅР° просмотре видео фильмов Рё сериалов10 СЃРїРѕСЃРѕР±РѕРІ заработать РІ интернете (2013), заработать РІ интернете реальные деньги видео 2016бесплатный заработок РІ сети интернет 2015d можно ли заработать репетиторством РІ москвекак заработать миллион долларов РІ беларусикак можно получить дополнительный заработок qiwi, фотостоки РЅР° которых можно заработать xp вкак реально заработать голоса РІ контактереально заработок РІ интернетегде можно получить новые права взамен старых РІ РјРѕСЃРєРІРµp заработок интернете быстро просто Рё РІРєСѓСЃРЅРѕ.
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)