ブログランキング・にほんブログ村へ

またまた氷ノ山♪ 「仙谷コース」は時期を選んで




晴れの週末が続いて嬉しいですね^^

この週末、5月26日の土曜日に氷ノ山の仙谷コース登山。

日曜日には神戸の好日山荘へ行ってきました。



氷ノ山は木曜日にソロで登ったばかり。

雪彦山に行こうかと計画していましたが、山ヒル情報に怯んでそちらは中止。

ならば、せっかくなので登ったことのないルートを行ってみようと、家族で仙谷コースに挑戦です。



8_20120528172519.jpg




氷ノ山は登山コースがたくさんあるのも魅力のひとつ。

この仙谷コースは、山頂もっとも短距離で急登。

どんなコースなのか楽しみだったのですが・・・。




続きもどうぞ♪
http://www.blogmura.com/   ←人気ブログランキング



人気ブログランキング







仙谷コースの登山口へはキャンプ場の方へ登って行かずに右折でスキー場の方へ向かいます。

DSC_1102.jpg




そのままスキーの民宿などがいくつかある中を道なりに進んでいきますと

駐車場の看板が見えてくるので、ここに停めます。無料駐車場。

トイレがないので、先に響きの森によってくるのもいいかもしれません。



この日は9時半過ぎという遅めの到着でしたが、先に停まっていた車は2台だけ。

ここから登る人は少ないようです。


仙谷コース⇒険しいV字谷の両側に、特有の巨木林や植物が見られるコース
中級~上級
所要時間 上り約2時間30分。下り約2時間
登山口  スキー場・アルパインゲレンデ(標高約800m)
       



我が家も準備して出発。

DSC_0792.jpg


DSC_0793.jpg






スキー場を右手に進みます。

DSC_0798_20120528095205.jpg





いよいよ森の中へ。

DSC_0802_20120528095552.jpg







立派なブナの木。

DSC_0826_20120528100131.jpg





登山道というより、本当に森の中。

DSC_0831.jpg



小学4年生のときの国語の時間。

「木漏れ日」という言葉を初めて知りました。

そのときから、この言葉の美しい音と想像がどんどん広がっていく言葉の雰囲気がとても好きです。


葉っぱが揺れると、足元の木漏れ日も一緒にキラキラ揺れる。

幸せな時間です。

DSC_0857_20120528145720.jpg






なにやら、穴を覗きこむのんのん。

「うさぎ、いないかな~♪」って。

DSC_0865_20120528101236.jpg


いやいや、ウサギっていうよりクマがいるよ。。。





DSC_0874_20120528101453.jpg




登り始めて、40分。

雪です。結構な量。

DSC_0882.jpg








そして、ここからが大変でした。

雪の重みで折れた木が行く手を遮り、枝をかきわけながら進んで行きます。

DSC_0899.jpg



残雪、倒木。。

目印もなく、途中からどちらに進んでいいのかさっぱり分からなくなりました。



人の足あとを辿っていましたが、途中でそれも見失います。



どう考えても、人の通る道じゃない・・・。


DSC_0904.jpg




進む方向がさっぱり分からなくなり、一旦引き返してみることに。

DSC_0905.jpg



そこに、一人の男性。

道を尋ねてみると、我が家が登っていたのとは逆の方向を指差されました。

あー、やっぱり間違えていたのね。



DSC_0914.jpg


残雪を横切り、谷の向こう側に行かないといけないようです。

DSC_0915.jpg

残雪の上にも倒木。




雪がゆるんで雪渓底部に陥没落下しないのか・・・と心配が案の定。


3人が渡りきり、しばらくしたところでゴーっっという足元に響くような音。

振り返ると、残雪の一部がすっぽり抜け落ちていました。

もし、ちょうどあの上を渡っていたら・・・。

そのまま、雪解けの冷たい川にぼちゃーん。




 「パパ、下山は普通に帰ろうね」  ←普通ってなんだ。普通って(笑)
 


 「・・・だよな」 




そんな会話がされたのは、言うまでもありません。







やっと赤テープ発見。

これを見ると本当に心強いです。

夏山開きが6月9日のようですので、道標の整備がされるとうれしいです。

DSC_0918.jpg



2月の大山のときも、今年は今までにない大雪と言われていましたが

氷ノ山も同じような積雪量だったのでしょうね。


木曜日に登ったときにお話しさせてもらった方からは「扇ノ山」(1309.9m)もまだ雪があると言われていました。

その扇ノ山では、22日に山に出かけた男性が行方不明です。(27日16時現在)

今朝、28日の新聞には三徳山の滑落事故のニュースも載っていました。

行方不明の方は心細いだろうに。はやく発見されるといいです。

DSC_0924.jpg





雪解けの川。

「ちょっと、水 飲んでみる♪」

DSC_0928_20120528105442.jpg



「ひゃー♪冷たーーーいっ!気持ちいいーーっ!」 

喜んでます。

DSC_0930.jpg






仙谷コースは上級者向けとありましたが、確かに・・・。

DSC_0927.jpg



山開きして、もっとたくさんの人が通るようになれば 踏み跡もでき歩きやすくなるんでしょうね。

そうなれば、とても気持ちのいいコースだと思います。

ちょっと、時期が早かったかなぁ。

DSC_0959_20120528160322.jpg


鎖場は特に心配することもないかと。

DSC_0936.jpg



仙谷から抜け出せたら、こしき岩のまき道。

ここを過ぎれば、氷ノ越えコースと合流します。


仙谷でハードに動いた後に、長く続く急登がじわじわと足に堪えてるかも。

パパはここがきつかったと言っていました。



獣のにおい(笑)もしたしね。

今回はちゃんと忘れずに持ってきた鈴を ここぞとばかりにジャランジャラン振って通りました。




登り始めから2時間かかって、合流地点。

DSC_0971.jpg



さぁ、ここからは歩きやすい登山道です。



足が疲労気味なので、ぼちぼち頂上を目指し

DSC_0975.jpg






12時40分山頂。

仙谷コース、2時間40分かかりました。





仙谷では誰ともすれ違わなかったのに・・・山頂はた~くさんの人でいっぱい。

三角点のまわりもごった返しているので、先にお昼ご飯。

DSC_0984.jpg

DSC_0986.jpg






食後、のんのんがどこかに行ってしまったと思ったら

「ママ~!」と呼ばれる声。

振り向くと、小屋の2階から顔を出しておりました。


DSC_0989.jpg



のんのんにカメラを渡し、撮ってもらった2階の様子。

ちゃんと、毛布などが置かれています。

DSC_0995.jpg
DSC_0994.jpg






下山前、「やっぱり三角点タッチしよ♪」とのんのん。

ジャージの中学生のなか、ターッチ。

DSC_1013.jpg





13時40分。下山開始。

DSC_1020.jpg

もちろん、氷ノ越えコースで。






途中、

「こしき岩に登ってきていい?もう少し、先に行ったら見えるから見てて♪」

とパパ。

見てて♪って、私は一緒に登っちゃいけないのかい・・・(--)


「のんのんも行く!」

と、二人で行ってしまいました。

DSC_1022.jpg


DSC_1033.jpg

ハイハイ・・・。

表情までは見えませんが、楽しげです。









調子よく下って、あっという間に分岐。


お地蔵さんにプラティパスのお水をおすそ分けして拝む小学6年生。

DSC_1053.jpg




頭に、笹の葉くっつけて・・・

「なんだか、自衛隊みたいだね」と言うと

DSC_1059.jpg



このポーズ。

DSC_1061.jpg

娘よ。。。
やっていることが、数年前と変わらないのはナゼなの・・・(--)





15時10分 下山。

途中、こしき岩に寄り道したのでこんなものかな。

DSC_1068.jpg


さぁ、ここから 仙谷コースの登山口の駐車場まで歩きますよ。


キャンプ場を抜けて、

DSC_1071.jpg



管理棟にジュースを求めて寄り道。

2_20120528155811.jpg



前に泊まったバンガローも通り過ぎ

DSC_1079.jpg



スキー場に向かってテクテク、テクテク。

DSC_1082.jpg



テクテク、テクテク。

DSC_1088.jpg



あったあった!プラドっち。

15時40分。

DSC_1092.jpg



仙谷コース。

残雪も倒木も多く、岩場の急登。

目印になるものがないので道を知らないと大変かもしれませんね。 

他の時期に行かれた方のレポを読んでみると、道標がしっかりして迷わないとありましたので時期にもよるかと思います。

登山の前には、そのあたりが整っているか問い合わせされるのも方法ですね。

後で知ったのですが、

5/21現在 仙谷登山道・・・大トチの下が崩れ。仙谷河原残雪多く危険。

と響きの森のHPにありました。

近場の山だとついつい情報収集を怠ってしまいがちなのを反省ですね。。。




GW前半の大山では筋肉痛が辛かったですが、坊がつるからはこっちは全くなくなり快適です^^

いや、全く。。。というのは、ちょっと見栄を張りすぎかも(笑)


パパは 「週末はのんびりと、けび大池にキャンプに行きたい~」

とぼやいていましたが、そこはあえて無視。

登山の日となりました。



まさか、翌日も朝から起こされ 思い立ったが吉日の妻から

「神戸に連れてってーー!」

なんて、言われるとは・・・。 

まだ、誰も知りません(笑)


いつになったら、パパはのんびりとキャンプの週末が過ごせるのでしょうか。



ブログランキング
関連記事

Comment

こんばんは!(^^)!

2週連続の氷ノ山・・コースが違えば全く別のお山のようですね~!(^^)!

おちゃめなノンちゃんがとても可愛いい~自衛隊風ショットいけてます♪
こんばんは

連続しての登頂はすごいですね。
やはり人の少ないコースは不安ですよね~
何ともなくて良かったですね。
キャンプ場懐かしいな~
氷ノ山再チャレンジしたいな~
  • 2012/05/28 23:32
  • yossi-
  • URL
こんばんは~!


まさか続けて…しかもこのコースを選ばれるとは!

私は登る前にHP見てたんで、荒れ放題なことは知ってたんです…レポに書いておけば良かったですね。

何事もなくて何より~というよりしっかり楽しんでる感がありますね♪

神戸のお買い物は何かな~?
piyosukeファミリー さんへ
piyoパパさん、おはようございます。

今回のコースはハードでした><
道に迷った時はびっくり(笑)
もう少しして登山者が増えたり整備されれば緑やお花が楽しめるいいコースだと思います^^

自衛隊バージョンに加え、卑弥呼バージョンもありました(笑)

piyoさんは、ソロ記念日の週末になったのかなぁ~^^
  • 2012/05/29 06:31
  • ぴょんたん
  • URL
自ら過酷なコースを選択するとは、もしかしてド〇・・・
氷ノ山は、やっぱりしんどそうですわ。
しかも、中~上級者コース登るなんて!

パパさん用にのんびりキャンプコース、ご用意しましょうか^^
yossi- さんへ
yossi-さん、おはようございます。

連続登山も体が慣れているせいか、久しぶりに登るより楽でした~^^
人の少ないコースは確かに不安です。
でも、この日の山頂はとーっても賑わっていたので
メジャーコースだと混み混みの登山道で自分たちのペースをつかむのが大変だったかな。

yossi-さんちも氷ノ山登山、またチャレンジしてください~。
  • 2012/05/29 07:54
  • ぴょんたん
  • URL
おはよう♪

>娘よ。。。
やっていることが、数年前と変わらないのはナゼなの・・・(--)
↑毎日、ぴょんたんを見ているから(爆)
でも、のんのんはかわいいからOKよ♪♪

新緑が気持ちよさそう♪
残雪もそろそろ本格的に融けだしてこんなところに
遭遇すると、ちょっとびっくりだね(^-^;

予習が苦手な我が家も
そろそろ色々情報収集はじめないとな~~(笑)
sana-papaさんへ  
sanapapaさん、こんばんは。

やっぱり、事前の確認は大切ですね~^^
このコースはハードでした~><

神戸は楽しみました^^
2時間半かけて好日山荘へ行く我が家。。。
こんなときは、都会の人が羨ましいです~(笑)

  • 2012/05/29 21:14
  • ぴょんたん
  • URL
たかみっちさんへ
たかみっちさん、こんばんは。

自分たちがド○の自覚はゼロでーす(笑)
氷ノ越コースならしんどくないですって!
たかみっち家なら、ちゃちゃちゃって登れます^^

パパ用ののんびりキャンプコース♪
セッティングはお任せしました~^^

  • 2012/05/29 21:19
  • ぴょんたん
  • URL
もえここさんへ
もえここさん、こんばんは~。

>↑毎日、ぴょんたんを見ているから(爆)
ふむふむ。。確かにその通りかもね~^^!・・・って。
何、言わせるんよー(笑)
私は、あんなの(←娘)じゃないはず(笑)

そろそろ、夏に向けてリサーチですか^^
我が家もその姿勢を見習って、ちゃんとしよっ♪



  • 2012/05/29 21:30
  • ぴょんたん
  • URL
こんな怖いコース。。。。
とんでもないです(ToT)
怖がり一家なので、想像を巡らせて・・・・
山登りもせず、帰ってしまいそう・・・

「こしき岩」。。。。パパと長女は絶対に行かない場所ですね^^;
ぴょんたんさま、あなたの辞書に「疲れ」という2文字がないことがわかりました!

週2回も登るなんて・・・!

しかし、のんのんは相変わらず可愛いですね!

匍匐前進してたら100点満点だったのに、おしい!
mimoriさんへ 
mimoriさん、こんにちは。

そうですねー^^
やっぱり、山開きしてからのほうが登山者にとっては親切ですよね。
とくに、こんなルートは。

こしき岩。。。
2年前は高度感が怖くて登れなかったのになぁ~と思い出していました^^

  • 2012/05/30 13:07
  • ぴょんたん
  • URL
りゃんさんへ
りゃんさん、こんにちは。

思ったらやりたいだけです。
思いつきで生きてますんで(笑)

登山道でほふく前進はじめたら・・・
「全然、進まないっ!」
って、置いていきます(笑)
  • 2012/05/30 13:13
  • ぴょんたん
  • URL
まいど~

すげー
こんな連続で、しかもこんなコース(汗)
これは、やはり上級者ですね

うちも一度家族で登ってみたいんやけどな
みゆが・・・いや、奥さんが・・・いやいや、
こうを背負った私が一番荷物かな
  • 2012/05/30 14:49
  • genki
  • URL
ちわー(^^)
相変わらずたのしそうですね!
見てる方も楽しくなります♪

スナイパーのんのんちゃん!
心強いですねー( ̄∇ ̄)

熊やイノシシが来てもやっつけてくれますよ(笑)

ウチも早く山に行きたいな…
早くお盆休みになって欲しいです(^_^)ノ
氷ノ山とは・・・兵庫県ですやん。
行ったことはありませんが地元です。

人がいないコースに行かれたんですね。
それも冒険。
登山の楽しみですね。

冷たい水の、のんのんちゃん
サイコー

・・・のんのんは小学生だったんですんね。
(再認識・・・)
自衛隊???でもいいです。

神戸の好日山荘、
ちょっと駅から遠かったですね。
(見ただけですけど・・・)
行ってみたいです・・・。
  • 2012/05/30 20:42
  • たとも
  • URL
genkiさんへ  
genkiさん、こんにちはー。

このコースはもう少ししてから登るのをおすすめします。
緑いっぱいの、いいコースだと思いますよ^^♪
こうくん背負っては大変そうだから、ソロで(笑)

家族みんなで登れるといいですね~。
げんきさんの体力次第?!(笑)
  • 2012/05/31 08:40
  • ぴょんたん
  • URL
なかさんへ
なかさん、こんにちは。

クマに出会わないよう賑やかに登ってます~♪
イノシシは・・・ぼたん鍋にしたいかも~(笑)

ありゃ。
お盆までお山はおあずけですか^^?
それは待ち遠しいですねー。
  • 2012/05/31 08:49
  • ぴょんたん
  • URL
たともさんへ
たともさん、こんにちは。

そうですよ^^
氷ノ山は兵庫県で一番高いお山です。
今度、帰省されたときでも登ってみてください♪

のんのん、6年生です^^
小学生で色んなお山に登れるなんて羨ましい(笑)

神戸の好日山荘。
私の癒しの場所です。
自宅から2時間半もかかるのがネックですが・・・
近いと散財するかもしれないので、ちょうどいいのかな~^^
  • 2012/05/31 08:59
  • ぴょんたん
  • URL
どもです~

ぴょんたんさんがソロで登ったときもファミのときも中学生の団体さんが来てましたね(笑)

氷ノ山って結構人気のお山なんですね~

でも、氷ノ越えコース途中にあった「こしき岩」は崖と同じように見ますが(汗)
間違えなく、あちきには登れそうにありません!!
みさきパパさんへ
みさきパパさん、こんにちは。

登りやすいコースもあるので、学校での登山にも良く使われるお山です^^
山頂が広いのもいいですしね。

こしき岩、2年前は高度感あるなぁと思っていたのですが
いろんなお山に登っていくうちに高度感の基準がずれたみたいです(笑)
みさきパパさんなら、余裕ですよっ♪
  • 2012/06/01 08:39
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
-
管理人の承認後に表示されます
  • 2012/05/29 00:21
  • URL