ブログランキング・にほんブログ村へ

雪の大山登山は北尾根コース



1月28日。

伯耆大山へ初めての雪山登山をしてきました。




密かに雪山に登ってみたいと願望はあったのですが

経験も知識も装備も不十分な我が家。

現実的ではありません。




家族だけではまずムリ。

冬山ツアーなんかもいいなぁ♪と昨年あたりから思っていたのですが、

のんのんも一緒となると年齢制限でほとんどが無理なものばかり。




そこで、今回は個人でガイドさんにお願いいたしました。




続きもどうぞ♪
http://www.blogmura.com/   ←人気ブログランキング


人気ブログランキング








事前のやりとりで、今回のコースと登山に必要な物などを教えてもらいました。




この大山登山のために買い足したものは

まず、こちら。

  ★パパはL。ママとのんのんはMを購入★

ワカンです。

スノーシューもいいかもしれませんが、

大鬼谷でレンタルしたときにとても重いイメージがついてしまったので

軽さを重視した結果、こちらになりました。

なんとか3人分揃えられる金額だったのもポイント^^







それから、パパとママにグローブ。












最近は雪マークの並ぶ天気が続いている山陰地方。

大山の積雪も、なんと史上2番目に多いそうです。




大山の麓には7時半に到着。

駐車場にはすでにたくさんの車。

スキーやスノボのお客さんで賑わっています。




そんな中、ザックを背負って待ち合わせの大山情報館へ。

DSC_0126_20120129163936.jpg





8時半が、ガイドさんとの約束時間です。

「○○さんですかー^^」

と、やって来られたガイドさん。

「はい♪今日はよろしくお願いします」

と。


登山前に準備体操。

DSC_0132.jpg

自分たちだけで登るときは、つい疎かにしがちなところです。


今度からしっかり体操しよっ^^







今日のコースは、

北尾根から行者登山道に合流して六合目まで。
下山は行者登山道から元谷経由、大山寺というもの。

ルート 北尾根




黄丸出発~赤線登り~青丸が六合目~緑線下り

北尾根ルート




さぁ、頑張りますよ^^!

DSC_0136_20120129170521.jpg






雪が多いなぁ。

モンベル大山店もすっぽり覆われています。

DSC_0143.jpg




DSC_0144_20120129170748.jpg







いよいよ、初ワカン装着。

パパとガイドさんに手伝ってもらいます。

初っ端からお世話掛けてすみません。。。

DSC_0145_20120129171144.jpg




ガイドさんは、MSRのシュノーシュー。

DSC_0152_20120129171437.jpg




誰の足あともない雪の中を進んで行きます。

1_20120131173255.jpg



P1140307.jpg



「北尾根のコースはとってもいいコースなんです。

 僕の先輩が見つけたコースなんですよ^^」


と、ガイドさん。

雪があるときにだけに登れる特別コースです♪(笑)



DSC_0183_20120131170249.jpg



トレースもなし、木に括りつけてあるようなピンクリボンの印もなし

そんな中、ガイドさんはラッセルラッセル。

頼もしいです。

2_20120131173255.jpg




DSC_0224.jpg





一面真っ白、方向性なんてさっぱり見当もつかない私。



登るにつれて雪も深く。



だんだんと吹雪いてきたり。


そんな中を黙々と登る4人。

daisen_20120131170823.jpg






谷になってる方に興味があったらしく のんのんが近寄りますが

すぐにガイドさんが

「のんのんちゃん あぶないよ!」

と、注意してくれました。

こんな雪庇にはご用心。

daisen 2





それから、木の周りは少しくぼんでいて その下には大きな穴があるんだそうです。

なので、なるべく木に近づき過ぎないように歩くこと。

こういう木のそばにある穴。

中は風に当たらないため、遭難者がこの中に身を寄せ助かることもあるそうです。

DSC_0277_20120131172040.jpg







登り始めて 約2時間40分経ったころ。

のんのん、弱気に。

テン泊の重たいザックを背負ってでも弱音を吐くことなんてあまりないのですが、めずらしい。

さすがに膝のあたりまで埋まりながら歩く雪山は疲れたかな。

daisen1.jpg




ガイドさん、そこで小休憩をとってくれました。11時40分。

ガイドさんからどら焼きとホットティーを頂き、のんのんんも笑顔に♪

DSC_0262_20120131181443.jpg

甘くておいしい~~♪

ごちそうさまです♪






雪のない登山では、行動食も簡単に摂ることができましたが 

雪の降りつけるなかでは、それもままなりません。

のんのんが元気なくなるのは お腹減り減りが一番の原因なので もっと考えてあげればよかったかな。







さぁ、もう少し登って行きますよ^^!

がんばれ、のんのん♪

がんばれ、ぴょんたん♪











あっ・・・。パパもね。


DSC_0255_20120131210821.jpg



さぁさ、親子3人必死でラッセル。


次回に続きます~^^


初の雪山 ガンバレガンバレ。愛のポチをお願いします♪



関連記事

Comment

こんばんはっ
すすすす、
すごすぎですー!!
とうとう、冬山登山なんですね!!

見てるだけで、なんか心臓ドキドキしてきました(笑)

のんのんちゃんも、よく頑張って登りました!

続きも、ドキドキしながら読ませてもらいますね~♪
楽しそ~♪
で・・・
のんのん♪
今回の記事で~
何回出て来たでしょう!?(笑)
こんばんは~

いつもは読み逃げしてしまってるんですが・・・
今日はあまりのすごさにコメせずにはいられませんでしたよ。

ガイドさん、ぴょんたんさん、パパさん、
そしてのんのんちゃん 本当にすごい!!

家族で一つの事に挑戦できるって素敵ですね。


大変そうだけど..

とても幻想的な景色で綺麗~♪

頑張れ! ぴょん家!+ガイドさん(笑)
  • 2012/01/31 22:41
  • MiyuMao
  • URL
こんばんは!(^^)!

迫力の大山ですね~(*^。^*)

冬の大山はちょっと怖いイメージはありますが、ガイドさんがいてくれると安心ですね~こんなラッセルしてみた~!(^^)!
こんばんは~。

冬の大山登山お疲れさんでした。
僕はスキー場にしか行ったことないですが、また違う景色が見れるんでしょうね♪

レポの続き、楽しみにしています。
こんばんは
でもすごいですね。
のんのんチャンはしんどかったかな。
での特別のガイドさんがいて安心ですね。
たまにはこんなツアーも面白いですね。
  • 2012/02/01 00:36
  • yossi-
  • URL
むむむ・・・無理だぁ~^^;
我が家では絶対に嫁がついてこない。。。

と言う前に登山暦2回だし(笑)
いやぁ~ホント凄いです^^;



あっ今度、涸沢~奥穂、北穂のコト教えて下さい(^^)
我が家も徐々に追って行きたいと思ってます(笑)
大山の積雪、史上2番目なんですか。

ガイドさんがいれば百人力ですね。
このガイドをどんどん吸収していって、今度は単独で登られるのでしょうか?
おはようございます。

ガイド付き
最近非常に興味持っています。
冬山だけでなく夏も^^;
子供がいるとまったく予想のつかない行動にでるし、そのあたりの危険予知はやはりプロがいいかなあって。
雪庇とか、なかなか見た目わからないですよね。
そんなわけで、続き楽しみ♪
  • 2012/02/01 08:04
  • URL
(・`д´・;)ス、スゴイ・・・。

トレース後もない、印もないなんて
ガイドがいなければ遭難しちゃいますね(; ・`д・´)

ワカンの使い心地はいかがですか?
興味津々です♪
すげ~~~(@@;)
このスタート時のラッセルはきついな~(^^;)

赤布あると安心♪

のんのんは3番手の方が登りやすい気がするけど、どうだったんだろ?
ガイドさんがいると心強いよね!!!
  • 2012/02/01 12:30
  • もえここ-papa
  • URL
うちの奥さんが、大山に登ったのかなぁって言ってたから、今年の大山の積雪量はハンパないから違うやろって言ったんだけど、大山かい!

でも、ガイドさんがいると安心安全でいいね!

うちは、りゃんに命を預ける無謀な奥さんとチビ怪獣です。
びっくりした! 
ガイドさんとだったんですか!^^
「家族で講習行きたいなぁと・・・」ってコメント!これだったんですね。

しかも大山とはこれまた驚いた。
ホントすごいラッセルですね。
こりゃお腹も空くよね、のんのんちゃん(笑)

みんなの雪山登山見てるだけで自分も楽しくなっちゃう~~
こんばんは(^ ^)

ガイド付きで冬山とはおそれいりました!
ぴょんたん家の行動力に脱帽です(*☻-☻*)
ただただスゴイの一言♪

我が家は低山で、しばらく修行だな~って思い知らされましたf^_^;)
いつかわ挑戦するぞ~!

のんのんちゃん、頑張りましたね!
ぴょんたんさんも、パパさんも(^ ^)
  • 2012/02/01 20:14
  • シュガー
  • URL
こんばんは


とうとう 行っちゃいましたか
すごいな~

今年も雪 多いんですね
頂上の小屋には入れたのでしょうかね?
僕も今月末行く予定です  靴が治ればね
続きのレポ楽しみです。
misakiさんへ
こんばんは~、misakiさん。

念願かなって行ってきましたー^^
ガイドさんのお陰で楽しかった~って思える登山になりました♪

ドキドキですか^^?
私も登りはバクバクでした~(笑)体力不足?

  • 2012/02/01 21:02
  • ぴょんたん
  • URL
フロッグマンさんへ
こんばんは~、フロッグマンさん。

>何回出て来たでしょう!?(笑)
えーーっ!
そんなこと言われるから、つい読み返して数えたよー><
確かに多すぎだわ~(笑)
  • 2012/02/01 21:04
  • ぴょんたん
  • URL
ゆうかんママさんへ
こんばんは~、ゆうかんママさん。

読み逃げ大歓迎♪
コメントも大歓迎♪

ホントですねぇ^^
家族でひとつのことに向かえるって嬉しいことです^^

一番大変で凄かったのはガイドさんです♪
お陰で楽しい雪山初体験となりました^^!
  • 2012/02/01 21:07
  • ぴょんたん
  • URL
MiyuMaoさんへ 
こんばんは~、MiyuMaoさん。

白黒の世界は圧倒されました。
そして、木の枝の雪がとても美しいんです^^

ガイドさんが頑張ってくれるので、
その後ろを歩く我が家は景色も雪もワカンも堪能いたしました^^
  • 2012/02/01 21:11
  • ぴょんたん
  • URL
U字さんへ
こんばんは~、U字さん。

スキーの方、とっても多かったです。
それを見て、スキー覚えたての娘はうらやましげでした(笑)

久々に筋肉痛を味わった登山でしたよ~^^
続きもまた読んでやってくださいー^^
  • 2012/02/01 21:17
  • ぴょんたん
  • URL
piyosuke-papaさんへ
こんばんは~、piyoパパさん。

夏山登山道なら100人ほど登っていたようでしっかり道ができていましたが
この北尾根コースは他の登山者はおらず。
ガイドさんのリードで登ることができました。

我が家のデッキではラッセルできそうなほど積もってますよー^^
いつでもどうぞ~^^♪
  • 2012/02/01 22:05
  • ぴょんたん
  • URL
yossi‐さんへ 
こんばんは、yossi-さん。

慣れないワカンとエネルギー不足でさすがに娘も疲れたみたいですー^^
行動食は大事です(笑)

ガイドさんのお陰でこんな体験ができたので、本当に感謝しているんです。
やっぱり、お山のプロはかっちょいいです^^!
  • 2012/02/01 22:06
  • ぴょんたん
  • URL
なかさんへ
こんばんは、なかさん。

雪のお山は初めてだし、今回はガイドさんのお陰で登れたんです^^
ファミリーだけではとても無理。

なかさんちの今年の目標は穂高ですかー^^
一緒にお山について語りたいですね~(笑)
  • 2012/02/01 22:16
  • ぴょんたん
  • URL
たかみっちさんへ
こんばんは、たかみっちさん。

ガイドさんはさすがです。
何のマーキングもない雪山を登っていくんだもん!
スゴイです^^。

単独ですか。
淋しがり屋なのでムリです~(笑)
  • 2012/02/01 22:19
  • ぴょんたん
  • URL
恭さんへ
こんばんは、恭さん。

ガイドさんは素晴らしいと実感。
家族だけでは不安なときはプロのアドバイスを受けるのもいいですよね^^

子どもはなぜか危ない方に寄りたがるし・・・。

>そんなわけで、続き楽しみ♪
続きも「さすが、ガイドさん!」ってところをたくさん書けたらと思います~♪
  • 2012/02/01 22:26
  • ぴょんたん
  • URL
wishさんへ
こんばんは、wishさん。

はい。
ガイドさんいなかったら、こんなところは登れません^^

ワカンはシュノーシューよりは沈むようですがここまで降っているとあまり関係ないような・・・。
あっ、でも 先頭のガイドさんが踏んでくれたあとを歩いているので本当のところはどうなんでしょうね。

ネットで調べたとき、このワカンは評判が良かったのでコレに決めました。
軽くて我が家的には良かったです♪
  • 2012/02/02 00:18
  • ぴょんたん
  • URL
新雪のなかをラッセル、いいですね。
踏み跡を付けていくなんて最高。

こんな日記を見ていると、行きたくなってしまう・・・。

ガイドさん、いいないいな。

またまた、装備が充実しましたね。
そのワカン、ほしいと思っていたんです。
スノーシューはいいけど、持っていくのは重そうで。

手袋もすごいいいのですね。

後半も楽しみにしています。

  • 2012/02/02 03:21
  • たとも
  • URL
ガイドさんが一番楽しんでたんじゃないですかぁ(笑
コレ大事です!ガイドさんが楽しければお客さんも楽しい(^_-)

エキスパのわかん、気になってます
スノーシューって確かに担いでる時って重いんですよね(汗
履いてる時は楽しくて忘れてるケド(苦笑

そうそう樹の根元に雪が無いのって・・・
「木の体温」のせいなんだと聞いた事が有ります
真意は定かでは有りませんが・・・?
確かに樹も生きてるんだなぁ~って思いましたよ

のんのんにそっと教えてあげて下さいネ(微笑
もえここ-papa さんへ 
こんにちは、もえここぱぱさん。

登りはラッセルのみだったから、先頭は大変だったと思います。
赤布ないんよ~。
それなのに、ちゃんと進んで行けるガイドさんはさすがだなぁ~って思いました^^

のんのん、最初は嬉しくてガイドさんの後をついていったけど
もえぱぱの言うとおり、途中から3番目になりました^^
私は4番目♪皆よりちょっと楽^^♪
  • 2012/02/02 10:25
  • ぴょんたん
  • URL
りゃんさんへ
こんにちは、りゃんさん。

奥さん、正解~♪
しかし、ガイドさんも初めてという雪の積もり方でした。
今年はよく降ります。
今日は大雪警報で娘は休校。外は吹雪の大荒れです。

初めての雪山はガイドさんと一緒で楽しかったです^^
りゃんさんも奥さんと息子くんのためにも楽しい雪山登山をね~♪
  • 2012/02/02 10:30
  • ぴょんたん
  • URL
みわりんさんへ
こんにちは、みわりんさん。

はい♪
ガイドさんと一緒でした。
みわりんブログが最後の背中を押してくれました♪ありがとうですー♪

ラッセルラッセルの雪山。
初めての雪登山がコレだったので、すっかり冬の山はそんなイメージがついてしまいました(笑)

大雪警報の鳥取。
外は数メートル先も見えない猛吹雪です。
今日は自宅のデッキで雪に埋まりながらの雪下ろし。
しか~し、かいてもかいてもどんどん積もっていくので怖いです><
  • 2012/02/02 10:42
  • ぴょんたん
  • URL
シュガーさんへ
こんにちは、シュガーさん。

行きたいと思ったら居ても立ってもいられない(笑)
すぐにガイドさんに連絡いたしました~^^

低山でも何かひとつメジャーなものがあると面白く登れますよ。
たとえば、険しい岩場だったり、ちょっとしたクサリだったり、○○県の一番高い山だったり^^
色々調べても面白いかも^^
  • 2012/02/02 10:58
  • ぴょんたん
  • URL
りんくんさんへ
こんにちは、りんくん。

はい^^行ってきました。
ガイドさんのお陰で楽しかったなぁって思える登山になりました。

今回は6合目を目指して行ってきました。
いつか、頂上まで行けたらいいなぁ。
りんくん、登山予定ですか。
いいなぁ~^^
  • 2012/02/02 11:19
  • ぴょんたん
  • URL
たともさんへ
こんにちは、たともさん。

ガイドさんが一緒だと本当に心強いです^^
初ワカン歩きは楽しかったですよ♪

私もとにかく軽量のほうが良かったのでスノーシューではなくワカンで探しました。
これは、アイゼンも一緒に付けられそうなので、それもいいなぁと^^

ブラックダイヤモンドのグローブは定番品で安心して使えました^^
  • 2012/02/02 17:32
  • ぴょんたん
  • URL
雲さんへ
こんばんは、雲さん。

なるほど~^^
我が家が楽しかったのは、ガイドさんも楽しかったからですね^^!

あまり分からず、評判が良さそうだったのでこのワカンにしました。
スノーシューは高いし・・・><

樹の話。
のんのん、「そうだよねぇ。木も生きてるもんねー」としみじみ♪
そして、「抱きつくとあったかいもんね^^!」
って。
ん?そうなん?(笑)
  • 2012/02/02 17:38
  • ぴょんたん
  • URL
鳥取や豊岡の雪のニュースを見ました。

大丈夫でしょうか?

こちらは寒いだけで、雪は降っていません・・。
  • 2012/02/03 05:40
  • たとも
  • URL
たともさんへ
おはようございます、たともさん。

はい。
今日は晴れてます。
警報も解除され、娘も学校へ^^

また、来週寒波が来そうですねー。
  • 2012/02/03 09:26
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)