奥穂高岳登山

9月23日~25日。再び涸沢へ、そして奥穂高岳登山をしてきました。



24日。今日は奥穂高岳へ登ります。

朝、3時30分。

パパに起こされるものの、寒さと眠たさでシュラフから出られません。


「あと、10分~~」

と、言ったのは何となく覚えているんですけどね^^



涸沢、2日目の朝は着替えるのもイヤになる寒さです。


なんとか、やっと起きだしてみたものの 外は真っ暗。

まだまだ奥穂高岳アタックへの意欲が沸いてきません。

それでも、着替えをしつつ準備もしつつ。。。そのうちに目が覚めてきました。


ぎりぎりまで寝かせていたのんのんもそろそろ起こします。


すっかりお気に入りのパリジャンに生ハムとソーセージを挟み、簡単サンドを作りながら出発準備。


ヒュッテでホットカルピスとホットミルクを頼み、サンドをほおばりました。


空にはまだお月さまも見えます。

DSC_0189_20111003104458.jpg



続きもどうぞ♪
http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング


http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング


人気ブログランキング





まずは涸沢小屋へ行き、そこから奥穂へアタック。

DSC_0226.jpg


ちょうど涸沢小屋へ着いたころ、穂高連峰が朝日に照らされ始めました。

どんどん明るくなる山とまだ陰の中で目覚めを待っている山。

目の前にはそんな光景が広がっています。



DSC_0210.jpg


奥穂



ひとまず、穂高岳山荘を目指して登る岩場。

DSC_0272_20111003131833.jpg


DSC_0266.jpg





しばらく登っていると、足元に白いものがチラチラと見えてくるように。

初めは、なんでこんなところにビニール紐があるんだろう・・・と思っていたのですが

よーく見てみると、立派な霜柱。


のんのん、「初めて見たー!」ととても喜んでいます。

DSC_0279_20111003132223.jpg

手に取ると、「アメ細工みたい♪」と。

DSC_0280_20111003132222.jpg




6時56分。

広い場所にでたので、休憩タイム。

小屋のお弁当を食べている人たちもいます。

のんのんは、相変わらずパリジャン(笑)

DSC_0291.jpg


先は、まだ長そう。

DSC_0292.jpg



エネルギーを補充して、出発。

ここを過ぎたあたりから、険しい岩場が続きました。

DSC_0297_20111003133728.jpg


DSC_0303_20111003133728.jpg



DSC_0307.jpg


DSC_0334_20111003134141.jpg



DSC_0311.jpg


しがみつくような岩場を乗りきり一呼吸。


DSC_0322.jpg


と、またまた大きな岩場がでーーんと現れました。

ここから、穂高小屋まで最後の岩場を越えていきます。

DSC_0325.jpg



DSC_0328_20111003135347.jpg



s1.jpg








8時7分。

穂高小屋到着。

DSC_0342_20111003135533.jpg


ほぼ、垂直に見える岩場。
そこを奥穂岳山頂を目指し、登っている人が見えます。

DSC_0346_20111003135632.jpg

我が家は、30分ほど小屋でひと休み。

DSC_0352_20111003140144.jpg


あったかおうどんも注文。

DSC_0357_20111003140144.jpg

DSC_0374_20111003140322.jpg


座ってしまうと、お尻から根っこが生えたようになりますが

人も多くなってくる一方なので

それっ!と気合を入れて立ち上がり、奥穂岳山頂を目指します。



8時31分。

DSC_0371_20111003140733.jpg


DSC_0373_20111003140733.jpg

あぁ、あんなとこ登るのか・・・。
目の前の岩にちょっと憂鬱なのは私だけのようです。




垂直の岩場を越えたら、またまたガレ場歩き。

奥穂Z




そのうちに、目の前にジャンダルムが で・で・でーーん!! と見えてきました。

凄い迫力。

DSC_0399.jpg




山頂付近は、写真撮影渋滞。

もうすぐ、立つ山頂を見つめるのんのん。

どことなく、嬉しげです♪

DSC_0392_20111003143134.jpg

10分ほど並び、近くにいた方に撮ってもらいました。

9時54分。

奥穂高岳 3190m 山頂。

DSC_0406.jpg



奥穂までの道は、ガレガレですが景色は最高です。

この日の天気のお陰もあり、槍ヶ岳がくっきり。その後ろには白馬岳も見えます。

反対側は、遠く富士山も見えました。

DSC_0375.jpg


360度、どこを見てもずーっとずーっと遠くまで見渡せるのは素晴らしいです。



DSC_0438.jpg


DSC_0401_20111003144147.jpg


下山は、ずっと槍を眺めながら。

なんて、贅沢!

DSC_0489S.jpg



DSC_0502S.jpg


DSC_0558.jpg



最初の急登まで下りた時、登山渋滞。

列を待っていると、なんともイヤな音が上からして「ラクラクっ!!」と聞こえました。

小さな石が落ちて、下にいる人の帽子のつばにあたりました。

石が小さくてよかったけれど、7月の奥穂での落石事故も記憶に新しいので

これが大きな石だったらと考えると、ゾッとしました。






下りの順番を待っているとき、今度は下から「キャーーっ」「大丈夫ですか!」と声が聞こえてきました。

最初の急登で、滑落?

見えない分、そんな声が聞こえてくると怖いです。





渋滞をなんとかしようと、一人の男性が仕切ってくれました。

「次は、こちらから25名下りますので、待ってください」

登りの人と話がついたようで、いよいよ最後の下りへ突入です。

その男性は、最後尾(たまたま私の後ろ)について、下山。

待ってくれている方々にお礼も言われておりました。

スローペースで下りるのんのんにも「焦らなくていいから」と声をかけてくれ心強い。

ありがとうございました。



穂高小屋に戻ってきたのが11時。

ここで、昼食。

のんのんはラーメン。

DSC_0569.jpg


パパはカレーライス。

DSC_0570.jpg

わたしはどうやら高山病にかかってしまったようで、気持ち悪く食欲がありません。

ホットカルピスを頼み、持っていたマドレーヌをなんとか食べました。



食後は涸沢岳を目指したいのんのんでしたが、
テンバまでの下りの体力を考えるとキツイと思い 今回は、諦めてもらうことに。



11時48分。

小屋の前で、カメラ片手に鳥さんを追いかけまわしてのんのんに声をかけ、下山開始。

P1120687.jpg


穂高岳山荘のテンバ。

いつか、我が家もこんなところまでテントを担いでこれるのかな^^

P1120695.jpg



「奥穂は素晴らしかったね」と、話も弾みながら下山です。

P1120698.jpg


が、涸沢小屋もテンバももう少しという時

登りと違ったルートをとパノラマコースを選択したのが間違いだったようです。


DSC_0581.jpg

こんな、歩きやすそうな岩場が続くと思いきや・・・

最後の最後でガレ場ガレ場の連続。

下りの足に堪えます><

DSC_0591D.jpg


トイレに行きたいのんのんは、どんどん先に進んで行くし

それを追いかけるパパもどんどん行ってしまうし

足の痛みを感じながら、ポツリポツリと一人マイペースで下って行きました。

DSC_0625S.jpg


DSC_0630_20111003173042.jpg



DSC_0645.jpg



最初に到着していたのんのんから、遅れること20~30分。

テントに近づいていくと、待っていたのんのんが迎えに来てくれました。

DSC_0650.jpg


私の到着 14時28分。

無事、テントまで戻ってこれました^^



7月の北穂高岳に続き、奥穂高岳にも登頂できたのはとても嬉しいこと。

穂高連峰は、我が家にとって特別な存在です。

http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング


http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング




関連記事

Comment

子供がこのブログを見て、奥穂か北穂に登りた~い^^と馬鹿なことをいっております。
無視しときます。

来年辺りチャレンジ出来たらなぁと思っていますが、ブログからは伝えきれない難所もあるんでしょうね。我が家のバイブルとして拝読させて頂ますね。
涸沢のモルゲンロートがいいですね。
もう、寒いですよね。
早くシュラフから出たからこそ、このモルゲンロートがあったのでは。

でも、霜柱が初めて???
家の近くではないんでしょうか???

そうそう、奥穂のハシゴ、渋滞するんですよね。
取り仕切る人が必要です。
しかし、1回に25人は多過ぎかも。

涸沢岳をパスされたんですね。
20分ほどで登れるので、惜しかったかも。

プレのblogを見て、ジャンダルムに行かれたと・・・。
なんか、簡単に登れるルートもあるとか。
私にぁ無理ですけど。

今週末、涸沢にアタック予定です。
前回行けなかった北穂に行きたいですわ。

全く、逆のコースですね。
  • 2011/10/03 21:25
  • たとも
  • URL
おめでとうございます。
穂高連峰制覇いいな~。

でもほんと寒そうですね~
暗いし寒いしテントから出るのが辛いですね~
でも太陽が出てきて暖かくなってくる感じがいいですね~
ここは岩場で急なんですね。
落石だけほんと怖そうですね。

次はどこなのかな~
  • 2011/10/03 22:02
  • yossi-
  • URL
すげぇ!
こんばんは!

おぉ!!
絶景ですやん!!
360°大パノラマですねぇ!!

でも、ちょっと怖そう・・・。
やっぱりお山は楽しいのと危険が背中合わせなんですね・・・。

だからこそ、辛い思いをして登りきった頂上での喜びになるんでしょうねぇ!!

これからの紅葉の時季に行ってみたいです!!v-34
こんばんは!(^^)!

オクホ登頂おめでとうございます♪
最高のお天気で気持ちよさそう~(*^。^*) 


我が家にとってはオクホはまだちょっと危ないから・・まずはキタホからと言ってなかなか行かせてもらえません・・・(笑)(^_^.)

こんばんは(^-^)w

ん~やっぱり難所続きだぁ~~(^-^;)
こんなおっきい岩をのんのんよく頑張って
登ったね~~♪
のんのんの表情からは、まだ余裕が感じられるけど。。。
で、ホントに頑張ってたのは、ぴょんたんだったりもする?!(笑)

下から見てても、働きありさんのような行列、
無事で何より!!
下で待つ身に、ヘリの音は不安が募りますから(^-^;)
たかみっちさんへ
こんばんは、たかみっちさん^^

おぉ~!お子さん、登る気になっているんですね!
お父さんとしては、嬉しいのでは^^?

来年。みなさんでチャレンジできるといいですね♪
高度をかなり感じますので、それがクリアできればあとは安全に気をつけて^^
我が家も涸沢はまた来年だなぁ~。
  • 2011/10/03 22:39
  • ぴょんたん
  • URL
たともさんへ
こんばんは、たともさん^^

モルゲンロートはやっぱりよいですねー。
早起きの甲斐ありました^^
梯子渋滞。登りはスイスイ行けたのですが、下りて来た時には登りも下りも大勢並んでいてびっくり。
一度に25人は、多いんですね^^こちらも随分待ったのでそういうふうにされたのかな。
ジャンダルムへの道は、見ているだけでゾクゾクって感じでした。
いつかはここを超え、西穂高行けるのでしょうか。

週末は涸沢ですか^^小屋も2倍以上の予約があるってHPに書いてましたね。テンバも賑やかいでしょうね。
紅葉に染まる涸沢。ぜひ、楽しんできてください^^羨ましい~♪
北穂高岳登山も!お天気に恵まれるといいですね♪
  • 2011/10/03 22:49
  • ぴょんたん
  • URL
yossiさんへ
こんばんは、yossi-さん^^

ありがとうございます。
氷ノ山から始まった我が家の登山。ここまで登れるようになるなんて思ってもなかったです^^

登り始めは、フリースにダウンにニット帽子でしたが日が昇るにつれ暑く。。。
気温の差が激しく、ウェアを着たり脱いだり。大変です><

穂高小屋までの岩場も急で、怖いなぁと思ったところもありましたが、
山頂周辺の景色は最高でした。

次ですか~^^
大山や氷ノ山の紅葉はまだ早いしなぁ。それとも、秋キャンプするか。。白紙状態です~。
  • 2011/10/03 22:58
  • ぴょんたん
  • URL
おめでとう!

いやいや、どんどん先に行かれるなあ

下りのガレ場の辛さ(x_x
私も大嫌いです

それにしても、3まいめの写真
あんな綺麗な色が自然界にあるなんて
写生しても、絶対に信じてくれへんな
こんばんは~!

こんなスゴイとこ登ったんですかぁ!
のんのんちゃんもすごいなぁ…。
私は全く自信がありません。

あ、余談ですが録画しておいた「天空の宿に泊まろう!~にっぽん山小屋物語~ 」途中まで見ましたよ~。どこかに映ってないかな~?
奥穂は大変(=危険)ってイメージが強いから、やったねって感じ!

やっぱり若さは強いですね!のんのんの体力が驚異的についてきてる気がします!

ところで、ぴょんたんさんは、登山のために筋トレとか強化トレとかされてるんですか?
こんにちは!(^^)!

朝はやっ(@@;)
ぴょんたん家が穂高小屋でうどん食べてる頃、さぁ~行こうかな~ってテンションでした(笑)

いや~!こちらでも「ラ~~ック」て響いてたのであちこちで怖いね

浮石は見分けないとだね!!!
  • 2011/10/04 12:39
  • もえここ-papa
  • URL
アイアン・ボーイさんへ 
こんにちは、アイアンボーイさん^^

はいっ!超絶景でした。
ぐるりとどこを見ても大満足。
登ったかいがあります。

7月の落石事故のこともあったので、落石には我が家だけでなく登っておられる方みなさんが敏感になっていたように思います。

これからは紅葉のきれいなときでしょうね。
私も来年か再来年かその次か・・・(笑)紅葉シーズンにも登ってみたいです♪
  • 2011/10/04 16:51
  • ぴょんたん
  • URL
piyosuke-papaさんへ  
こんにちは、piyoパパさん^^

ありがとうございますー♪
本当にお天気もよく、あっち見てもこっち見ても振り返って見ても大満足の景色が広がっていました^^
富士山が見えたのは、娘が大喜びしてくれました♪

まずは北穂から♪
次の3連休に挑戦されるのでしょうか~^^
  • 2011/10/04 17:01
  • ぴょんたん
  • URL
もえここさんへ
こんにちは、もえここさん^^

そう、頑張ったのよ・・・私(笑)
穂高山荘では、なんだか気持ち悪いし。
どうしても高山病って認めたくなかったけど、きっとそうなんだろうな・・・。
それに加え、パノラマコースの下りはかな~り凹んだんよ。
トイレに行きたい娘のスピードに全然ついて行けなかったわ(><)

この日は、滑落事故もあってヘリの音がすごかったね。
>無事で何より!!
うんっ。ありがとう!
  • 2011/10/04 17:08
  • ぴょんたん
  • URL
こんばんは!

朝3時半起床とは早いですね~!
それに霜柱が立つほど寒いんですね

ガレ場、岩場の疲れも吹き飛びそうなくらい、奥穂山頂より見渡す景色は最高なのでしょうね

それにしても、大変そうな岩場を登るのんのんちゃんの姿に拍手で~す♪
家族揃って奥穂の頂き、カッコイイ!おめでとう(^^)
もう凄すぎです。
私はそんな根性まったくありません。

何食べたらそのような根性が付くの?
→お野菜のお鍋?(笑)
genkiさんへ
こんばんは、げんきさん^^

ありがとうです~^^

今回のパノラマコースの下山はかなり辛かったです(涙)
下山のガレ場は足にひびくよねー><

朝日に染まる山々はとても神秘的で、美しくて。
本当に素晴らしかった。
それにしても、「写生」なんて発想がとても新鮮!^^
最近はデジタルばかりだもんね。
  • 2011/10/04 23:22
  • ぴょんたん
  • URL
sana‐papaさんへ
こんばんは、sanaパパさん^^

「天空の宿に泊まろう!~にっぽん山小屋物語~ 」アレを見ると、小屋もいいなぁって思いますよね~^^
知らなかった小屋もたくさんありましたし^^

奥穂はところどころガレガレの場所があったので、ちょっと怖いなぁと思ったこともありましたが
頂上に立てたことは本当に嬉しく思ってます♪
お天気も良かったこともあり、恵まれた山行となりました^^
  • 2011/10/05 21:00
  • ぴょんたん
  • URL
りゃんさんへ
こんばんは、りゃんさん^^

はい!やりました^^V
たしかに、奥穂は落石でひやっとする場面もあったんですが頂上まで登れたのは嬉しかったです。

のんのんは、私より体力あると思いますよ~。
私は、とくにトレーニングはしてないですねー^^
身近な山にもう少し定期的に登るといいんでしょうけどね。
秋は熊さんが怖いので、またそれも遠のくかな~。。。

  • 2011/10/05 21:08
  • ぴょんたん
  • URL
もえここ-papa さんへ 
こんばんは、もえここパパさん^^

うどんの頃に出発ですか~。
ちょうど、渋滞が発生しそうなころですねー(笑)

落石を知らせる声は、ドキってするよね。
ガレガレの中、浮石を見分けるのは難しいなぁと思いました。
落ちてくるのも怖いけど、自分が落とさないようにすることにも本当に気をつけた登山になりました。
  • 2011/10/05 21:12
  • ぴょんたん
  • URL
シュガー2さんへ 
こんばんは、シュガーさん^^

私の地方では、雪が降る方が先で なかなか霜柱って見えないんです。
なので、とっても寒かったけど 霜柱が見えたことは寒いより嬉しい方が勝ちましたよ~^^

娘は、弱音も吐かずよく登ってくれました。
今回は私が一番凹んでました・・・><
もう少し、がんばんなきゃ。。。です。
  • 2011/10/05 21:17
  • ぴょんたん
  • URL
なんつぃ~さんへ 
こんばんは、なんつぃ~さん^^

家族と一緒だから登れんです。
一人で涸沢まで来れるなんつぃ~さんは凄いですよ!
私には山道のキツさを一人で抱えきれません。

>何食べたらそのような根性が付くの?
>→お野菜のお鍋?
そりゃ、そうでしょ~(笑)
だから、がんばって担いでねーー^^
  • 2011/10/05 21:22
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)