「白馬鑓温泉~猿倉」と「縦走の振り返り^^」

8月12日~15日。テント泊、白馬縦走をしてきました。

白馬鑓温泉でゆっくり温泉に浸かった 縦走最後のテント泊。

最終日は、7時出発とゆっくり。

最後はのんのんに記念撮影をしてもらい下山です。


鑓温泉下山日




ブログランキング

続きもどうぞです♪
人気ブログランキング





DSC_0960.jpg




隣を流れる温泉の川。熱が伝わってきます。

DSC_0962.jpg




DSC_0965.jpg




ガレ場が続く下山道。

DSC_0969.jpg



DSC_0972.jpg




DSC_0983.jpg




P1120426.jpg






落石が多いからと、とくに注意して歩くようにと
講習会で注意のあった場所。

DSC_0988.jpg



P1120431_20110907214209.jpg


こうゆう場所では、停まって休憩しないようにゆっくりでも前に進むこと。
大きな声で話していたら、落石に気付かないことがあるの静かに進むこと。
(それぞれが付けていた、クマよけの鈴を外しました)
常に上を確認し、落石がないか注意すること。
前の人との間隔をあけ、落石があった場合は大きな声で知らせること。
もしも、休憩等する場合は上を見ながらすることなどなど注意点を教えてもらいました。



そんなことを実践しながら進みます。

何もなければ、大袈裟かなぁと思うようなことですが いつ落石があるかなんて分かりませんもんね。

P1120434_20110907214943.jpg




P1090183.jpg

P1090186.jpg


一息ついたとき、歩いて来た山を振り返ります。


DSC_0999.jpg

ずいぶん 下りてきたなぁ。。。



達成感よりも
なんだか、寂しい気持ち。

P1120437.jpg


P1090188.jpg





下りながら、ひらけた場所がありました。




そこで、休憩していたご夫婦が声をかけてくれました。

「4日間、ずっと同じ行程でしたね^^」

で、のんのんに向かって「大池で草笛、習ってたね。吹けるようになった^^?」と

ふふ。練習しなきゃね^^





そして、もうひと組休憩されてたご夫婦。

そちらは温泉の内湯でお湯の掛け合いっこをしたおばあちゃんでした。

下山もお互い、頑張りましょうねー^^と声を掛け合います。

P1090195.jpg





足元は相変わらずのガレ場。
樹林帯に入ってきました。

P1090196.jpg




時間帯でしょうか。

猿倉から登って来られる方とよくすれ違います。

P1120438.jpg



P1120439.jpg





靴紐がほどけたのんのんが しゃがんで紐を結び直していると 

下山していく一人の登山者がのんのんの頭をトントン。

何すんのよ~。みたいな表情で顔をあげたのんのんに、

「バイバイ^^」を手を振ってくれたのはあの耳の聞こえないお兄さんでした。


P1090198.jpg

P1090200.jpg




もうすぐ、猿倉。

DSC_0007_20110907221351.jpg


この辺りから、白馬の大雪渓を見に行く観光客と登山者とが入り混じります。




下山は、最終日ということもあってか体が重く休憩も何回かとりながらとなりました。



猿倉荘到着。11時34分。
相変わらず、コースタイム プラス1時間の我が家です。

DSC_0010_20110907221447.jpg






ここからは、タクシーで八方の駐車場へ。

DSC_0011.jpg


白馬駅に行く埼玉県の父子さんと乗り合いができたので、駐車場までの料金は1800円。

ついでに、運転手さんに駐車場すぐそばの温泉を教えてもらい そこで汗を流すことに。

割引券をもらい、100円引きの大人400円 子ども200円。

山では、環境保護のために歯磨き粉や石鹸類は一切使用してないので

ここで思う存分、体も頭も歯も2度洗い、3度洗い(笑)

やっと、スッキリです。








さて、無事
白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳と5つ山のピークも踏み、
3泊のテント泊も終えることができた我が家の白馬縦走。

縦走ルートS


計画段階で、一般向けが1泊のコースは2泊で、2泊のコースなら3泊でと思っていました。
重たいザックを担いでの縦走のうえに、ただでさえコースタイムの遅い我が家。
ザックを担いでピーピー言いながら登った涸沢までの道のりを思い出すと、
ゆとりを持ちたかったのです(笑)

DSC_0559.jpg





白馬といえば、大雪渓。
初めは、大雪渓を登り、白馬三山のコースも候補に挙がりました。
猿倉⇒大雪渓⇒白馬岳⇒杓子岳⇒白馬鑓ヶ岳⇒鑓温泉⇒猿倉

反対回りのコースで歩かれている方も多かったです。


DSC_0593_20110829164630.jpg



でも、4日間もあるのにこれでは短いかなと、

今回のコース
栂池⇒白馬乗鞍岳⇒白馬大池⇒小蓮華山⇒白馬岳⇒頂上宿舎⇒杓子岳⇒白馬槍ヶ岳⇒鑓温泉⇒猿倉

を計画しました。
ここでも、反対に回られている人も多かったです。


どうしても、鑓温泉には入りたかった(笑)!唯一、こだわった場所です♪

DSC_0950s.jpg




登山口と下山口が違うので、車をどうしようかと思いましたがそれは問題なくクリア。
八方の無料駐車場を利用すれば、登山口の栂池にも下山口の猿倉にも行きやすいです。

DSC_0003.jpg




さて、今回のコース。
コースタイムを見ると、だいたい一日5時間ほど歩くことに。
と、いうことは 我が家はそれにプラス2時間ほど足して考えました。



朝も早起きして(山では普通かな)、ゆっくり歩いてもお昼過ぎにはテンバに到着できるのが目標。

そのおかげもあってか、テンバでは設営の場所に困ることはなかったです^^



白馬頂上宿舎で受けた講習会は
我が家のルートであった鑓温泉と唐松岳・不帰キレットのほうへ行く登山者に向けてのものでした。

kanban2_20110828235019.jpg

講習会では、これらの道が いかに大変で危険を伴うかを懇々と説明されます。
とくに、
「不帰よりも、鑓温泉へ向かう方が私はイヤなんです。とくに、鑓温泉から先は、一番危ない。山では落石とカミナリは、自分がどうにかして回避できるものではないから」
なんて、言われたときには頭がクラクラ。
これから歩くコースに不安を覚えた私。
心配で心配で、せっかくのバイキングもあまり喉を通らないし、ビールも飲まず(あ~、珍しい 笑)

コース変更したいと思っても、大雪渓を下るか、来た道を帰るかくらい。
夕食後相談にいきました。

今までのコースとこれからのコースをお話すると、「大丈夫でしょう」と。
「いざとなったら、娘さんの荷物はご両親で手分けして下さい」と言われました。

我が家のゆっくりなペースも、
「登山はなるべく汗をかかないのがいいんですよ。それくらい、ゆっくり歩くのがいいんです」
と言ってくださり、心強かったです。
「天気はこの2日間降っていないし、今日も天気予報では午後からカミナリと出ているけど 静かだらから 明日から崩れるかもしれない。でも、午前中なら大丈夫」
と言われたので、早起き決定。
不安を抱えて歩くより、それが早起きで解消されるなら 頂上小屋での3時半起きもなんのその(笑)



結局、4日間雨には降られず。

そこだけは、天気予報と遭難防止対策協会方の予想を嬉しい方に裏切ってくれました。




実際歩いてみて、過去に死者が出ている鑓温泉前のクサリ場は確かにツルツル滑り、
私の前を行く若いお姉さんは こんな私でも思わず声を掛けてしまったほど
腰が引け、足が前へ出せずにいました。

P1120406.jpg

我が家は昨日の話を聞いて、ずいぶん心構えをしていたせいか
これで終わり?という印象だったのですが
それと同時に、警鐘を鳴らすのも彼らの大切な役目なんだと思いました。


遭難についてもお話があり、そこで手帳を取り出し最近の状況を説明される中で
登山歴の長いベテランが多いことにも触れられていました。

30年山を登っていれば、自分も30年分、歳をとっていると。
なるほど。

講習会に顔を出されている方はほとんどが若い人たちでしたけどね。

せっかく、専門の方にお話しを聞ける機会があるなら 参加してみるのもいいかと。
きっと、有意義な時間が過ごせるかと思います。







ザックの重さは やっぱり今後の課題になりそうです。

今度、中身公開でみなさんに要るモノ要らないモノの仕分けをしてほしいくらいです(笑)


パッと思い浮かぶのが、SPのソロテーブル。
なくてもいいと思いますが、雨でテントの中で調理することを思うとあった方がいいかとも思うし。
調理担当のパパは、あれば便利!と言ってますけど。
まぁ、いいんです。担ぐのはパパなので(笑)


GRIVEL(グリベル) トレッキングチェア3も要るのか要らないのか。
これも調理する時にはあると楽だと。やっぱり調理担当者の意見です(笑)
もちろん、こっちも担ぐのはパパ^^
ちなみに私はご飯が出来るまでゴロゴロ~ってしているだけ。
なので、パタパタたためる黄色いマットがあればOKです~♪


あとは、いつも使用しないまま持って帰る予備のガス缶複数。
なんだか、調理関係ばっかりだ(笑)

P1090189.jpg





いろいろ課題も出てくるかと思いますが


とにもかくにも



空は広いし、山は大きかった!


大自然の懐にすっぽり包まれた4日間なのでした。

DSC_0739.jpg



長いレポになりましたが、
お付き合い下さったみなさまありがとうございました。


こちらもポチッとよろし子でーす!!
    
関連記事

Comment

ホントいいですね~
いろんな計画をして心配事も沢山ありますが
楽しめてよかったですね~
でもいろんな知識が必要になってきますね。
経験しないと解からないこともあるのでしょうね。
  • 2011/09/08 22:34
  • yossi-
  • URL
お疲れ様でした♪

読んでいるこちらまで行った気分に
させてくれてありがとう!!
ぴょんたんさんのレポ見て、
勉強になることいっぱいです。
山で一番怖いのは。。。
やっぱり自分かな。。。過信せず
慎重に、ゆっくりゆったりがいいですね♪
のんちゃんお疲れ様~よく頑張ったね(*^-^*)

鑓温泉、我が家もいつかは!!
yossi- さんへ 
こんばんは、yossi-さん^^

計画しているときは、楽しいですね~♪
我が家は、まだまだ知識も経験も足りないので、今回の縦走で貴重なお話が聞けたことは勉強になりました^^
下山は登りより体は楽だけど、なんだかこれで終わりかと思うとテンションも上がりませんでした~^^
しんどくても、やっぱり登るのは楽しいかも~^^
  • 2011/09/08 23:09
  • ぴょんたん
  • URL
もえここさんへ
こんばんは、もえここさん^^

あの講習会での話。
ビビりの私にはちょっと刺激が強すぎました><
お陰で、超慎重に山道を進めたかと思います^^

白馬鑓温泉。
papaさんと一緒に体育会系は封印で、まったり~~としてきてねー(笑)
  • 2011/09/08 23:21
  • ぴょんたん
  • URL
感動の完結編でした。

講習で気を引き締めることができたのが、
よかったのかもしれませんね。

今年の夏は、天候が良くないので4日間の晴天は
羨ましいばかりです。

テーブルやイス、取捨選択は難しいですね。
拘れば、持っていくしかないかも。
人によって価値観は異なりますからね。

このルート、行ってみたいです。

はて、いつになることやら。

お疲れ様でした。

最後の写真なんてサイコーです。
お疲れ様でした。(^^)
講習会、私も聞いてみたいです、為になる話なんでしょうね。

荷物は難しいよね、私の場合「なかったら困る」というものだけ持っていくようにしましたよ。

今後どこの山を登るのか、こちらが楽しみにしていますよ。(^^)
4日間、天気に恵まれ、また、登山中に出会った方に再会するなんて、世間はせまいですね^^

いろいろ勉強になりました。

現在、ザックの中身を整理してますが、やっぱり心配なのは食料と燃料でしょうか?
とりあえずテーブルと椅子は、今回はなし!ということで・・・
  • 2011/09/09 08:29
  • たかみっち
  • URL
最後まで気の抜けないコースなんですね。のんのんちゃんも頑張りましたね。

下りてきた時のさびしい感じ、あれだけ素晴らしい景色に出会えたらやっぱりそういう気持ちになりますよね。あ~もったいない、みたいな。
私はよく、登っている時はなんでこんなしんどい山にのぼってるんかなぁ、なんで来たんかなぁって思うんですけど、山をおりた瞬間からまた登りたい!っていつも思います。

また、これからもいろんな山に登られるのでしょうね。楽しみにしてますね。


  • 2011/09/09 09:57
  • よぼちゃん
  • URL
こんにちは。

レポお疲れ様でした。

いつかは白馬縦走を・・・。
そんな思いをますます強くさせてくれたレポでしたよ。
それと同時に安全第一だって事もね。

我家も背負っていく荷物は課題のひとつです。
永遠のテーマかな。(^^;
一番優先しないといけないものが「安全」、一番避けなければならないものが「事故」、そして必ず持ち合わせていなければならないものが「撤退する勇気」だと思っています!

既にとっくに50を超えたりゃんは、体力を維持していくために、朝5時半起きでトレーニングを始めました!

今日、「秋山」という雑誌を立ち読みしたら、紅葉の涸沢が載っていました!実物をこの目で見たいと思うほどキレイでした!

ぴょんたんさんは、我が家のアウトドアライフの目標であり、師匠ですから、これからも「勉強させて頂きます」
たともさんへ
こんばんは、たともさん^^

すっかり長々レポになってしまいました><
読んでくださりありがとうございます。

4日間お天気に恵まれたのはなによりでした。

持って行くもの置いて行くもの。
今後も検討していきたいと思います^^
あえて持って行って、道具を楽しみたいときもありますしね。

最後の写真、私も好きです♪ありがとうです^^!
  • 2011/09/09 21:38
  • ぴょんたん
  • URL
なんつぃ~さんへ 
こんばんは、なんつぃ~さん^^

講習会は聞くことができて良かったと思います^^
荷物はなかなかね。
なんだかんだ担げちゃうから、ついつい持って行くってのもあるのかな。
これが、大キレット等の難所を歩くとなると話は違ってくると思うけど。
なかったら困る。あれもこれもなんて思っているうちは、私はまだまだかなぁ~><
  • 2011/09/09 21:53
  • ぴょんたん
  • URL
こんばんは~!

ラストショットに、体験された大自然の感動が凝縮されてますね~。最高の1枚です!
こんな写真がもし私にも撮れたら、大きくプリントしておウチに飾りたいです。
たかみっちさんへ
こんばんは、たかみっちさん^^

準備もいよいよ大詰めといった感じでしょうか。
楽しみですね^^!
我が家はみんなよく食べるので、食料は気持ちゆとりをもって詰めていきます。
燃料は、山で買うと高いのでそれがイヤで余分に持って行っちゃいますね。
だから、重いのか・・・(--)

  • 2011/09/09 23:01
  • ぴょんたん
  • URL
う~nnn
最後の写真なんて、額に入れて飾っておきたいくらい綺麗ですね~
ロープを飛び越えても痛くないんじゃ...ってくらいに(笑)

落石は怖いですよね~
常に注意を払ってないと、とっさの時に落ち着いて対処でませんよね。
よぼちゃんさんへ
こんばんは、よぼちゃん^^

ありがとうございます。
娘もよく歩いてくれました^^

そうなんですよね。
登っているときはかなりの後ろ向き思考なのに
下山すると、もう次の山を考えちゃうんですよね^^
不思議ですよね。
  • 2011/09/09 23:07
  • ぴょんたん
  • URL
とーとさんへ
こんばんは、とーとさん^^

お付き合い、ありがとうでした♪
スキーをしない私。白馬は、あまり親近感のないお山でしたが 楽しく登った4日間でした。

安全は第一ですね。
今回、いい経験をしたので、今後につなげていきたいです!

荷物は、もうしょうがないですね><
でも、とーとさんちは我が家よりちゃんと軽量化しているのが凄いと思います!

  • 2011/09/09 23:14
  • ぴょんたん
  • URL
りゃんさんへ
こんばんは、りゃんさん^^

> 一番優先しないといけないものが「安全」、一番避けなければならないものが「事故」、そして必ず持ち合わせていなければならないものが「撤退する勇気」だと思っています!

うんうん。その通りですね^^!
そして、もうひとつ。
山に置いてきてはいけないのが「ゴミと命」ですよね。

早朝トレーニングですか。
スゴイですね。お山以外での早起きはムリだ~~(笑)

秋山。私は昨年の物しか持っていませんが、あの写真を見ていると本当にその場所に行ってみたくなりますよねー。
お互い、これからも楽しいアウトドアライフを過ごしていきましょうねー♪



  • 2011/09/09 23:29
  • ぴょんたん
  • URL
おはようございます(^^)
昨日から3回くらい読み直してます。
ストーカーちゃいますよ(笑)

ついに白馬レポートも終わりを迎えたのですね(^^)
無事に終えて何よりです。
講習会に参加され、聞いた内容のお話…
非常に参考になりました(^^)
やはり言葉の重みが違うと感じました。
来週、我が家も一泊二日で行こうと思ってましたが、二泊三日に変更する予定です。
ご来光も二回見れますしね(^^)
天気が良ければですが(笑)

次はどの山を狙ってはるのかな(^^)?
レポート楽しみにしております!
sana-papaさんへ
こんにちは、sana-papaさん^^

ありがとうございます^^
私も最後の写真は、好きな一枚です♪
なかなか、4日も山に居ようと思ったらお盆くらいしかないので、今回は貴重な夏となりました^^
sana-papaさんの長期休暇が羨まし~^^
  • 2011/09/10 11:55
  • ぴょんたん
  • URL
マツテックさんへ
こんにちは、マツテックさん^^

ロープを超えて飛び込みたい。
ホントにそんな感じです(笑)

マツテックさんに写真を褒めてもらえるなんて!
めちゃめちゃ、嬉しいですー^^
マツテックさんの写真テクニックを教えてもらいたいくらいなのに^^!

落石はイヤですね。
遭遇しないことを願ってます。
  • 2011/09/10 11:58
  • ぴょんたん
  • URL
なかさんへ
こんにちは、なかさん^^

何度も読んでくれてありがとうです!

講習会は参加できて良かったです。
いろいろ見ておられる方の話は心に響きました。

我が家はゆっくりなので日程はおおめに考えてます。いいのか、悪いのか分かりません(笑)
なかさんちは、2泊に変更予定ですか^^?あとは、お天気次第ですね^^
準備もいよいよ、最終段階といったところでしょうね。
いいなぁ~。
楽しみですねー^^!


  • 2011/09/10 12:25
  • ぴょんたん
  • URL
こんばんは!(^^)!

長編レポお疲れ様でした~我が家もそろそろ〆に入らねば~(笑)

ザックの軽量化・・膝の為にも進めて行かねばと思ってましてテーブル・椅子系が最初のターゲットになりますが・・やっぱりキャンパーなので椅子テーブルには執着するんですよね~(笑)

さて三連休はどこに行かれるのかな~♪
piyosuke-papaさんへ  
こんばんは、piyoパパさん^^

なかなか上手くまとめられず、つい長々と・・・。
お付き合い、ありがとうです^^

なるほど!テーブル、イスにこだわるのは、キャンパー魂か!(笑)
食事係りのこだわりかと思ってました(笑)

次の3連休。
娘の運動会がありまして、アウトドアのお出かけは厳しそうですー><
みなさんのレポを楽しみにしておくかなぁ~~♪

  • 2011/09/10 22:09
  • ぴょんたん
  • URL
遅くのコメント失礼します~
もともと怖がりで、石橋を叩いて叩いて結局渡らないタイプの私、、講習会を聴かせてもらったら、同様に相談しに行ったと思います。
落石はホントに怖いですよね。。 以前涸沢に行った時に、北穂の登山道への落石を見たんです。 テント場でそれに気が付いた人たちが大声で「落石~~!!」と叫んで、歩行者に伝えて事故は避けられたんですが、離れていた私もすごく怖くなって。。。それもあって未だにキタホ、オクホに登る計画が立てられないのかなぁと思ってます(>_<)
どんな山でも油断せず、謙虚な気持ちを持ち続けて自然を楽しみたいですね^^
レポ、おつかれさまでした♪

piyo-mamaさんへ 
おはようございます、piyoママさん^^

石橋>piyoママさん、慎重派なんですね。
落石を目の当たりにすると、怖い気持ちがなかなか拭えないかもしれないです。
自分が気をつけていても、上から落ちてくるんですもんね。
白馬の雪渓の所々で、自分よりも大きな石が転がっているのを見たときはドキドキでした。

謙虚な気持ちで山と向き合う自然を楽しむ。本当にその通りだと思います^^。
  • 2011/09/14 06:38
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)