杓子岳に鑓ヶ岳 そして、鑓温泉へ!

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。



白馬頂上宿舎の朝は、5時の出発を目指して なんとなんと3時半起き!
 
昨日の講習会で、
「ずっと晴れが続いているし 明日あたり午後は天気が崩れる可能性がある」
と言われました。

雨が降ったら、今日 我が家の歩くのコースは危険が増すそうなので
少しでも天気の崩れないうちに歩きたい。

我が家は早起きのほうかと思ったら、周りのテントもゴソゴソ。
やっぱり、お山の朝は超早いです^^

予定どおり、5時ぴったりに出発。





もうすぐ日の出。
空にはまだお月さま。
遠くの剱岳もスッキリ見えました。

DSC_0656.jpg


ブログランキング


続きもどうぞです♪



人気ブログランキング







早起きのおかげでしょうか。
剱岳も槍ヶ岳も見えました。7月に登った北穂高岳も^^。

TURUGIYARI.jpg



体にそそぐ朝の光。

DSC_0665.jpg



広がる雲海。

UNKAI1.jpg



このまま、ここでずっと眺めていたいけど

DSC_0741.jpg



歩きださなきゃ。

DSC_0736.jpg



sirouma1.jpg




syakusiyari.jpg







最初に待っている山は、杓子岳。

DSC_0758.jpg



見上げると、かなりの急斜。

目の前にはまっすぐなトラバース道。

P1120355.jpg

私、勇気を持ってトラバースを選択!(笑)


これからのルートを思うと体力温存が賢明かと判断。
昨日の講習会が響いています・・・。




パパとのんのんは五座登りきりたい。

杓子岳も登るというので、

「いってらっしゃ~~~~い♪」

トラバースを選択の私。余裕の笑顔で手を振ります。ブンブンブン^^


合流地点で待ち合わせすることになりました。

P1120354.jpg



P1120356.jpg



登っても登ってもズルズルと落ちていく、石の山だったそうです。

DSC_0763.jpg




頂上も近くなると、昨日登った白馬岳やテントを張った山頂小屋も見えたよう。

s.jpg




杓子岳山頂 2812m 7時1分

DSC_0765.jpg
杓子岳(しゃくしだけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2,812mの山。長野県と富山県にまたがる。白馬岳・鑓ヶ岳と併せて「白馬三山」と呼ばれる。
後立山連峰の主稜線上にあり、登山道は西側の山腹を巻くトラバース道がメインとなっており、その途中に頂上へと至る道に分岐する。斜面は概ねガレている。非対称山稜であり、長野県側は大きく落ちている。(Wikipediaより)





DSC_0768.jpg





DSC_0777.jpg

のんのんは、「ここも雲海がきれいだったよ~~!」と教えてくれました。






合流地点で待つ私。

20~25分ほど待ちました。

じっとしているのは寒い。

ダウンを出して着込んで待ちます。

一人待っていたところに、年配の奥さんもやってこられ、合流地点で仲良く待ち組。
やっぱり我が家と同じで、旦那さんだけ頂上に行かれたそうです。
「旦那と一緒だったら、なかなか休憩もとれないのよね~^^ おやつ食べても、また食うのか?みたいな顔されるし。 ハイ!内緒で一緒に食べようね!」
って、ゼリーを頂きました。ごちそうさまでした♪
男子諸君、女子のおやつには付き合ってあげましょう~~♪



合流地点になかなか降りてこないパパとのんのん。



見上げて待っている私。
一人で下って来られたお兄さんが、手話を交えて「もうすぐおりてくるよ!」って教えてくれました。
「それって、お父さんと娘のことですか?」って私も手話で。
「うんうん!」お兄さん。
「ありがとう^^♪」とは、言ったもの
なんで、私が二人を待ってることが分かったんだろ・・・。





もうしばらくして 少し先の方から「ママ――!!」と呼ぶ声。

あれ?なんで、あっちの方から声がするの?

行ってみると、「こっちの方が近道って教えてくれた人がいたから~!」って。

近道かどうかは分かりませんが、「コマクサがい~~~っぱい見れた!」って凄く喜んでました。

P1090112.jpg

よかったね^^!




そうそう そういえば、耳の聞こえないお兄さんが話しかけてきたよ~って言うと、
その人、写真とってあげた人だわって。

で、その後 帰りの車で またその話題になったとき、もう少し詳細が(^^)
(親ばか全開と思いますのでスルー推奨)
パパより先に登ったのんのん。
携帯を使い自分撮りをしているお兄さん発見^^!
上手く撮れないのか 撮影した画像を見ては首をかしげ、困ってる様子だったように見えたから
「撮りましょうか」と声をかけたようです。
お兄さんは喜んでくれ、携帯をのんのんに渡しました。
ところが、使い方がイマイチ分からず困ったのんのん。
そこに、パパが遅れて到着し 無事写真撮影はできたということでした。
のんのんは、お兄さんが耳が聞こえないことがその時は分かっていませんでしたが
なんていうか・・・。
のんのんが「この人一人で写真撮りにくそうだなぁ」と思って、自分から声をかけたことにとても嬉しく思いました。
受け止めかたによってはおせっかいかもしれないけど、でも声をかけることってなかなかできないと思います。
人とかかわるって、きっとそんなことの連続かもしれない。
母としては、臆することなく行動できるのんのんが本当に素晴らしいと思ったのでした。




杓子岳を過ぎると、今度は鑓ヶ岳(やりがたけ)が待ちかまえます。

登って登って、あれが頂上かと思ったらまた下って登って。
頂上はどこだ・・・ってヘバッていたときに、遠くの茂みで動くものが。

「雷鳥!」
思わず、大きな声が。

北穂高で自分だけ見たことがずっと気になっていました。


私のその声に、急な下りを駆け出しそうになったのんのんを一喝しつつ

近づいて行くと雷鳥の親子。



こっちを向いてくれません・・・(笑)

P1120362_20110830234355.jpg



ちょっと、疲れていたころの雷鳥の出現でパワーもアップ。

もう少し、登ります。

DSC_0799.jpg



DSC_0800.jpg



DSC_0803.jpg

もうすぐ、鑓ヶ岳山頂。
ここの分岐に(父と母は)ザックをデポして、山頂へ向かいます。



鑓ヶ岳山頂 2903m 8時48分 

DSC_0812.jpg
鑓ヶ岳(やりがたけ)は、飛騨山脈(北アルプス)の後立山連峰にある標高2903mの山。長野県と富山県の県境に位置する。北アルプス南部の槍ヶ岳と区別するために、一般には白馬鑓ヶ岳(しろうまやりがたけ、はくばやりがたけ)またはこれを略して白馬鑓(しろうまやり、はくばやり)と呼ばれる。
白馬岳・杓子岳と併せて「白馬三山」と称される。なお、この山の山頂直下には石灰岩の露頭が見られ、極稀に三葉虫などの化石が産出される。(Wikipediaより)



剱岳も見納めです。

DSC_0823.jpg








鑓ヶ岳を下って、しばらく行くと硫黄のにおいがしました。

DSC_0837.jpg




DSC_0836.jpg









目指すは鑓温泉。

きっと、そのにおいかも~~♪もうすぐかなぁ~~♪
なんて、言っていましたが甘かった・・・。


DSC_0842.jpg


ここから、写真を撮る余裕もなくひたすら歩きます。


歩きます。


歩きます。




続くガレ場に無口になる親子。








そんな時、またまた、雷鳥の親子発見。
ヒナが1、2、3、4、5、たくさんいます^^♪

P1120390S.jpg

P1120386.jpg

本当に可愛らしい。

「今日はコマクサも見れたし、雷鳥の親子には会えたし すっごくいい日!」

のんのんは、心から喜んでくれました。







鑓温泉までは、もう少し先。

P1090176.jpg



P1090177.jpg



P1090178.jpg



P1120396_20110831152123.jpg








いよいよ、クサリ場。





鑓温泉へ行くには、ここを通らなければいけません。

昨日の講習会でも、このクサリ場での過去の死亡事故を聞かされています。

P1090180_20110831152952.jpg








慎重に慎重に。

P1120398_20110831152346.jpg





クサリ場は、石鎚山や北穂高岳に比べるとまだ行きやすい(我が家の場合です)と思いましたが
(石鎚山(2の鎖)が一番怖かった><・・・)
クサリうんぬんより、足元の岩が滑る滑る。

滑り落ちたらどうなるか分かっているので、そこは緊張しました。

P1120404.jpg





これを抜けると、やっと鑓温泉小屋(2100m)が見えてきます。


鑓温泉。日本で一番高いところにある温泉・・・と言われていましたが
みくりが池温泉(2430m)のほうが標高の高いところにあるようです。
でも、登山でないと行けない鑓温泉の方が個人的には魅力的^^♪
なんだか、秘湯って感じがしないですか(笑)
本沢温泉(2150m)も登山でないといけない温泉らしい。ここも興味があります^^




この日は7時間以上歩きました。
登山道も一番キツかったかも^^

はやく、テントを張りたい 縦走最後のテント泊。



ではでは
その、鑓温泉小屋でのテンバのレポは次回に~^^♪

こちらもポチッとよろし子でーす!!
    

関連記事

Comment

天気もよくて最高ですね。
私が行ったことがないルートですので、興味深々で拝見しました。

景色もさることながら、ノンノンちゃんが困っている方を助けてあげる姿がいいですね。
いっぱい、山に行っておられる結果のたわものだと思います。
(こんな時が親としては幸せですね)

雷鳥に合うと、なんか幸せになった感じになりますね。

鑓温泉方面のクサリ場は、割りと危険ですね。
重い荷物では、気をつかわれたことでしょう。

妄想では、白馬から鑓温泉経由で一気に猿倉なんて思っていましたが、無理そうですわ。
(当然、テント装備ではありませんが・・)

鑓温泉でのテント泊などの日記、
楽しみにしてまっせ。
お山の朝は3時半起きですか!
サーチライトは必須ですね。

それにしても一気にレポあげるのもったいないくらいのボリュームですね。

聾唖の方の出会い、手話で対応するなんて素晴らしい!
実は私も昔、手話を覚えたことがありまして・・・
今はその知識も何処へやら~

雷鳥の親子に出迎えられて最高の登山ですね^^
  • 2011/09/01 08:15
  • たかみっち
  • URL
おはようございます。

絶景の連続にノックアウトされそうです。(^^ゞ

雷鳥に何度も遭遇、いいなあ。
なんで我家は出会えないんだろ・・・。(T_T)

ぴょんたんさん手話できるんですか。\(◎o◎)/!
すごいですねぇ。
尊敬しちゃいます。
おっおぉ~!♪
行ったこと無いケド・・・行った気分満開です♪(笑
どの写真も、綺麗に描写されてますねぇ~
どれも、ぴょんたんさんの撮影なんでしょうか?

で、ヤリオンセン!?へは入浴出来たのかしら?
確か・・・テン場から丸見えだとか!?、、、(-_-;)

まぁ、そんな事より・・・(汗
次は、「雷鳥沢」から「みくりが池温泉」へ行ってみましょ~ネ(笑
ちなみに、
ぴょんたん家にとって、本沢は近くの銭湯に行く感じで行けますよ(苦笑

っうか、ヤマアルキで行く温泉と言えば
究極は、やはり「高天原温泉」でしょうかねぇ~
ここも行った事無いですが・・・
ぴょんたんさん、是非目指して下さいよ
そん時は、行った気になるレポ、ヨロシクです(笑


あの雲海、すごくきれいです~感動です!実際に見てみたいです~。たぶん私も動きたくなくなるかも。

雷鳥のヒナかわいいですね。雷鳥ってなかなか遭遇しないんですよね、確か。

のんのんちゃんいつも読んでいて、すごいなぁって感動してます。困っている人に声をかけたり、この前は草笛を教えてもらってたり…頂上に着いてもいい笑顔だし(笑)
いろんな経験をして自分の世界がひろがっていくんでしょうね。

クサリ場…近場の山しか登った事のない私には無理です。たぶん。怖がりなもので…

また続き楽しみにしていますね~

  • 2011/09/01 10:14
  • よぼちゃん
  • URL
こんにちわ!ご無沙汰しております!

縦走、重層、重奏、重曹、銃創、十三・・・なんて良い響きなんでしょう!(笑)v-127

うちは時間的に余裕がないので、一泊だけですが、普通のキャンプよりももっと内容の濃いぃものになりますね!

それにしてものんのんちゃん、ええ子に育ってますなぁ!v-206
見ていて微笑ましいです!このまま真っ直ぐに成長していくのが楽しみですねぇ!v-162
うちの坊主に、のんのんちゃんの爪の垢を煎じて飲ませてやりたいぐらいです!(笑)

で、うちはこの9月の連休に白馬の方を予定してまして、只今下調べ中です!なので、すごく参考になりますです!
また一泊しか行けないので、白馬大池にてテント泊になるのですが、大池から小蓮華岳には往復3時間ぐらいでしょうか・・・?
もし行けるなら、テント設営してから身軽にして行ってみたいのですが・・・。

ではまた続きの鑓温泉の回、楽しみに待ってます!
のんちゃんらしいエピソードに感動♪♪
優しい素直な気持ちが行動と表情に出てるね(*^-^*)
いいお嬢さんに育ってる~って実感できるお山、
やっぱり素晴らしい♪♪

大型ザックを背負ってのクサリ場。。。
自分もいっぱいいっぱいだけど、
わが子の姿にも冷や冷やしそうです(^-^;)

のんちゃん、写真どんどん上達してるね!!
とっても綺麗よ~~♪♪
  • 2011/09/01 12:27
  • もえここ
  • URL
こんにちは~

のんのんちゃん、この夏のお山で、グ~ンと成長しましたね。
うちの息子に爪の垢を~
声かけるのって、本当に勇気入りますよね。
でもきっと、ママさんやパパさんがそうやってしてきたのを見てたんでしょうね。

お山の上の温泉、素敵だなぁ~。
登った者のみ入る事のできる温泉なんて・・・
お山の温泉レポが楽しみ♡

  • 2011/09/01 14:24
  • ゆうかんママ
  • URL
たともさんへ
こんにちは、たともさん^^

なんだかんだと、お天気には恵まれました。ラッキーですね♪

娘は、山で出会う人たちにたくさん優しくしてもらい
その中でいろいろ学んでいるだと思います^^

鑓温泉のクサリ場。難しい感じではなかったですが、足元は要注意でした。
たしかに、ザックは木の枝等に引っ掛からないよう気をつけました^^

白馬から鑓温泉経由の猿倉へ一気に行かれている方もありましたよ。
その逆で、猿倉~白馬のコースの方も。
我が家は、ペースが遅いのでムリですが・・・(><)
たともさんなら、行けちゃいそうな気がしますけど^^
もちろん、白馬でテント泊してください♪(笑)

鑓温泉レポ、ガンバリマスー^^

  • 2011/09/01 16:03
  • ぴょんたん
  • URL
たかみっちさんへ
こんにちは、たかみっちさん^^

3時半起き。山では 超早寝早起きが身に着きます(笑)

手話。ほんの少しできるかもって程度で、ベラベラはしゃべれませんよ。
あってるかどうかもアヤシイですし。
相手の方がそのときの状況を考えながら、上手に読み取ってくれているのだと思います。

娘の念願の雷鳥さんに出会えて良かったです^^
かわいいね~って、ずいぶん長い間見てました^^
  • 2011/09/01 16:13
  • ぴょんたん
  • URL
とーとさんへ
こんにちは、とーとさん^^

本当に景色が良かったです。

雷鳥、上手に岩と同化していて見つけにくいですよね。
めちゃめちゃ、目を凝らして歩いてましたよー(笑)

手話はできるというほどのモンじゃないです。
ベラベラなんて、全然しゃべれないです。
もし、もっと話せたら楽しいだろうなぁって思ってます^^
  • 2011/09/01 16:35
  • ぴょんたん
  • URL
雲さんへ
こんにちは、雲さん^^

写真は、ほとんど私のときどきパパ。
行った気分満開ですか^^よかった~~(笑)

鑓温泉。テンバからは、目のやり場に困りますね~。
本沢温泉。近くの銭湯って(笑)標高と登山でしか行けないという情報から、鑓温泉くらい登るのかなぁと想像してました。
雷鳥沢のみかぐり温泉も行ってみなきゃいけないですねー^^
高天原温泉は、初耳でした。調べますと、なるほど~~!これは、秘湯ですね!まずは、雲さんの詳細レポを読んでから目指そうかな^^よろしくです~♪(笑)


  • 2011/09/01 16:48
  • ぴょんたん
  • URL
よぼちゃんさんへ
こんにちは、よぼちゃん^^

我が家もあんな雲海を見たのは初めてで、本当に感激でした。
雷鳥は、特別天然記念物♪出会えて、とっても喜んでました^^

のんのん。家ではワルワルのんのんです(笑)
なんにせよ、いろいろ経験してそこから世界を広げてくれるのは嬉しいことですね^^

クサリ場。よぼちゃんのお住まいがどちらのほうが分かりませんが
雪彦山のクサリ場は、けっこう面白いと思います。
機会があれば、ぜひ^^♪
  • 2011/09/01 16:58
  • ぴょんたん
  • URL
アイアン・ボーイさんへ
こんばんは、アイアン・ボーイさん^^

はい、じゅうそう。いい響きです(笑)
9月は白馬に行かれるんですね。
白馬大池テント泊で、子蓮華山往復ですか。
大池から子蓮華山まで、我が家の足で2時間半かかってます。
ザックもあったし、我が家は、人よりプラス1時間かかるので^^。
大池にテント泊で、白馬岳まで行かれいる人もいましたよ。
1泊白馬なら、猿倉~鑓温泉(外来入浴)~天狗or白馬(テント泊)~大雪渓~猿倉 なんてのもいいなぁ。その逆とか^^
いろいろ計画している今が楽しいですよね~~♪

鑓温泉小屋レポ、がんばりまーす!
  • 2011/09/01 20:36
  • ぴょんたん
  • URL
もえここさんへ
こんばんは、もえここさん^^

ありがとうございますー。
でもでも、家ではワルワルのんのん全開。母、ピキピキッ(--)です(笑)

そう言えば、クサリ場をこんな大きなザックを担いで行ったのは初めてでした!
もえここさんに言われて、今 気づきましたーー!
思い返すと、クサリ場は、娘の方が冷静に進んでいた気がする・・・。

「neneちゃんとkokoくんのママが写真キレイだって~~!」って伝えると、めっちゃ喜んでました~^^ありがとー!
  • 2011/09/01 20:50
  • ぴょんたん
  • URL
ゆうかんママさんへ
こんばんは、ゆうかんママさん^^

爪の垢って!絶対やめた方がいいです。
お家のんのんは、ワルワルですー(笑)

親の姿より、きっと登山で出会う方々がのんのんにいろいろ教えてくれたんだと思います。
本当に、出会ったたくさんの方に感謝です。

お山の温泉。魅力的でしょー^^
ここに辿り着くために歩いてきたんです~(笑)
レポ、がんばります~~♪
  • 2011/09/01 20:58
  • ぴょんたん
  • URL
たまらない景色やね~気持いいでしょね。(^^)
私は無理、かなり高度感ありそうね。(>_<)
こんばんは!(^^)!

早朝の出発・・早起きできて羨ましい~
早起きのご褒美ですね~雲海も素晴らしい♪

こんばんは
のんのんちゃんもいろんな経験してますね~
頼もしい。
それにしてもいい景色ですね~
雷鳥も見れて良かったですね。
最後のテント泊淋しいですね~
  • 2011/09/01 22:00
  • yossi-
  • URL
なんつぃ~さんへ
こんばんは、なんつぃ~さん^^

クサリ場は、ガスが出てなかったらかなりの高度感だったと思います。
ガスのおかげで、躊躇せず進めたのかな。

見晴らしのいいときの縦走は もう、最高でした^^!
  • 2011/09/02 21:47
  • ぴょんたん
  • URL
piyosuke-papaさんへ  
こんばんは、piyoパパさん^^

歩くのが遅いので、早起きは必須です(笑)
雲海は、本当に感動的でした。
また、あの景色を見たいです♪
  • 2011/09/02 21:49
  • ぴょんたん
  • URL
yossi-さんへ
こんばんは、yossi-さん^^

いろいろ経験したことを、大きくなっても心の片隅に置いていてほしいなぁ。
雷鳥は出会えてよかった!
やっぱり、可愛らしいですね♪

テント泊も最後。
ホント。淋しいですー><
  • 2011/09/02 21:54
  • ぴょんたん
  • URL
こんばんは

僕も行きたい山です


雷鳥ばっちりですね
立山でも見れましたよ
それも 室堂で

雄と雌 番で居る事はありますが

雌親と雛が一緒だと
雄親は絶対一緒には居ないらしいですね

何処かの家庭みたいですね・・・だれ!
りんくんさんへ
こんばんは、りんくん^^

>雌親と雛が一緒だと 雄親は絶対一緒には居ないらしいですね
へー!そうなんですね!これは、初めて知りました。
どこかの家庭?
どこ?りんくんち^^?(笑)

白馬連峰、天気に恵まれ 絶景に恵まれ楽しい縦走となりました^^!
  • 2011/09/03 23:34
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)