北穂高岳登山

涸沢キャンプ場でむかえた朝

この日も天気に恵まれそうな空でした。

今日は、北穂高岳(3106m)へ登ります。

水の確保に、まずは穂高小屋へ。



気合いを入れて出発。

7時56分。

DSC_0293.jpg



DSC_0297.jpg


穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園の飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190mの山。日本第三位の高峰。日本百名山、新日本百名山及び花の百名山に選定されている。

北穂高岳 標高3,106m。穂高連峰北端の山。日本有数の岩場である滝谷が西面にある。北峰と南峰の双耳峰で、北峰の山頂直下に北穂高小屋がある。北側に伸びる南岳への稜線は大キレットと呼ばれ、飛騨泣きや長谷川ピークと呼ばれる難所がある。山頂から北東1km程の位置(標高2,500m地点)に、北穂池がある。 ウィキペディアより



ブログランキング


続きもどうぞです♪



人気ブログランキング






まずは、テン場から見えていた雪渓を登り始め・・・

DSC_0299.jpg




そのうちにガレ場を登ります。

P1110665_20110730235141.jpg

登って登って



振り返ると、涸沢のテン場がもうあんなに小さい。

それが嬉しくて、何度も何度も振り返りながら登ります^^

DSC_0308.jpg







最初は、石がゴロゴロ。適当に足を置くと、くきっと足首を捻ることも。
がっちり登山靴じゃないと、捻挫しそうです。




目を楽しませてくれるのは、可憐な高山植物。


DSC_0324.jpg





DSC_0330.jpg






DSC_0342.jpg






ゴロゴロ石だったのが標高が上がるにつれ、よじ登るような岩になってきます。





登り始めから、のんのんにしつこく声を掛けたのは

「ここを本当下りられる?大丈夫?」 ばかり。

岩場の迫力に、登りからずっと下りの心配をするママ。




どんなお山に登るときも、

無理なら さっさと引き返す! がモットーのヘタレファミリーです(笑)




パパからは、

「息を意識して、吐くように。 人間、吸うのは勝手にするから、息は吐く」

と、言われました。

高山病予防対策のひとつらしい。

ついつい、しんどくなってくると ハァハァと大きく息を吸い込んでしまいますが

フッフッフッー吐くことを意識しながら登っていきます。

DSC_0349.jpg





DSC_0357.jpg





DSC_0373.jpg




○印のついた石や矢印はとっても頼りに。


スイスイ登っていかれる方は、ストックも使っておられましたが、
こんな岩場になってくると 我が家には邪魔なだけに。



両手、両足で登ったほうが断然登りやすい^^!

登山ぽくいうと、三点確保ってヤツですね(笑)


DSC_0376.jpg





DSC_0381_20110728112625.jpg



両手をついて登っているので 
顔が岩場に近いせいか、岩の隙間から咲いている花にたくさん出会います♪
なんて、可愛らしい♪

DSC_0389_20110728113538.jpg



DSC_0394.jpg



DSC_0401.jpg

コバイケイソウの群生。9時27分。
登りはじめて、1時間半。



半分くらいは登れたところかな。





と、ほっとしているのもつかの間。 なんじゃ~・・・これは。



どどどどーーーん。


迫力満点。

DSC_0407.jpg



クサリ場も現れ

DSC_0412.jpg



ハシゴも現れ

DSC_0418.jpg


楽しいやら怖いやら。





パパの「コレを登れば、稜線だから!」

って、言葉を信じ登っていきます^^



が、騙された・・・。


まだまだ、岩場が続いています。



こんなときに、頭の中を流れるはいつもこの曲。

♪君の行く道は 果てしなく遠い
 なのになぜ 歯をくいしばり
 君は行くのか そんなにしてまで ♪

若者でもないけど、「若者たち」

この曲が頭を流れたら、ちょっと辛くなっている自分に出会えるときかも(笑)




DSC_0436.jpg



P1110713_20110729222807.jpg


すれ違う人が、
「上は、景色がいいぞー、がんばれー」と声を掛けてくれます。




のんのんは、
「何年生?偉いねー、がんばってー」とたくさんの人から励ましていただき、本当に嬉しそう。




涸沢キャンプ場からは見上げていた雪渓を、今度は見下ろしながらの休憩タイム。

DSC_0457.jpg

目の前に見えるは、穂高連峰。人が歩いているのも見えます。
よくあんな所歩くなぁと、話しながらのんびり水分補給。見ているだけで、怖い><








11時10分。

北穂分岐。

DSC_0465.jpg


ここでも下ってくる人が、

「もう10分ほどだ、がんばれ~」と、声を掛けてくれます。



そうか、10分か・・・。と、なんだかもうひと踏ん張りできそうな感じ。

もう一息です^^ さすがに我が家には10分ではムリだったけど・・・><




山頂直下には、大きな雪渓が。こけないように、慎重にね。


P1110726_20110729222338.jpg

DSC_0548.jpg








これを過ぎたとき、

パパがのんのんを先に行かせました。














DSC_0501.jpg






11時29分。北穂高岳山頂。

DSC_0483.jpg



槍ヶ岳がくっきり。



DSC_0495.jpg


わぁ~あれが、槍ヶ岳かぁ。

連なる山々の景色は、このままずーっと眺めていたいほど。







「富士山は~~」

富士山を探すのんのん。

すれ違った人から、「槍も富士山もきれいに見えたよ」って声を掛けられていたので楽しみにしていました。


が、先に山頂にいたおじさんが

「さっきまで、見えてたんだけどなぁ。富士山、恥ずかしくなって隠れたんだよ」

とのんのんに教えてくれました。

残念^^




そうなれば、今度は「ご飯早く~~」腹ペコ娘です。

もう少し、感動に浸りながら景色を眺めていたいパパとママを置いて早々と小屋に向かってます。


kitaho.jpg


いちばん高いところにある山小屋 北穂高小屋



7月号のPEAKSの表紙にもなった、北穂高小屋です^^

DSC_0512.jpg




中華丼900円をひとつ注文し

DSC_0519_20110729093809.jpg




DSC_0509.jpg

あとは、持って上がったインスタントラーメンでお腹いっぱい。

バーナーでお湯を沸かし、ラーメンをすすっていると韓国人の団体さんから

「ラーメンラーメン」と言われ、ちょっとびっくり(笑)








それにしても、アルプスの山々を眺めながらの食事は最高ですね^^

DSC_0511.jpg




下山に向けて、水を購入。 1L 200円で入れてもらえます。

記念に北穂Tシャツと北穂アタックザック(どちらもモンベル製)、のんのんはバッジを購入。




もう一度、北穂の頂上まで行き 下山開始です。12時45分。

眼下に広がる景色も十分楽しめる下山。


DSC_0544.jpg



雪渓の上は、涼しくて気持ちいい。

DSC_0549_20110729225050.jpg



ズルっと滑りそうになるので、横歩き。

DSC_0562.jpg




DSC_0567.jpg




やっぱり、午後になると雲が出てきます。

DSC_0588.jpg





登るときはずいぶん心配した下り。

のんのん、慎重にスローペースですが意外にちゃんと下りているから安心安心。

DSC_0591.jpg




P1110741.jpg




ちょっとだけ先を行っていた、ママ。

この場所で、なんと雷鳥にバッタリ♪

DSC_0596.jpg

でも、突然のことで 10秒くらいのあいだに

「ん?きみ雷鳥?雷鳥だよね。ホント?急いで写真撮ろうかな。(道を間違え雷鳥より地図を必死に見ている二人組のお兄さんがいたので)でももし、間違ってたらなんだか恥ずかしくない?いやいや、これは雷鳥だ!雷鳥に決ってるじゃん!よし、写真撮るぞ!!」と思ったときには、時すでに遅し。
ひょこひょこひょこ・・・と、茂みの中へ消えていきました。

下りてきたのんのんとパパに「雷鳥、いた・・・」っていうと、
「えーー、いいなぁ。ずるいーーー」とブーイングの嵐。

しかも、写真を撮ってないというと、さらにブーイング。

騒ぎを聞いていた、二人組のお兄さん。

「雷鳥でしたね。にこっ」と爽やかに笑って、来た道を引き返して行きました。

ここから、分岐までだと相当引き返すはず。検討を祈ります。








登りでは、少し怯んだあの梯子やクサリ場も慎重に下るのんのん。

体の向きを前に後ろにと変えながら、上手く下りてます。

P1110772.jpg






振り返り、穂高連峰を見上げるとガスが山にかかっていました。

15時27分。そろそろ、下山してしまいたい時間です。


DSC_0601.jpg




もう、下には涸沢のテントも見えてきました。

あと一息、あと一息。

DSC_0603_20110729103653.jpg

このころ、のんのん の頭の中は、ジョッキパフェでいっぱい。





15時55分。

涸沢小屋到着。


お約束のパフェ。1800円。 ・・・あれ。piyosukeさんのレポでチェックした時より値上りですー><

DSC_0622.jpg




DSC_0626.jpg


無事、下りられて良かった。




一緒に下りていた二人連れが、「キタホ、化け物だったな」と話していたのが印象的。



我が家、初の3000m超え。

岩場をひとつひとつ越える山登りは、好みの感覚でした。

5感をフルに使う感じが、なんとも言えない快感です^^

また、お天気にも恵まれ頂からの眺めが素晴らしかったのも嬉しいこと。

北穂高岳は、また行きたい山になりました。


 あぁ、でもその前に涸沢までの道のりが・・・。






さぁ、今度は  へ!

                                  ・・・いつかね^^
       
 DSC_0522.jpg





ブログランキング


ここまでのレポは、 こちら と こちら と こちら と こちら と こちら で♪


関連記事

Comment

おはようございます。

北穂登頂おめでとう!!
のんのんちゃんもぴょんたんさんもがんばりましたね~。(パパも)
山登りながら頭に浮かんできた歌・・・。
気持分かります。
自分もハードな山を登ってるときに考えてる事って、ゼイゼイハーハーなりながら、
「俺、なんでこんな事やってるんだろう・・・。(-o-;」
ですから。(^^ゞ

でもこんな絶景を見たら誰でも「M」になっちゃいます。

槍、奥穂のアタックも間近ですね。(^_^)v
いやぁ~すごい絶景。北穂制覇おめでとうございます!

のんのんちゃん&ママさん頑張りましたねぇ~!!

超ヘタレキャンパーの我が家には到底無理~・・・。(笑)

でも、ジャンボパフェ食べれるなら行きたいなぁ~(笑)
※景色より食気の我が家です・・・。(爆)

凄い~~!!
迫力満点の景色♪♪
登頂おめでと~~!!
お疲れ様でした♪

5感をフルに使う感じ私も好きです♪
そして下山後の一杯も!!(笑)
お顔隠しても喜の文字の下のぴょんたんさんの
表情が手に取るように想像できちゃうよ~(笑)

のんちゃん、雪渓も斜面も立ちすくむことなく
よく頑張ったね!!偉い♪♪
  • 2011/08/01 12:39
  • もえここ
  • URL
憧れのキタホ~♪
お天気最高で、本当に絶景ですね~!(^^)!

登りながら、「降りられるかな?」って私もいつも気になります。
特に、次女が大丈夫?かと考えると、残雪とかクサリ、梯子コースは避けたくなり。。。
結局一番危なっかしいのはワタシのようですが(爆)

ジョッキパフェ、値上がりしてましたか~!でも相変わらず美味しそう♪ 
  • 2011/08/01 16:53
  • piyo-mama
  • URL
こんにちは~

なんか~読んでて・・感動!を、通り越して、「どこでも、ドア!」が欲しくなりました(^^

しかしね~、登った人にしか味わえないんですよね~
この、景色と達成感!は。(^^)

いつか、私が山に行く日には、「周りの小さな景色」を、
楽しむコトを忘れないでね!って教えられました。

う~ん!しかし皆さん本当~に頑張りましたね。

のんのんチャンのジョッキパフェ&ぴょんたんさんのジョッキ・生!がまた、「サイコ~」です(笑

登頂!お疲れ様でした ♪~

  • 2011/08/01 17:43
  • フウチャンポー
  • URL
私も北穂に行きたかったですね。
あのヘロヘロがなければ北穂から奥穂に・・・。
これも試練です。
また来いと言っているような。

パフェなんてありましたっけ???

次回には北穂に登り、下りてパフェだっ!!!

あれっ、奥さんだけモザイク???
お嬢さんと2ショットでも姉妹ですよぉ~~~

とーとさんへ
こんばんは、こんばんは~^^

ありがとうございます~♪

登山の苦しいときって、山登りは「もう、いいわ・・・。もう、いいわ・・・」って感じですけど、なぜかすぐにその辛い気持を忘れちゃうんですよねー(笑)だから、また行く。その繰り返しですー。

槍、奥穂もぜひ登ってみたいです。
また、来年でも行けたらいいなぁ♪
整体師キャンパーさんへ 
こんばんは~、整体師キャンパーさん^^

ありがとうございます~♪

景色より食い気、ありですよー^^
私も山の楽しみは、下山後の一杯!
まだ、下山を考えると頂上で飲む勇気がないヘタレです(笑)



もえここさんへ
こんばんは~、もえここさん^^

ありがとうです~♪

あらー><ジョッキ両手に喜んでる表情はバレバレですね~(笑)
岩場もクサリも、家族で登ったから行けたんだと思います^^
もう、楽しくて楽しくて。
こうして、ますます色んな山を知りたくなるんだろうな♪

piyo-mama さんへ
こんばんは~、piyoママさん^^

この日は、すっきりとした天気でアルプスの景色を楽しめました♪

岩場やクサリ場。歌じゃないけど、「行きはよいよい、帰りは怖い・・・」なんてことにならないようにと、思ってしまいますよね。
我が家も、娘は身軽にひょいと下りるところも、私はモタモタ・・・。それなのに、パパは娘にはじゅうぶんの気づかいで、こっちには・・・あれれ???みたいな(--)結構、シビアな環境でがんばっております(笑)

ジョッキパフェ、300円も値上がりでした~><
まぁ、それを楽しみにがんばってくれたのでヨシかー♪



フウチャンポー さんへ
こんばんは、フウチャンポーさん^^

北穂は、岩場岩場の連続でしたが、楽しく登れました。
涸沢キャンプ場までの方がザックが重たい分、辛かったです><

ジョッキパフェ。贅沢な一品ですよねー。
親のジョッキは、しょうがないですね~。このために頑張ったんだから!(笑)
こんばんわ(^O^)/

登頂成功おめでとうございます!

北穂岳…化け物っすよ!(◎_◎;)
スゴイ!!
鎖場の時点で私なら断念しますσ(^_^;

雷鳥巡り会うってすごく幸運なことなんですよね♪( ´▽`)
シャッターチャンスはまた次回きっとありますよw
たともさんへ
こんばんは、たともさん^^

我が家も今度は、奥穂に登ってみたいです。
涸沢までを思えば、アタックの北穂はとても楽しい時間でした^^

パフェ、娘は大満足♪
ジョッキ生、母は大満足♪
えっ!姉妹?
ぜひ、今度ご馳走させてください~~(笑)
こんばんは
また制覇しましたね~
ここもしんどそうですね。
でも天気も良くいいですね~
うちも今週は夏休みで行きますよ~
  • 2011/08/01 22:28
  • yossi-
  • URL
祝・初登頂!
v-308すごいすご~い!

数回目の登山で、3000m越えは脅威です!

やっぱ、ぴょんたんさんのご褒美は、泡泡でしたね!まぁ、それ以外は思いつかなかったけどね!

でも、のんのんはスーパー小学生だね!

『たいへんよくがんばりました』v-424

ホントに羨ましいな!
yossi-さんへ
こんばんは、yossi-さん^^

最高の眺めでしたよ。
しんどいけど、そこまでしんどくなかったかも(笑)どっちよ・・・(--)

涸沢に行かれるんですか。
上高地かな。
楽しみですねー^^
Wishさんへ 
こんばんは、Wishさん^^

ありがとうございます。
雷鳥は、お初にお目にかかりドキッ♪
思わず、固まってしまいました。
数が少ないですもんね。幸運な鳥さんなんですね^^
そっかぁ、今さらながら嬉しいなぁ♪

りゃんさんへ
こんばんは、りゃんさん^^

北穂は、楽しく登りましたよ。
涸沢までが大変だったから、重たい荷物のないアタックは体もスムーズに動きました^^
娘も私もご褒美が待ってたしね。
よくがんばりました拍手で、のんのんも喜びます♪ありがとう~^^

おめでとう!

特にのんちゃん、すごい!
一番楽に行ってるように見えたけどな(笑)

パフェもビールもさぞ美味しかったでしょう!

雪に岩場に、クサリ・・・我が家には当分無理やが
レポを見させてもらって十分楽しみました

ほんまに素敵な景色ですね~

  • 2011/08/02 00:30
  • genki
  • URL
はじめまして(^^)
いつも楽しみに見させて頂いてます。

今日は休憩時間に見ていたのですが…
休憩時間が終わっても、ついつい見入ってしまいました^^;

北穂高登頂おめでとうございます!

このブログに感化され3月にはリビングシェル購入。
昨日はザックや登山用品まで購入するハメになってしまいました(笑)

お盆休みには南乗鞍キャンプ場をベースに、少し遠いけど西穂高岳に行こうと思ってます。

楽しみです(^^)
これからもレポート楽しみにしております♪

我が家は破産するかもですが(笑)
genkiさんへ
おはようございます、げんきさん^^

ありがとうです。
ゴツゴツした岩を登っていくのも下っていうのも楽しくできました♪
娘もゆっくりでしたが、頑張ってくれたのでよかった^^
天気のおかげで、連なる山々がくっきりと!本当に素晴らしい景色でした。
パフェもビールも、ジョッキに入っていればなんでも美味しいね~(笑)
なかさんへ
おはようございます、なかさん^^

初めまして、コメントありがとうございます♪
リビシェル購入に、登山用品も!きっと、ますますハマっていきますよ~(笑)
お盆は、南乗鞍キャンプ場ですか~^^我が家は行ったことがないのですが、自然いっぱいの人気キャンプ場ですよね。西穂高登山も楽しそう!新しい登山用品が活躍しますねー^^

我が家も忘れたころにやってくる、カード請求の金額にヒーヒー言ってます(><)



Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)