西日本最高峰 石鎚山登山に挑戦!!




姫鶴平キャンプ場の朝は早起きの朝。


朝焼けに光る四国カルストの地です。

P1090445_20110507111957.jpg


風車が昨日とは逆を向いておりました。

風向きが変わったんですね。






さあ、今日は


なんとなんと 石鎚山登山に挑戦。


続きもどうぞです♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ
人気ブログランキング







石鎚山(いしづちさん、いしづちやま)は、四国山地西部に位置する標高1,982mの山で、近畿以西の西日本最高峰である。石鎚山は、山岳信仰(修験道)の山として知られる。日本百名山、日本百景の一つであり、日本七霊山のひとつとされ、霊峰石鎚山とも呼ばれる。
弥山まで3箇所の鎖場があり、下から「一の鎖」(33メートル)、「二の鎖」(65メートル)、最後は「三の鎖」(67メートル)と続くが迂回路もある。「一の鎖」の手前に前社ヶ森(1,592m)の岩峰にかかる「試しの鎖」(74メートル)があり、これが最も急勾配である。
山頂からは瀬戸内海、および土佐湾、見通しのよい日には大山を始めとする中国山地、九州の九重連山まで望むことができる。(Wikipedia出典)



石鎚山 頂上山荘の日記を 事前にチェックしていたところ、例年にない残雪とのこと。

これは、アイゼンが必要だと 注文したところ売り切れ。

慌てていくつかのお店に問い合わせ、出発日ギリギリに到着いたしました。





出発前、パパからレクチャーを受けるのんのん。

P1060529.jpg




購入したアイゼンは、こちらのタイプ。




エバニュー6本爪アイゼン。

パパはL。 ママとのんのんはSを購入しました。








キャンプ場を出発し、石鎚山に向かいます。


2011.GW姫鶴平キャンプ場~石鎚山







土小屋に到着。

P1090464.jpg





昨日、パパがたくさん炊いてくれたご飯をほおばりながら朝食を。

しっかり食べて登山に備えます!






ザックの中を整えたり、登山靴に履き換えたり駐車場で小一時間余り。


やっと出発!


の前に、石鎚神社土小屋遥拝殿へ。

P1090466.jpg





無事に下って来れますように。

P1090469.jpg







8時52分。

さあ、登るぞー^^

P1090459.jpg






山笹の中を進んで行きますと

P1090472.jpg






早いうちから残雪がありました。

P1060623.jpg








P1090498.jpg



P1090501.jpg




この辺りは、アイゼン無しで進みます。



P1060634.jpg



残雪の場所と雪のない場所を繰り返しながらの登山道。

P1090485.jpg






滑って、落ちないように。

「こけるなら、左側だよー」と、声を掛けます。

P1090502.jpg





P1060637_20110509170311.jpg




途中、のんのんとパパはアイゼンを装着。

わたしは、大丈夫と感じたのでそのままで登ることに。



道づくりをしてくれていた山小屋スタッフの方に感謝^^









成就と土小屋との分岐点到着、10時50分。

しばらく、休憩。

のんのん、随分お疲れの表情です。

P1090515.jpg





ここらか先は、二の鎖が待ち構えています。

雪の量もぐんと増えてきました。





今回、石鎚山に登りたかったのは、鎖に挑戦したかった気持ちが大きかったのです。



それにしても、実際見る鎖場はなんとも迫力満点!

ほぼ垂直じゃないですかー。

これを65メートル。

登りきれるかなぁ。



P1090526.jpg





P1090529.jpg





P1090531.jpg




登り始めると、リタイアして下りられてくる方も数名。





結構、きついなぁと思いながら

でも、手を離せばどうなるかは分かるので、必死に力を入れます。




パパの前を行っていたのんのん。

一回だけ、「もう、行けない」と言った場所が。

足を掛けられる、鎖がないのです。

パパが、自分の手を踏み台にして登るよう声かけしているのが聞こえました。

そのおかげで、なんとかクリア。

私も、同じ個所で苦戦いたしました。

腕の力だけで、グイッと登らないといけないところがキツかったかな。

我が家の前を行くおねえさんが、一度足が滑って腕だけでブラーンとなったのを見たパパ。

思わず、「危ないっ!」と声が出ておりました。




後で調べてみますと、やはり二の鎖はそういう箇所があるみたい。

三の鎖のほうは、梯子を登るように行けるが ふくらはぎが悲鳴をあげるとのこと。

我が家が登ったコースは、一の鎖場は通りませんが これを全部登りきる方もいるのだから尊敬です。





途中、鎖を登りながら後ろを振り向いてみると 絶景というかなんというか・・・。

もう、登りきるまで振り向くのはやめようと思ったのでした。





とにかく、65メートルの鎖を登りきって、安堵のパパとママ。

のんのんは登りきったところで、そこにいた方たちに褒められとーーっても嬉しそうでした。



で、のんのんは

「三の鎖も行く!」と。

もう、腕が疲れてプルプルだった私たち。

「もう、無理~~」と迂回路を行くことにしました。



そこからの、迂回路。


長~~い階段で

足がもう 自分の足なんだかどうなんだか 分からないような感覚に。


P1090532.jpg



P1090533.jpg









でもでもでも、 





登りきったときは なんというか。





うーーん。





なんというか。。。。




なんというか。。。。







あー! もうぉーーー!! やったーー!!! 





ってな感じでした^^。



P1090534.jpg




山頂 11時48分。








山頂では、明日 5月1日 石鎚神社 山頂の頂上社を開くそうです。

P1090545.jpg




そのせいか この日は、あまり混雑のなかった頂上。

明日からは登山者ももっと増えるのかな。


P1090612.jpg





頂上では、風がとても強く 帽子を飛ばされている方も何人かちらほらと。


少しでも、風が遮れるような場所をさがしてお昼をとります。


P1090541.jpg





P1090543.jpg








ゆっくりお昼をとったら、天狗岳へ


行くの~~?!(><)



P1090546.jpg





P1090547.jpg





P1090549.jpg



強風に体がとられそう。



岩に這いつくばって行きますが、怖い。


P1090556.jpg




怖すぎです。


P1090557.jpg





P1090560.jpg




これ以上行くのは、危ないと ここで、引き返すことにしました。







のんのん の三つ編み具合で、この日の風の強さを分ってもらえるでしょうか。

P1090593.jpg








そんな中でも、天狗岳まで行かれている方もおりましたよ。

スゴイなぁ。

P1090587.jpg






石鎚山の頂上の山小屋。

P1090613.jpg





下山の前に、記念のピンバッジを買って 13時24分、頂上を後にしました。

P1090614.jpg









下山は下山で滑りやすいので、慎重に足を運びました。

P1090617.jpg






下りもここで、おやつ休憩。

P1060660.jpg






こんな時間からでも、これから登る方ともすれ違います。



P106066.jpg









P1060690_20110509180648.jpg









ここの左側にテント場がありました。

P1060710_20110509180344.jpg


この辺り、もう のんのんがかなり疲れているので

歌を歌って励ましながらの下山です。


適当に歌詞をつけて・・・



「肉とビールの歌♪」 




下山後が楽しみだー^^♪


P1060713.jpg






15時40分。

無事、下山。


P1060718.jpg





怖かったぁ!! でもでも 面白い!


そんな感想を持った石鎚山でした。



にほんブログ村 アウトドアブログへ
今日のランキングは?応援よろしくお願いしま~す♪

関連記事

Comment

すごいですね~
雪山は危なそうですね~
でも頂上に行くと達成感がありますよね~
これからもいろんな所へいかれるんでしょうね~
  • 2011/05/09 21:45
  • yossi-
  • URL
地元に住むりゃんも行ったことがない「石鎚山」!

もちろん土小屋や反対側の成就社まではありますけど、それ以上は心の準備ができないままです!

しかし、のんのんは頑張りましたね!メチャメチャすごいです!

りゃんも今度の日曜日、天気がよければ石鎚山の瀬戸内海側にあるトレッキングコースに行ってきますので、またブログで報告しますね!
こんばんは。

いつもながら山は怖い…
やはり遊び半分で登るようなものではないですね。
そんななか立派に登頂、すごいです!

しっかし、のんのん励ますのに「肉とビール」って(笑)
す、す、すご~い!!
残雪の石鎚に登るなんてさすがぴょんたんさん一家
のんのんちゃん、師匠とよばさせていただきます。

私、愛媛に住みながら標高イヤーの1982年に1度登ったきり・・・

我が家も今年こそは石鎚を~と思ってます。
息子たちにのんのんちゃんの雄姿を見せてその気にさせなくっちゃ。

キャンプ道具を先に入手する競争!?していた頃がなつかしい~。
家族みんながハイクの楽しみを知って、山へ出かけるなんて「ステキやん」

我が家はオイラ以外は味なし・・・だから一人で近くの山をハイクしています(ToT)
すっご~!!
うちは絶対無理ですな・・・

いや

-ヒロ- だけは
『のんのんちゃん登ってんのに』

とかなんとか言いながら
意地でもついて行きそうですが・・・

H家ですか?
まっ平らな『箕面キャンプフィールド』にて
GWの予定を、使い切りました(^^)ゞ

お越しの際は是非連絡くださいナ
15分で参上致します。
  • 2011/05/10 00:43
  • 大阪H家
  • URL
お疲れ様~。

残雪と、鎖場、すご~い。
のんのんちゃんも頑張ったねぇ。
達成感が大きかっただろうなあ。

アイゼンも購入して万全の装備ですね。

残雪登山してみたいな・・・。
yossi- さんへ
おはようございますー^^yossi-さん。

残雪の山を登る気はなかったのですが、
たまたま今年の雪は多かったみたいで・・・。
いま、写真を見ても背中がゾクってするくらい怖かったです(笑)
けど、また行きたいなぁと思うんですよねー^^
りゃんさんへ
おはようございますー^^りゃんさん。

地元に魅力の山があって羨ましいです^^
近すぎて、なかなか行かないこともあるのでは。
我が家も大山には登ったことありません^^

娘は鎖場に挑戦して満足げでした。
日曜日、晴れるといいですね。
レポ、楽しみにしてます♪
キャンプ場の選択、そして登山。
もうすっかり虜ですね~
凄いなあ~

写真見てるだけで、高さとかに酔いそうです(笑)
しかし、お嬢さん凄いね!
下山後のご褒美はお肉だけですか?
  • 2011/05/10 08:25
  • 恭たんパパ
  • URL
石鎚山、魅力たっぷり危険たっぷりの山ですね!
それにしても、残雪や鎖場にひるむことなく挑戦するなんてスゴイな~

パパとのんのんちゃん、パパの手を踏み台にして登るなんて
まるで映画のワンシーンのようですね(^^)

「肉とビールの歌」 励ましには最高の歌ですね
歌詞がしりたいな~♪
パパねこさんへ
こんにちは~^^パパねこさん♪

今回は、鎖に挑戦したくてこの山を選びましたー^^

「肉とビールの歌♪」
のんのん励ますのか、自分のためなのか・・・(笑)
でっかい声で、しょうもない歌詞を嬉しげに。。。
誰にもすれ違わなくてよかったです(笑)
ゆうかんママさんへ
こんにちは~、ゆうかんママ♪

残雪はかなりの想定外で、ちょっと今回は見送ろうかとも話したんですけどね。
アイゼン買って行ってみて、無理なら引き返そうね~ということだったんです。

ゆうかん家も今年は挑戦できるといいですねー^^
息子くんたち、ファイト~♪

なんつぃ~さんへ
こんにちは~^^なんつぃ~さん♪

シェル買ったとか、インナーテント買ったとか(笑)
スノーピーク用品が増えていくのも、楽しかったなぁ~♪

あれ?家族と一緒に山登りしないの。
でも、一人ハイクも「ステキやん」(笑)
大阪H家さんへ
こんばんは~^^H家のパパさん~♪

登ってきましたよー。石鎚山^^
ヒロくんなら、登れると思います!

箕面キャンプ場。
H家のホームグラウンドになりそうな勢いですねー^^
管理人のA元店長も喜ばれているのでは?^^♪
に、しても本当、近いところにあるんですね~。

こんばんは

四国に行ってたんですね

石鎚山ですかぁ~ 

昨年 行くチャンスがあったんですけど
残念ながら逃してしまいました
やっぱり 行っとけばよかった
ぼくも あー!もうぉーー!!やったーーー!!!
って 感動したかった

のんのんがんばってますね
当然なんですがパパとママを信頼しきってるから
登頂することが出来たんでしょうね
あ~家族愛 すんばらし~

少し その愛をわけてくださ~い
とーとさんへ
こんばんは~^^とーとさん♪

実は、残雪は想定外でした。
でも、この機会にアイゼンも勢いで購入できたので 
そのあたりは良かったのでしょうか^^
鎖場に挑戦できたのは家族で喜んでおりますー♪
恭たんパパさんへ
こんばんは~^^恭たんパパ♪

キャンプ場は、一度行ってみたいなぁと思っていたところなのでちょうどいい機会でした^^

石鎚山~天狗岳の写真は、今 見返すだけでも、ぞくぞくっとします。
怖すぎでした。
娘のほうが、色んな意味で強かったなぁ><
ご褒美、もう少し考えた方がいい?(笑)
シュガー2さんへ
こんばんは~^^シュガーさん♪

残雪も鎖も、本当はめちゃめちゃ怯みっぱなしでした・・・。

パパの手を踏み台にしながらも、しっかり登りきった娘は一番鎖場を喜んでおりました^^
体力も気力も負けないようにしなければ・・・。

「肉とビールの歌」・・・くだらん過ぎて、思い出すのも恥ずかしいです(笑)
りんくんさんへ
こんばんは~、りんくん♪

高速道が1000円のうちに行こうと思い、四国カルストへ^^
そして、石鎚山にも挑戦して、良かった~と思っております。

りんくんも、また機会を見つけて感動を味わいにいってきてください^^
あっ、家族全員でいけば ますます愛も深まるかもです^^♪
こんにちは、はじめまして!

パパねこさんのところから飛んできました~

それにしてもスゴイですねぇ。記事を読んでるだけで、しんどさが伝わってきました。
雪道の写真を見ているだけで、ぞっと、なりました。
あんなところどうやってすれ違うんだろ?

でも、登山って達成感がハンパじゃないんじゃないですか?
私も憧れるんですが、基礎体力が・・・w

あっ、それと勝手ながらリンクさせて頂きました。
これからもちょくちょくお邪魔させていただきます。
しゅうみらさんへ
こんばんは~^^しゅみらさん♪

はじめまして。コメントありがとうございます。

石鎚山の細い雪道。
すれ違うときは、ベテランさんたちが上手くよけてくださいました。
もしくは、下るのと登るのと順番っこの一方通行です^^
私も全くもって基礎体力ありませんが、なんとか行けてます。
まだ、数は少ないですけど。

リンク、ありがとうございますー^^
嬉しいです~~^^♪
まいど~

すげ~!
雪も鎖も。
ん~かなり、先を行かれてるな(笑)
まあ、うちはあの小僧を背負ってはむりやけど。

でもでも、わかるなあ~登ったときの達成感。
やっぱり、山は登ってみないとわからないよね(笑)
  • 2011/05/13 00:38
  • genki
  • URL
genkiさんへ
まいどです~^^げんきさんー♪

ありゃー><
コメント、遅くなり申し訳ないですー><

のんのんに、「なんで、山登りするの~~」と登りながら質問が。
んーーーーーー・・・・。
困ったので、
「その答えを探すために登るのだ~~!!」
と、カッコよく答えたら
「ハイハイ・・・」
と、軽くあしらわれたよ(涙)
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)