大天井岳~雪彦山~鉾立山 初めての縦走♪

4月3日。

雪彦山登山の日です。



雪彦山キャンプ場で迎えた朝。

のんびりと朝食を摂っていると、すでに登山者の方の姿が見えます。




6時から朝食を摂り、

お米を炊いておにぎりを作ったりと登山の準備。


8時の出発を目指しましたが、結局 9時15分のスタートとなりました。

P1080254.jpg






P1080250.jpg







P1080251.jpg

看板を読み、気合いを入れて出発です。
 





続きもどうぞです♪

にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ


人気ブログランキング











登山口の前に置かれた紙。

飛ばないように乗っけられた石がなんだかいいな^^


P1080252.jpg






塗り立ての矢印が示してくれる方へ進みます^^

P1080253.jpg




と。

その前に、記念撮影。

なんだか、登山ファミリーみたい~~♪

P1080403.jpg




と、喜んでいると お山の管理人さんがやってこられました。


「最初から急だからゆっくりゆっくり登るんだぞーー」


ありがたいアドバイス。






登り始めてすぐから、こんな岩がごろごろした道が始まります。

P1080404.jpg









最初のくさり場。

P1080406.jpg


のんのんもザックを背負いながらガンバリマス。








出雲岩に到着。

コースルートにはここまで、1時間で到着とありましたが

我が家は、1時間20分かかっています。

P1080410_20110410203111.jpg










岩場もどんどん迫力あるものに!


P1080412_20110410203110.jpg




ゆっくりペースの我が家。

たくさんの登山者に先に行ってもらいます。


「ゆっくり行かんと、まだまだこの先が本番だぞーー!!」


と、声をかけてくださるかたも^^







岩に書かれた矢印を辿っていきます^^






P1080416_20110410204017.jpg






P1080419.jpg






P1080422.jpg





注・・・の文字。

P1080428.jpg


ロープの下は、こんな崖。

P1080429.jpg


「気を付けてねーー」と、のんのんに声を掛けながら進んでいます。







でも、この先には景色の開けたところがありました。






しばしの休息♪

P1080436.jpg










またまた、進んでいきますと

みなさんのレポでよく見る光景が^^

P1080439.jpg







P1080440.jpg

ザックの大きかったパパは、背中から下ろして手に持って進んでいきます。










もうひと踏ん張りしたら

P1080443.jpg






P1080447.jpg













大天井岳(通称雪彦山 ここには雪彦山の三角点はありません)に到着です。


P1080467.jpg







たくさんの登山者がお昼をとっておられました。


P1080453_20110410205948.jpg



P1080463.jpg



P1080461.jpg






さっそく我が家もここで昼食。


朝、作ったおにぎりを食べ

P1080448.jpg






山専ボトルとジェットボイルでカップラーメン♪

お山で温かいものも頂けたし♪大満足^^

P1080457.jpg





さて、ここからくさり場に行き、帰るコースするか


雪彦山三角点まで行き、鉾立山を目指しぐるりと縦走コースにするか迷いました。






くさり場コースなら、もらったルートのコースタイムによるとあと80分。


我が家の足で、1時間半強といったところでしょうか。



どうしようか話あった結果、せっかくだから三角点を目指したいということになり

雪彦山三角点~鉾立山縦走コースを選びました。





同じ場所で昼食をとっていた 毎週この山に登っているおっちゃんに聞いたところ

ぐるっと縦走コースはこの大天井から3時間くらいとのこと。











それなら、なんとかなるか!と思ったのが良かったのか悪かったのか・・・。















昼食を食べ終え、元気に出発し 雪彦山三角点到着。

見晴らしは、大天井岩のほういいです^^

P1080470.jpg











続いて、鉾立山三角点を目指します。


P1080477.jpg




ここからは、まだ雪のかぶった氷ノ山も見えました。

P1080478.jpg




天気によっては、大山まで見えるようです。

P1080484.jpg








P1080482.jpg











鉾立山でのんのんが撮っていた写真。

パパにお世話掛けっぱなしのママ。

P1060312_20110410222221.jpg

もっと、いい写真撮ってくれたらいいのに・・・(--)









鉾立山山頂をあとにし、下山道へ進みます。



P1060323.jpg









今まで歩いてきた山々が見えると、ちょっと感慨深い。


P1080493.jpg




P1080491.jpg









下山道は自然災害の影響からか、こんな所もありました。

P1080502.jpg





P1080507.jpg







P1080514.jpg






目にしたことのない、森の姿に足の止まったのんのん。

P1080510.jpg














足元に注意しながら、ペンキマークを頼りに行きます。

P1080513_20110410214034.jpg








このころから、沢が見えるように。

P1080515_20110410213852.jpg










「わ~♪橋だーーーっ!!」


P1080518.jpg


喜ぶのんのん。


でも、さすがにわたる勇気はなかったようで

P1080519.jpg


横目で見るだけ^^










大きな石に大きな矢印。

P1080521.jpg

心強いです^^








沢に沿って下っていきます。

P1080522.jpg







のんのん、ずいぶんお疲れの様子。


地図に書かれているタイムより、随分オーバーしながら進んでいます。


P1080525.jpg









P1080547.jpg








P1080551.jpg



それにしても、激しい山です。









虹滝。

大きな石を登ったり降りたり。


P1080553.jpg





P1080556.jpg






P1080559_20110410215438.jpg








それが終わると、大きくそびえたつ岩が見えてきます。


後ろから来られたグループの方に、ここがロッククライミングの場所と教えていただきました。


P1080562.jpg

ロッククライミングの聖地と言われている雪彦山。

さすがの姿。








最初の登山口まで、あと40分の看板。


と、いうことは我が家の足で1時間弱。



もう、へとへとです。


足もとも大きな石がごろごろしているので、それがまたきつい。

P1080564_20110410225219.jpg





のんのん、元気がなくなってきてきています。



アメちゃん舐めなめ、声を掛けかけ もうひと踏ん張り。










途中、発見した可愛らしい花。

P1080565_20110410220545.jpg


のんのんが、


「これ、みつまた木だよ!

 枝が絶対みっつに分かれるからみつまたっていうの。

 和紙の原料になるんだよ^^」 (のんのん談)


と、教えてくれました。


初めて知ったママ。

のんのん、すごいねー^^

よく知ってるね!教えてくれてありがとう♪と意外な一面に感激^^



そうこうしている間に、人の手が入っているような景色に。


P1080568.jpg


最後の最後にこの階段。


もう、足が悲鳴を上げています。



登山口到着。


P1080569_20110410221331.jpg



時間は16時。





9時15分の出発から長い道のりでした。




あまり情報収集せず、その日に決めた雪彦山キャンプと登山。

縦走も思っていた展開とは違い、時間も想像よりはるかに掛かってしまいました。


やっぱり、それなりにどんな山なのか知識を入れて登ったほうがいいと反省・・・。



我が家の場合、一般に書かれているコースタイム+1時間は余分にみておくこともさらに実感。



7時間近くかかった、登山~縦走となりましたが

雪彦山、とても面白かった!




今度は、クサリ場コースを行ってみたいと家族で一致なのでした♪


P1080847.jpg




P1080850.jpg



いつも応援ありがとうです~^^
アウトドアブログ キャンプへ



関連記事

Comment

凄いですね。
私には無理かも???
特に狭いところでは挟まりますね。

実は実家から結構近いかも?
雪彦温泉には行ったことあります。

キャンプ場もあるんですね。
めちゃ自然を満喫 素晴らしい~!!

逞しい山ガールに感動しました。
  • 2011/04/11 07:50
  • てるゆき
  • URL
てるゆきさんへ 
こんばんは~^^てるゆきさん。

雪彦山は、面白い山でした^^

雪彦温泉も最後に入って帰りました。
山登りのあとの温泉は最高です^^

ここのキャンプ場も、独特でいい感じだったので
ぜひまた利用したいと思います♪
こんばんは

鉾立山からの景色いいですね~
行けばよかったっ!

コースタイム気にせず 
ゆっくりマイペースでネ

鉾立山でのんのんが撮った写真
良かったですよ~
きっと きっと ぜったい~
やさしいパパなんでしょうね
ほんと 理想の家族ってかんじー(´∀`*)
こんばんは
結構しんどそうですね~
でも楽しそう!
暖かくなってきたのでこれからトレッキング良さそうでね~
次はどこかな~
  • 2011/04/11 22:51
  • yossi-
  • URL
こんばんは^^

鉾立まで周られたんですね~
景色いいですね~
この災害の痕は南光の橋が流された時のかなぁ。

次は鹿が壺をベースに登ってみるのもいいかもですね。
ところで雪彦林道はまだ通行止めでした?
りんくんさんへ
こんにちは~^^りんくん♪

鉾立山からは、ずいぶんいろんな山々が見えるんですねー^^
ここで、お昼にされている方もおられましたよ。

ペースですが、我が家は本当に遅いと思います。
先をいかれる方たちの足取りに尊敬のまなざしを注いでおります^^

パパは優しいと思います・・・。
多分・・・。
わたし、いつも怒られてますが(--)ナンデ??
yossi-さんへ
こんにちは~♪yossi-さん~~^^

クサリ場があったり、大きな岩を登ったりと手も足も使って進んでいくのはとても楽しかったです^^
岩山、いいです~♪
ただ、ゴールまでの所要時間が7時間近くかかるのは思ってもみませんでした。
もう少し、下調べも必要ですねー><
これからの時期、いろんな所に行けるといいなぁ♪
マツテックさんへ
こんにちは^^マツテックさんー♪

鉾立山は眺めの良いところですね^^
いつぞや登った氷ノ山が見えたときは嬉しかったです。
思わず、手を振ってみました(笑)

森の崩れているのは、豪雨災害の爪跡かもしれませんね。
林道ですが、よく分らなかったです。
お役に立てず、ごめんなさいー><
こんばんは(*^。^*)
がっつり7時間 歩き応えたっぷりのコースでしたね~♪
筋肉痛になれそうで羨ましい~(笑)

 我が家は諸事情でちょっと出かける気力がなく・・・つま先歩きでもして筋肉痛になれないかと会社で変な歩きをしてます(笑)

 
こんばんは。

力の入ったレポでしたね~
長い長い行程、無事帰還で何よりでした。
読み始めたときは、こんなに険しい道が続くなんて
想像もしてなかったです。
要所要所にある赤い矢印、心強いですね。

登山口の看板にある、山を知り自分を知って楽しい登山
いい言葉ですね。
雪彦山って大変な山道なんですね!
最初の看板の『注意!!』を読んだら私なら引いちゃいそう(笑)
くさりあり、大きな岩や崖がありで・・・
のんのんちゃん頑張りましたね♪

大天井岳で食べてた昼食がおいしそう
お山で食べると格別でしょうね

久しぶりに登山したくなっちゃいました。
piyosuKe-papaさんへ  
おはようございます~♪piyopapaさん^^

まさか、こんなに歩くとは想像もしておらず
もう少し真面目に情報収集していかなければ・・・と実感いたしました。
でも、最後まで岩をよじ登ったり鎖場があったりと楽しかったです^^
下山後、雪彦温泉に入ったのがよかったのか筋肉痛知らずでいけました~^^若さ?(笑)

会社でつま先歩き・・・って(笑)
じゅうぶん怪しいですね~(笑)
パパねこさんへ
おはようございます~パパねこさんー^^

登山の看板、言われてもう一度真面目に読み直しました^^
ほんと!いい言葉がかいてありますねー。
ハイキングではありません・・・ばかりに目が奪われてました。

山の中で、目印を見るとほっとします^^
いろいろ変化のある楽しい山でした。
息子くんとどうですかー^^?
シュガー2さんへ
おはようございますーシュガーさん♪

長い時間、娘も本当によく歩いたなぁと思います^^
変化に富んだ山なので、楽しかったんでしょうね。

シュガーさん、登山されていたんですか?
私、完全初心者なんです。
なかなか、自分のペースがつかめずにいますー><
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)