最終~たくさん学んだ大鬼谷雪中の年越しキャンプでありました♪

年越しも最後の夜。


P1060114_20110118002432.jpg



あまり、雪下ろしを気にしなくてもよい夜になりました。








ただ、今回のサイトは木の下なので、

木の枝にたまった雪がドサっとまとめて落ちてきます。



続きもどうぞ♪
http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング


http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング


人気ブログランキング







その音が怖い。





ドサッという雪の音に、夜中に目が覚めることもしばしば。








翌日の最終日は、青空が広がっていました。



P1070040.jpg








P1070059.jpg








P1070060.jpg













P1070038.jpg






気温も上がってきたのでしょう。



枝にたまっていた雪が容赦なくリビシェルを叩きます。



怖い。



でっかいのが落ちてきたら、危ないな・・・。



なんて、思いつつお隣のsiori家を見るとすでにテントがたたまれていました。






どうしたんだろう、と思っていると



ちょうどサイトの上の枝にたっぷりとたまった雪が今にも落ちそうな感じなのです。





夜のうちにその枝に気づき、もしも落ちてきて潰れたら危ないということで、



娘ちゃんだけを車に寝かせていたそうです。







そんな様子をみて、我が家もちょっと焦りつつ撤収作業開始。



プラドっちの雪落としからの作業です。


大鬼谷プラド





枝の雪が、少しずつとけはじめ


あちらからもこちらからもどさっと落ちる音が。





立てる前、枝の様子をみて場所選びをしていますが、


完全に頭の上に何もない場所というのは難しいサイトです。










撤収作業を進めていると、そこに 「どさっ」 という大きな音。



思わず外に出てみると、おとなりのシェルが雪の勢いと重みに負けておりました。




上を見上げると、心配していた枝の雪が落ちています。





siori家の父さんと母さん

通りかかった管理人さんも来られ

うちのパパも行き

piyoパパさんも足を止められ

みんなで、上を見上げておりました。



あっ、娘ちゃんとのんのんはずっと雪遊び・・・。



P1070048.jpg



管理人さんが言われるには




「年末に雨が降って、そのあと雪が降ったから 枝に着雪した。


 その雪が、気温が高くなってきたこともあって、滑り落ちた」




とのこと。



あまり、こういうことはないと言われていました。







とりあえず、昨日の夜の時点で、雪が落ちてきそうだと思っていたsiori家。


撤収作業時にも



「ストーブは先に外に出していて、よかった」



と、管理人さんと話しておりました。






状況を見ながら、迅速に判断されたのは見習わなくては!!








siori家のリビシェルはポール25本の修理で、幕の破れはなかったようです。




父さん、


「ポールが折れるのは、いつも大鬼谷や~!!ははは~~!!」


と、管理人さんに。






母さん、


「ぴょんたん、写真は撮らなくていいん!?ニヤリ」


と、私に。





こんな状況でも おおらかなお二人です。





私はというと


「ありがとう」


と、こちらを。


P1070051.jpg









P1070053.jpg









木の枝からはどんどん雪が落ちてきます。


我が家も、シェルの中にある荷物を全部外に出し、


さっさとシェルをたためるようにしました。



P1070057.jpg





荷物はそのまま外に出しているので、枝からの雪もたくさんかぶっています。



帰ったら、びしょびしょだろうなぁといいながらの積み込み作業。









早い段階から、撤収作業をしていたsiori家はひと足先に大鬼谷をあとに。




「りんくうに、修理に行くわ~~!!


 でけへんかったら、次、何 買おーーーー!!」




と、言い


ぶんぶん手を振って帰って行きました^^






が、途中で車が立ち往生。


パパが車を押しに走って行きました。



やれやれ(笑)



無事、雪の中から脱出。


これで、ホントにバイバイ。




もう一回、ぶんぶん手を振って帰って行きました。









ちなみに我が家は


大鬼谷1日目から、雪よけ作業のとき


スコップで開けてしまった穴がふたつ。


滞在中に雪の重みで引っ張られた穴は


ぴしーーーーっとまっすぐきれいに裂けております。



P1060109_20110118002845.jpg







P1060108.jpg





まぁ、この穴のおかげで


ストーブの換気にはそこまで気を使わずに済みました・・・ということで。





帰った週、

なんだか調子の悪いワンアクションテーブルと一緒に修理へ出しました。









我が家。


「雪はたっぷり、雪下ろしまではしなくても大丈夫♪」


という、環境での雪中経験だけでしたので 今回はいろいろと学んだ4日間となりました。





思い出に残る、年越しキャンプでしたしね。

P1050914_20110118012007.jpg





P1050991.jpg






P1070046_20110118012329.jpg






P1050866.jpg






楽しい時間を共有できた


あの方、この方、そのお方のみなみなさま(笑)ありがとうございました。



夜まで、トイレ前の雪かき・炊事場の掃除をされていた管理人さんお世話になりました。



P1050924_20110118000613.jpg










あっ、帰ったその日、家の周りはこんなのに。


玄関入るのに まずは雪かき~~なのでした^^



TOSIKOSIOSIMAI.jpg



にほんブログ村 アウトドアブログ キャンプへ


関連記事

Comment

竜天ではお世話になりました。
少しでしたがお話できてよかったです。

やはり、大鬼谷の雪は凄いですね。
あと、御自宅の方もね。

我家も、大鬼谷、行ってみたいなぁ。

また、御一緒できるといいですね。
  • 2011/01/18 08:08
  • Tsune
  • URL
こんばんは~

雪のダメージは大きいですね。
ポールが折れるのは予想できたけど、
幕がここまできれいに裂けてしまうとは。
雪中の予定はないけど、色々と勉強になりました(笑)
滞在中も帰ったあとも気合が要りそうだぁ
こんばんは(*^。^*)

我が家も始めてのドキドキサイトで学びが多かったです(^^ゞ

 次回も出来ればドキドキサイトがいいな~と思ってるんですが、、何を張るか・・・ランタンは何にするか・・もう妄想モードに入っております(*^。^*)

 お世話になりました~来年もよろしく(笑)
最終~ですか(>-<) 少し寂しいような・・・
毎回の記事を、ワクワクしながら読ませていただきました!
大鬼谷の雪、スゴすぎます♪
枝にたまった雪とわいえ、リビシェルを破壊するとは・・・
恐るべしですね!!
魅力たっぷりのキャンプ場ですね
すごく盛り沢山な、年越しキャンプでしたね(^^)
Tsuneさんへ
Tsuneさん、こんばんは~^^

大鬼谷の冬は面白いと思います。
雪が半端じゃないですからねー^^

我が家の地域も、年に数回半端じゃないときもありますが。。。

こちらこそ、お話できて喜んでます。
今後もよろしくです^^

パパねこさんへ
パパねこさん、こんばんは~^^

一番気合いが必要だったのは帰った時かも。
テンションも低いしねー(笑)

幕もポールも修理可能なので、
我が家のリビシェルもますます愛着もって使えるかとおもいまーす^^

piyosuKe-papaさんへ  
piyoパパさん、こんばんは~^^

最終日の夜は 
ドサッと雪が落ちるたび、ビビりまくりでした。

でも、帰ってきて豪雪大鬼谷の写真をみんなのレポで見直していると
また行きたいなぁと思ってしまうのが不思議♪♪
あっ、自分の写真じゃあんまり思わないです(笑)

今回は、ホントにありがとうございました^^
レポ、お先でしたー^^(笑)
シュガー2さんへ 
シュガー2さん、こんばんは~^^

大鬼谷は雪中キャンプを思う存分に楽しめるキャンプ場だと改めて思いました。
関東方面からも、来られていましたよ^^

シュガーさんの近くには冬キャンやらちょっと北に行けば雪中やら
通年遊べるキャンプ場がいっぱいだと思います^^
羨ましいなぁ^^

長々書いてしまった年越しレポ。。
お付き合い、ありがとうございました♪

お疲れ様でした~♪
ファミだけだと、くじけそうになる雪の量でも。。。
みなさんの姿をみながらする雪かきなら、頑張れたよ~♪papaが(笑)

誰にも怪我なく無事に過ごせてよかったよ~♪
管理人さんも迅速なお心使いで、撤収中のサイト回って
ストーブ止めるようアドバイスしてくださってり、ホント
行き届いたサービスに感謝でした(*^-^*)

ありがとうございました~♪
またどこかで~~(^0^)b
レポお疲れ様でした(^^)

大鬼谷ではお世話になりました♪
行く前からぴょんたんち来るかな~って話してたんですよ(笑)
バッタリできて良かったです(^。^)

お友達のリビシェルにはびっくりでした!
撤収が早いなぁ~と思っていたんですが、こんな事になっていたとは。。。

今度はお山でバッタリしたいですね~!

今年もよろしく~♪

これだけの降雪があると予測不能な色んな事が起きますね・・・。
わが地方もプチ雪国 
着雪した時の雪の重みは十分理解してるけど完膚無きままリビシェルを倒壊してしまうとは・・・

やはり適度な量(2~30cm位の)がいいのでしょうか・・・

でも降雪にドキドキワクワクしながら一度は体験したいかな(笑)
  • 2011/01/19 19:29
  • tomo0104
  • URL
こんばんは

いや~怖いですね(色白の友達ではないですよ)
勉強になりました

大鬼谷で雪中キャンプするときは修理覚悟でv-237
と言うことですね  ありがとうございましたv-221v-16
お疲れ様~、のキャンプでした(笑)

Kちゃん、スタックした我が家を助けてくれてありがとう。
最後の最後で冷や汗かきました(;´▽`A``

我が家も、色々と勉強になった雪中キャンプでした。
ぴょんたん一家がいなかったらへこんでたかも~ヾ(´ε`*)ゝ
ありがとうね~♪
  • 2011/01/19 21:33
  • siori412
  • URL
もえここさんへ
もえここさん、こんばんは~^^

ありがとうでしたー!
今回は、もえここ一家にも仲良くしてもらいとっても喜んでます♪
ホント、ありがとうねーー♪
気さくなお二人なので、会話も楽しかったです。

豪雪もドキドキサイトもいろいろ体験できた年越しでした。
撤収作業は、普段にないくらいてきぱき頑張りました^^

また、お会いできると思ってますよ~^^
ではでは。レポお先でしたー(笑)
もえここ-papa さんへ
もえここぱぱさん、こんばんは~^^

行く前から(直前ですけど 笑)
もえここ家に会えるなぁ~~♪と思っていたんですよ!
やっぱり、会えた!(笑)

友だちのリビシェル。
ポールの修理も完了したようで、よかったなぁーと思ってます^^

お山でばったりは、・・・いつになるんでしょう。。。。
でも、登れる山からぼちぼち挑戦していきまーす^^♪

年越しはたのしい時間をありがとうでしたー♪
tomo0104 さんへ
tomoさん、こんばんは~^^

年末年始は豪雪でしたもんね。
こちらでは、新年のあいさつが「大変な雪でしたねー」となっていました。

豪雪も楽しみにいった我が家は大満足の年越しとなりました^^
雪に振り回されたけど、それがしたいんだから仕方ないですよねー^^
ドキドキの雪中キャンプ。
tomoさんならお似合いです^^
おっきなスノーチューブもあるしね(笑)
りんくんさんへ
りんくん、こんばんは~^^

枝の雪がまとまって落ちてくる音には
思わず声が出てしまうほど、びっくりです。
(暗闇で、りんくんの友だち見たら「キャー」って言いそうだけど・・・)

大鬼谷の雪中もあまり降雪のないときなら
快適キャンプになるかと思います^^
siori412 さんへ 
siori家、こんばんは~~^^

いろいろありがとうねー。
ポールの修理終わって良かった良かった!!

サイトでバイバイ~って、手を振って
今度は後ろを通るのを待っていたけどなかなか車が来ない・・・。
案の定、スタックしてたわ(笑)

いっぱい残った食材。
おつまみ系じゃない?
さっさと寝たもんねー(笑)
初めまして、まゆんです☆秋田のファミキャンパーです♪
雪中に憧れてますが
やはり危険は付き物なんですね。。
楽しくても、やりたくても、状況判断で諦める事も大事なんですね。。
学びましたー!
まゆんさんへ
まゆんさん、こんばんは~^^

はじめまして。コメントありがうございます^^
雪中キャンプも、場所と天候を選べば楽しくできと思います。

まゆんさん、秋田なんですねー^^
秋田の方とお話するの、初めてです。
嬉しいです。
これからもよろしくお願いしまーす♪
初めまして~
 初めまして ハマちゃん 43歳 呉からです。
小学5年生の娘と どちらかといえば旅行はホテル派の奥様をむりやり 連れて行く 夏キャンプが
精一杯です。
今回、ぴょんたんさんのブログを拝見し凄く感動しています。
夏キャンプも3年で6回程度で冬キャンプなんて
無理とは、思いますが 早速 大鬼谷 行きたくなりました。
カマクラとか 楽しそうですよね~


  • 2012/01/20 23:52
  • ハマチャン
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)