槍ヶ岳山荘のテント場へ 早発~早着

 

2日目の朝。

今日は槍ヶ岳山荘のテント場を目指して登ります。



続きもあるよ!
人気ブログランキング




 

 

我が家が目覚ましを掛けたのは2時半。

19時就寝なので、一応7時間以上の睡眠時間は確保です。

ちなみに、今回の5日間とも就寝と起床はこのサイクルでした。

 

 

morさんが撤収作業をしている我が家を撮ってくれました。

こんな暗い中、ちゃんと写真が撮れるって流石!!

ありがたく、載せさせてもらいますね。



 

 

 

 

 

 

 

3時50分。

出発です!

この写真も撮ってくれました^^ありがとう♪



 

 

 

 

 

まだ、暗い中ですが

槍ヶ岳山荘を目指していきましょう。



 

 

 

 

 

頼りになるのは足元を照らすヘッドランプの明かりだけです。



 

 

 

 

 

 

黙々と登っていたら

いつの間にか空が白んできました。



 

 

 

 

 

槍ヶ岳までで最終の水場。

登れば登るほど水場はなくなってきますよね。



 

 

 

 

水を汲み、喉を潤します。



 

 

 

 

 

 

登りはまだまだ始まったばかり。



 

 

 

 

 

あんなに早く出発したけれど

槍平小屋をベースに

槍ヶ岳をピストンする人たちにはすでに追い越されています。



 

 

 

 

 

久々の縦走ザックは重たいし

のっしりのっしり上がっていきますよ。



 

 

 

 

 

 

しばらく登って振り返ると

向こうのほうに笠ヶ岳。

二日後にはあそこまで歩いている予定なのですが・・・

本当に大丈夫かしら。

と、思うくらいずーっと向こうに見えています。



 

 

 

 

 

 

そんな笠ヶ岳もすぐにガスに覆われ

仕方ないから登っていくしかありません。

 



 

 

 

 

 

高山植物にも目をやりながら。



 

 

 

 

そうえいば、2012年。

娘の高山病で引き返したのはこの辺りだったかもしれません。

 



 

 

 

 

 

パパりんに抱き着いて泣いてたのんのん。

懐かしい♪







 

 

 

 

 

のんのんと一緒にそんな会話をしたかったけど・・・

健脚娘、すでに先に進んでました(--)

ぴょんたん母さん・・・ちーん。





 

 

 

 

 

 

 

千丈沢乗越への分岐。

ここには、槍平小屋の方が設置してくださっている救急箱があります。

ありがたいですね。



 

 

 

 

 

 

槍ヶ岳はあちらですよ!

知ってますよ!

岩のペンキに応えてみる怪しい自分。



 

 

 

 

 

 

 

まずはあの稜線までいかなくちゃ話になりまぬ。



 

 

 

 

 

うちの娘はどこかしら?

 



 

 

 

300mmの望遠精いっぱい。

いたいた。

ちょうど真ん中。



 

 

 

 

 

 

 

つづら折れの登山道。



 

 

 

 

 

 

ザックの重たいパパりんは大変です。



 

 

 

 

 

そんなとき、遠くのお山に虹発見!

6時48分。



 

 

虹はきれいだけど

朝の虹は天気が崩れるのです。

 

そうそう。

2014年。

折立から立山まで縦走したときも

そんな朝がありましたよ。

 

 

 

 

 

つづら折れを一歩一歩。

ああ、しんどい。



 

 

 

 

 

で、案の定。

雨が降ったりやんだり。



 

ザックカバーをつけたり

レインウェアを着たり脱いだり。

 

 

 

 

 

 

と、両親が登りに苦しんでいたその頃。

のんのんは槍ヶ岳山荘のテンバまで登っていたようです。

 

 

そんな娘に声をかけて下さった男性。

ブログを読んでくださっているようで嬉しい限りです♪



 

大きくなったねだって~^^!と

同い年のお子さんがおられるだって^^!と

南岳から穂高まで行くんだって^^!すごいよねーーーー!と

 

一緒にお話していただいたのがすごーく楽しかったようで、

色々報告してくれました。

その節はありがとうございました。

 

 

 

さぁ。

そんな娘はさておき

パパりんとぴょんたん夫婦はふーふー登っておりますよ。

 



 

 

 

 

 

 

やっと飛騨乗越。

7時28分。



 

 

 

 

 

槍ヶ岳も見え



 

 

 

 

 

最初に到着していたのんのんの姿も見えました♪



 

テント場番号、1番!

 

そして、両親の到着待ち1時間!

 

「待ったよ~♪」

なんて言ってくれるかと思ったら

「意外と早かったね」

だって・・・。

 

これって、褒められたのかしらね。

 

と、言うわけで

しんどいしんどい登りなのでした。

 

鈍行ぴょんたん。

娘に1時間遅れの

8時35分、槍ヶ岳山荘到着となりました。


こちらも応援よろしくお願いいたします♪
  
関連記事