初めての長崎で

大分から熊本へ移動した我が家ですが

次の目的地へ向かうため

途中のSAで車中泊をすることになりました。

 

我が家、二度目の車中泊。

テントで寝るのは慣れていますが車中泊は初心者。

 

ハルもいることだし

もう少し、研究しても面白いかも!

と、思ってしまったぴょんたんです。



 
人気ブログランキング




 

 

本来は坊ガツルで2泊。

下山してからは阿蘇周辺でオートキャンプを計画しており

テントも山用のテントのほかに

ランブリ4を積んできていました。・・・が、残念ながら出番なし。



 

 

 

残りの休日は、せっかくだから

今まで行ったことのないところへ行ってみようとなったのです。

 

 

 

そして、翌朝。

車を走らせやってきたは長崎県。

 

パパりんは修学旅行以来。

ぴょんたんとのんのんは初めてです。



 

 

 

坊ガツルのテントの中で

外の吹き荒れる風を感じながらの家族会議中のこと。

 

明日、下山をするなら

行ってみたいところがあるならどこでも行けるよとパパりん。

 

だったら。

私と娘のずっと行ってみたかった長崎の原爆資料館へ。

と、すぐに話がまとまったという次第なのです。

 

 

 

 

7時半。

長崎平和公園の地下駐車場へ到着。

 

一番来てみたかった場所に一番に。

 

 

地下から上がってくるとちょうど平和祈念像。

時間が早かったためか人もまばらで

ゆっくりと公園内を歩くことができました。



 

 

平和祈念像

公園の北端中央にあるこの像は

神の愛と仏の慈悲を象徴し

高く掲げた右手は原爆の脅威を

水平に伸ばした左手は平和を意味し

軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っている。

(Wikipedia参照)

 



 

 

 



 

 

 



 

 

 



 

 

小学生のときは修学旅行で広島へ行ったのんのん。

その頃の平和学習と

中学生になって初めて祖父から聞いた被ばく体験。

そして

高校生になった今、ここに来てまた自分で感じ考える時間。

 

 

 



 



 

 

 

真剣で神妙な娘の顔を見ていると

最近のニュースに心が痛いと感じるぴょんたん母さんなのです。

 

 

 



 

 



 



 

以前、交流校のホストファミリーになったとき

お別れのセレモニーで、英国の先生が

この交流がこれからも続き、お互いに理解をしていくことが

ゆくゆくは世界平和にもつながっていくことだと思います。

とスピーチされていました。

 

平和を願う母心はあの頃と同じ。

これから未来を生きる子どもたちが

幸せに過ごせますように。

 

 

 

 

そうそう。

ハルちゃんは

記念公園のガイドさんがとても可愛がってくれました。

 

3人とハルの家族写真も撮ってくださったり

もちろん公園内の案内も。

さすがに原爆資料館へペットは入れませんので車で待たせることに。

ハルの車でお留守番を考えると

地下駐車場は暑さの心配がなかったため

(この時期だったからかもしれませんが)安心できました。



 

ではでは。

続きはまた明日。
  
関連記事