ブログランキング・にほんブログ村へ

牛首を歩く 唐松岳から五竜岳へ

唐松岳の段々テント場。

2日目の朝。

起床は4時。

まだ、完全に眠りから覚めない山々の中で呼吸をする。

山の朝は早い。



gh2016パパ (77)





な~んて書くとかっちょいいけど・・・






時間にゆとりを持って

気持ちにゆとりを持って

少しでも安全に登山ができるならと

鈍行ファミリーの出来ることと言えば、せめて朝早く出発することくらいなのです。



と、言うわけで

頑張って早起きのぴょんたん一家。





今日は五竜岳を目指して歩きますよ。


続きも読んでね。
人気ブログランキング









テント場を撤収して

小屋まで登ります。





トイレに行ったり、靴紐を締めたりしていると

もうすぐ、ご来光が見えるよと教えて頂きました。









せっかくですから

しばらく待っていると

だんだんとオレンジに染まってくる空。


gh2016夏 (460)







gh2016夏 (466)





それを眺めるのんのんもオレンジ色です。


gh2016夏 (468)











gh2016夏 (476)







gh2016パパ (80)






日の当たってきた唐松岳。

gh2016パパ (83)






剱岳も目を覚ましていくようです。

gh2016夏 (490)







私たちを待つパパは

パトロールの方に今日の天候を相談中。


午後から崩れるかも・・・と心配していたのです。

gh2016夏 (494)






それから、私もずっと気になっていたのでひとつ質問。




ぎゅうくび(牛首)って難しいですか?」











するとパトロールのお兄さん、一瞬固まって



うしくび(牛首)ですね!


 すぐ、そこだから無理だと思ったら引き返してください」



って。




牛首・・・うしくびというんですね。



ghlgf01a201307251000.jpg


モーモー、

ぴょんたんったら恥ずかしいわ~。モー。(照 (〃´∪`〃)ゞ) 



照れない、照れない!褒めてない!!









。。。。


はい!

では、気を引き締めて出発しますよ!

gh2016夏 (498)









gh2016夏 (504)










初っ端から鎖場岩場。


恐る恐る踏み出す牛首さん。



gh2016夏 (532)












gh2016夏 (537)








ひょいひょいと歩ける方もおられるかもしれませんが

我が家には無理!


gh2016夏 (538)









慎重に慎重に進んでいます。

gh2016夏 (540)










足元を見てはビビり


gh2016夏 (546)








顔を上げては

絶景に感激。


という、ちと忙しい牛首さん。


gh2016パパ (91)











待ち構えるのは五竜岳しゃん。

遠くから見てもどーんと素敵なお山です。


gh2016パパ (93)









gh2016夏 (551)











gh2016夏 (562)





ここはなかなかの高度感。


それを割と楽しむ父と娘。



gh2016夏 (568)










ぴょんたんはというと

嫌いじゃないけど・・・すっかり以前のような度胸がなくなって

一歩一歩、そろりそろりと進みます。


gh2016パパ (97)








gh2016パパ (106)










gh2016夏 (576)








gh2016パパ (110)







へっぴりにもほどがある・・・。


gh2016パパ (113)








gh2016夏 (587)









gh2016夏 (590)










雲海が眼下に沸いてきます。

gh2016夏 (604)








gh2016夏 (613)











高度感のある場所では体は岩場よりに

しっかり鎖も握ってくださいな。

gh2016夏 (609)


















gh2016パパ (125)










gh2016夏 (621)








足場が一旦落ち着いてホッとするのんのんと

まだ、必死のぴょんたん母さん。

gh2016パパ (132)









gh2016夏 (641)





もう、鎖場は終わったかなと思ったら

もう少し続きます。








進んでいくと

影牛首にブロッケン現象。

写真に撮ってみましたが、よく分かりませんね。


gh2016夏 (652)










でも、眼下にうごめく雲は素晴らしい景色でした。

gh2016夏 (659)







gh2016夏 (677)






これを越えると

岩場鎖場終了です!

gh2016夏 (684)







ほっとひと安心の笑みがこぼれるのんのん。

gh2016パパ (143)









無事に通過できて良かったーーーーーーーーーー!

ぴょんたんもかなり喜びました。

gh2016パパ (144)







あとはのんびり稜線歩きが待っているはず・・・と期待が膨らむのでありました。

gh2016夏 (691)

続きも待ってるよ~
ポチッとよろしくお願いします♪

  
関連記事

Comment

こりゃあ本物
の山岳文学的書き出しは、、
予想通り5行で終了してと、、(笑)

本物は鎖場!すごいっす。
緊張の連続ですね。
まあぴょんたん若いからまだまだ行けるんだろうけど、うちは、、、(笑)
morさんへ
ね、ね。
結構な鎖場岩場でしょ。

牛首さん、難なく歩けたなんて記事も見るのですが
私には無理ーーーーーーーーー!><

morさん、大丈夫。
行けます。
年齢を言うならば・・・morさんの二回りほど上の方もおられました♪ファイト~♪
  • 2016/09/07 21:36
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
ぎゅ、ぎゅうくびって…(笑)
私は高所に弱く、意識して下を見ずに劔や五竜に視線を合わせていたので、思い返しても全然高度感のあるところを歩いた記憶がありません(笑)
  • 2016/09/07 21:41
  • 木柄屋
  • URL
木柄屋さんへ
えっ!
ぎゅうくびって言っちゃいません?笑
それにしても、堂々と間違ったこと言って、めっちゃ恥ずかしかったです・・・(--)

そうそう。
私も最近、高いところが怖いです。
お尻がぞわぞわして、内臓がキューってなってしまいます。笑
  • 2016/09/07 21:49
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
こんばんわ!

書き出し、オォォ~って思ったんですが
5行で戻ったら、やはりいつもの
ぴょんたん節がいいなと思った次第です(笑)

いつもいつも、素晴らしい画像ありがとうございます。
今夜ものんのんと一緒にご来光お祈りさせていただいた気分です(笑)

難所多数で高所恐怖症の私にはゾワゾワ満載ではありましたが
やはり家族で一緒なら乗り越えられるんでしょうね~(≧ω≦)b
wishさんへ
ふふふ。
最初の5行がぴょんたんの本当の姿なのであります。
これからは5行ブログにしよ・・・笑

ご来光はいいですね~。
お祈り(笑)したい気持ちも分かりますー。

牛首さんは難所というほどでもないらしいのですが
私にとっては十分スリル満点でありました~。
確かに、家族が一緒だから進めるってありますね^^!うん!
  • 2016/09/07 22:36
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
いつも愉快な家族にバンザイ。

良い所に行きましたね、羨ましい。

ぎゅうっと笑わされました。
  • 2016/09/08 08:11
  • 名無しさん
  • URL
お盆に私が歩いた吊り尾根⇒重太郎新道より圧倒的に怖そうです.私が(近く)アップするコメントが大げさに映ります.
のんのんちゃんも恐らくは10kgオーバーのザックを背負ってのアタックだったんでしょぉ?
バランス崩さないかとハラハラしながら拝見しました.
岩場鎖場
私は岩場鎖場があるとテンション↑↑↑
ぴょんたんは苦手なんですね。
童心に帰って、遊具のつもりで挑んでは...

にしても「ぎゅうくび」かあ...
ブログのネタにするために体張ってボケてみたんだよね?

そうそう、
前回コメントの時に初めて「よしだっちさん」て呼んでくれたんだけど、認識ないですよね?
何で自分だけいつも呼び捨てなんだろうって思ってたんだけど...
クレームじゃないよ。全然呼び捨てでかまわないし。(笑)
名無しさんへ
毎度、バンザイありがとうございます!

ホント、良いところでした。
普段の山登りがなかなかできなくなってきて
遠征登山も年々難易度を落として挑んでます。
それでも、なかなかの高度感にちょっとビビり気味でした。

ぎゅうっとモーっと笑ってください~♪

そのうち・・・名無しさん改め○○さん!と呼べる日がくるかしら^^
ちなみに我が家の中では「ほらほら、あのバンザイの人~♪」と呼んでます♪笑
いつもありがとうです。
  • 2016/09/08 17:59
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
ゲルさんへ
ゲルさんは吊り尾根から重太郎新道だったんですね。
我が家も歩いてみたい場所です!

ここはスイスイと歩かれている方もおられましたよ。
ただ、我が家にとっては慎重に進むべき場所であっただけなのです^^
最近、山歩きしてないので余計にです。

のんのんは初日で17キロくらいだったでしょうか。
頑張り屋さんです^^!
って、いうかなくてはならない我が家の戦力です(笑)
  • 2016/09/08 18:04
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
よしだっちさんへ
よしだっち、コメントありがとー!笑

岩場は苦手じゃないのですが
高度感がちょっと苦手になってました。

全身、ぞわぞわぞくぞく
お尻の辺りがキューーーっってなるし><

ぎゅうくび。。。。
牛肉、牛乳、牛タン、牛首。
ね。
つい、ぎゅうって言ってしまうでしょ。笑
  • 2016/09/08 18:10
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
こんばんは。ぴょんたんさん。緊張感のある五竜の岩場レポがぴょんたんワールドでへなちょこぎゅうくびに(笑)ぎゅうと読むならぎゅうしゅと揃えて欲しい気が・・・😄最近北岳は事故多発なのでぴょんたんさんも気を付けてね☺
  • 2016/09/08 21:47
  • よっしー
  • URL
ぴょんたんさん、おはようございます。

昨日、仕事中こっそり「ぎゅうくび」話を読んでしまってもう・・大変なことになりました(笑)ツボすぎてその後のきになる山行も読めず^^;;))

今日は仕事から帰宅したらゆっくり笑いながら拝見させていただきます♪
2年ほど前に歩いたんですが、結構厳しい縦走路ですよね。
そのうえ、なかなかたどり着かないやーつ。
しかし、北アルプスは良いっすなぁ~

懐かしくなって初コメント書いてみましたーm(_ _)m
  • 2016/09/09 21:23
  • はるさん
  • URL
よっしーさんへ
何言ってるんですかー。
ぴょんたん節だってぎゅぎゅう~っと超臨場感あるでしょー^^♪

ぎゅうしゅ・・・うーん。
国語的にはそうかもしれないけど、響きが・・・。なんちて。
  • 2016/09/09 22:00
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
ぷうママさんへ
ぷうママさんのお仕事中の・・・
ちょっとした癒しになれたのなら幸せです(笑)

今回は山行レポというより、牛首満載レポになりました。
続きのレポも週末に頑張って書きたいと思います!

また、よろしくですー^^
  • 2016/09/09 22:03
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
はるさんへ
こんばんはー^^はるさ~ん♪
コメントありがとうございますーーーーーー♪

はるさんも同じ場所を歩かれたんですね^^
この縦走路から見える五竜岳や剱岳は最高ですね。
お天気に恵まれたおかげで高度感もバッチリの牛首さんでしたが
見える景色も最高でした^^!
  • 2016/09/09 22:08
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
早朝発は正解でしたね。
唐松−五竜は牛首の存在を知らずに登ってこられる方が多くて7時ごろは大渋滞になるんだよね。
僕が通った時は、五竜側からのご老体パーティーとトラバースですれ違いして、ご老体がザックで僕を押すんですよね、ホント涙が出そうでした。
Tシャツ見せて下さいね。カッチョよかったらもう一度買いに行きますんで。
  • 2016/09/10 08:36
  • ロッキー
  • URL
ロッキーさんへ
おぉ!
牛首さんで大渋滞は勘弁してケロケロですね><

でも、ザックで押されて涙が出そうだったロッキーさんには・・・思わず吹きました(笑)ゴメンっ!笑

Tシャツ、了解です!
ばっちりアップしますよー♪

  • 2016/09/11 08:44
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)