快晴の木曽駒ヶ岳山頂




2016年のGWは木曽駒ヶ岳に登ってきました。



ghsecuredownload1.jpg




それではレポの続きです。


人気ブログランキング






千畳敷カールを登り、乗越浄土到着した我が家。


ghDSC_0504.jpg






先を目指して歩きます。


ghDSC_0497.jpg










ghDSC_0193.jpg








雪と氷とむき出しの岩との登山道。

ghDSC_0500.jpg










天気は良いのですが風は冷たく吹いておりました。


ghDSC_0199.jpg












ほどなくして中岳山頂。

ghDSC_0211.jpg








ghDSC_0214.jpg








奥に山の神様を見つけて手を合わせるのんのん。


ghDSC_0219.jpg






「晴れてくれてありがとうって言っといたよー」

って。

お山の神様・・・そんな感じで良いですか。

ghDSC_0223.jpg













ここから先は岩場の下り。

ghDSC_0224.jpg











アイゼンを履いているので歩きにくい。

ghDSC_0226.jpg






岩に爪を引っかけないように気を付けながら下ります。


へっぴりぴょんたんも必死で下っていますよ。

ghDSC_0518.jpg











そうそう。

おせっかいぴょんたんで申し訳ないのですがとても気になったので。



男女4人の若者グループさんがいて

荷物は無し、トレーナーに素手でピッケルを持つ女の子がいました。



ghfe.jpg




今日はこんなに良い天気ですが風はとても強いです。

私はウール手袋とスノーグローブを使い分けながら登っていました。

そしてこの時期の天気はいつ急変するか分かりません。

レインウェア等は必要です。



登山届を提出したときに、パトロールの方にしっかり服装・装備のチェックを受けた我が家。



きっと、チェックを受けないままここまに来てしまったのかしらと想像するぴょんたん。




素人の私から見ても、彼女の装備は大丈夫なのかな・・・と心配しました。


(帰りのロープウェイが一緒だったのでちゃんと下りられて良かったと思いました)







さて、下った先には小屋が見え

そこからまた登り返すようです。

ghDSC_0520.jpg









氷の上の下り。

アイゼンはグサッと刺さらないのですが

あの尖った爪はちゃんと氷を掴んでくれるのですから頼もしいと感じます。

ghDSC_0234.jpg












登り坂にふぅ~とため息をつきつつ

イチ、ニー、イチ、ニー。


ghDSC_0526.jpg












二人を追うぴょんたん母さん。

gh2016GW (374)












のんのんに追いつくと

余裕のポーズで迎えてくれました。

ghDSC_0250.jpg











一歩先に到着し、空に向かてバンザイー!

ghDSC_0530.jpg









木曽駒ヶ岳山頂到着!




本当に青空いっぱいで良かったね。



ghDSC_0264.jpg









貴重な家族写真も撮っても頂きました。

gh2016GW (390)











気持ちいいのでしばらく山頂で過ごし







ghDSC_0270.jpg










どういうわけか、山頂から見える山並みを必死で調べる父娘を

どういうわけか、連写で撮りまくっていた残念ぴょんたん。

gh2016GW (404)












名残り惜しいですが

gh2016GW (422)








しっぽり楽しんで

gh2016GW (423)








最後ははみ出しジャンプで

gh2016GW (421)







下っていきましょう。



gh2016GW (491)









気持ちよく下山のんのん。

ご機嫌動画、8秒です♪












途中で小休憩をしたら

あっという間に体が冷えて

gh2016GW (528)









急いであの岩岩を登っていきます。

gh2016GW (529)










宝剣山荘でトイレをお借りし


gh2016GW (578)


再び出発。









gh2016GW (595)








千畳敷カールを下り始めると

山岳パトロールの方がふたりおられて、登山者に声をかけておられました。



「今日は絶好の登山日和ですねー^^」

なんて言ってもらえて嬉しい3人。


でも、厳冬期には遭難が5件あって、死亡者も出たんだよとも教えて頂きました。


gh2016GW (601)






残雪の急坂。

去年のGWの表銀座縦走の最終日にパパが滑ってしまったのが記憶に新しい我が家は

それはそれは慎重に足を運びます。





そして、終盤はお楽しみのシリセード。

雪がずいぶん緩くてそんなにスピード感はありませんが

それがまたちょうどいいくらいでした♪

gh2016GW (613)










順調に下って振り返る千畳敷カール。


gh2016GW (623)



天気予報とにらめっこで、立山は諦めたGWでしたが

初めての木曽駒ヶ岳はとっても楽しく登ることができました。


gh2016GW (649)






こちらもよろしくお願いします。

  


関連記事

Comment

こんにちは
youtubeアップのお知らせが先に来たので、あっちから戻ってきました。

なるほど下りのご機嫌動画でしたか。

ぴょんたんのレインウェア、いよいよのんのんにぴったりですね。

素敵なギャル(笑)に囲まれたパパが羨ましいっすヾ(´∇`)ノ゙
morさんへ
こんにちはー、morさん。

アップのお知らせなどあるんですねー!
私はYouTubeのログインパスワードからなにから全部忘れてて
しかも、動画の編集の仕方もすっかり忘れて・・・
あの8秒に朝からかかりっきりでした><
せっかくの振休なのにー(笑)

なんだか3歳老けたわ・・・。
素敵なギャルのはずなのに(笑)
  • 2016/05/16 13:22
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
すごい絶景&残雪登山!!

やってみたいけど、経験としっかりとした装備ないとね~。

装備無しの登山者・・・事故も多いし危ないですよね~。
こんばんは。ぴょんたんさん。初めての中央アルプス、木曽駒ヶ岳!晴天登山で楽しめて良かったですね(^^)周りの山並みどうでした?南アにも行きたくなったかな?それとも数十キロ彼方の富士山に惚れ直したでしょうか?やはり3000メートル級の展望はどこであっても秀逸なものですね(^^)よっしーも仙丈ヶ岳まであと2ヶ月です。例の標高123並びを晴天で見たいものです(^^)
  • 2016/05/16 21:30
  • よっしー
  • URL
ぴょんたんさんこんばんは~

終始天気が良かったみたいで何よりです。
それにしても素手にピッケルの女の子にはびっくり!?
そんな軽装の人がいたら出来れば声を掛けたりしたいけど
おせっかいと思われたり、不審者扱いされても困るし(笑)
とりあえず遭難や事故に遭わなくて良かったよ。

前に私が2月に登ったと書きましたが、まさにその前日に
滑落事故で亡くなられた方がいたと山岳警備の方から聞きました。
家に着いて『あの山は良かったね!』って言える様に毎回
安全登山をしたいものです。(^-^)
  • 2016/05/17 20:51
  • fit1126
  • URL
整体師キャンパーさんへ
こんばんは~、JUNパパさん。

はい^^
めっちゃ迫力のある景色でした!

登山でなくても千畳敷カールはロープウェイで上がってすぐにみられる景色ですので
ぜひぜひ、ご家族でお出かけくださいませー^^♪
  • 2016/05/17 22:17
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
よっしーさんへ
こんばんはー、よっしーさん。

山頂からは素晴らしい景色が広がっていましたので
きっと、南アルプスの山並みも見ているはずです。
でも、特どの山がどれか、あまり分からずでした。
のんのんとパパが一生懸命、 展望図盤(方位盤)を見て調べていたのですけどね^^;

あと、2か月、楽しみですね!
  • 2016/05/17 22:24
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
fit1126さんへ
こんばんは~、fit1126さん。

はい。
私も「寒くないですか?」と声をかけようかどうしようかとても迷ったのですが
お連れの方もいらっしゃたので結局かけられずでした。

滑落の死亡事故はfitさんが登られた前日でしたか。
おっしゃられる通り!
「あの山、良かったね。楽しかったね」と、
例え引き返しても「また、行こうね」と、言えるのが大切ですね。
  • 2016/05/17 22:30
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)