久々に

本を読む時間を持てるのは

とても豊かなことなんだと、思うのです。




なんて、書いてみたのは

この本を読んだせかいもしれません。



「月の砂漠をさばさばと」

nontukino.jpg




久しぶりに温かな気持ちになる本に出会いました。


なんだか懐かしいような気持ちにもなりました。






それはどうしてだろうと考えると

自分の幼かったとき・・・子どもの自分の心と

のんのんの小さかったとき・・・母である幸せをかみしめていたときの気持ちを

何となく思い出してしまったからかもしれません。







この物語に登場する女の子は小学3年生なのですが

私がなんとな~く母と子の時間で思い出すのは

まだ、のんのんがとても小さかった頃

近所の田んぼの農道をそれはそれは時間をかけて散歩した日々のことです。








幼い娘の目線の先には

お花や石ころや草があって

立ち止まってはひとつひとつに手を伸ばし

少し歩いてはしゃがみ込んで土をいじって

私とマリーものんびりとその時間を楽しんでいたなぁとか

その時の日差しとか

季節の移り変わりにわくわくしたなぁとか

そういうことだったりするのです。






ふふ。

とりとめのないお話しになってしまいましたね。





結構、活字好きの私なのですが

最近は本をめくっても最後まで読むことが少なくて、

あの、話題になった芥川賞作品も結局途中リタイア・・・。

と、少々残念な感じなのであります。


そんなときに

ふわっと最後のページまで楽しく読むことのできた一冊でしたので

思わずこうして書いてしまった訳なのでした。



そうそう。

この本の主人公、さきちゃんと同じ

小学三年生のんのん、見つけました 笑

nonP1050650.jpg



nonP1050651.jpg



それでは

みなさま素敵な週末を!

こちらもよろしく子^^
  
関連記事
人気ブログランキング



Comment

ぴょんたんママ、こんにちは。

私もこの本大好きです。
この本を読んでいると、時間がゆったりと流れていくように感じます。

だけど、子供と過ごした時間は本当にあっという間だったな~とこの本を読んで、何だか懐かしく思いました。
小さかった娘。。。(ウチの娘はのんのんのひとつ下です)
今では、お友達と過ごす方が多いかも。
なかなかもう一緒にお山に登れないです。
だけど、それでいいんですよね、きっと。。。とも思ったりします。

それにしても、3年生の時の、のんのんも可愛らしいっ!!
本当に写真もステキです。愛情あふれる写真ですね。
瞬間瞬間を大切してらっしゃいますね。

ぴょんたん家族は本当にステキです。
  • 2015/11/21 15:01
  • きみたん
  • URL
きみたんさんへ
そうですかー♪きみたんも読まれましたか^^!
時間がゆったり流れていく感じ、よーく分かります。
そして、その時間ってあっという間だったことも。


ああ。
なるほど。
なかなか一緒にお山に登れなくても、それでいいんですね。
うんうん。そうですね。
なんだか、妙に納得しました。ありがとう^^!

お互い、ぼちぼちと子どもとの関わりを楽しみましょうね。

  • 2015/11/21 21:47
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
絶対リタイアしない世界最高峰の山岳サスペンスがありますよ。
「北壁の死闘」
http://www.amazon.co.jp/北壁の死闘-創元ノヴェルズ-ボブ・ラングレー/dp/4488800661/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1448113167&sr=8-1&keywords=ほくへきの死闘
  • 2015/11/21 22:45
  • ロッキー
  • URL
ロッキーさんへ
サスペンスですかー。
しかも、山岳モノ。

寝る前によみはじめたら、睡眠不足になりそうですねー(*^^*)
ありがとうです。
ぜひ、読んでみます!
  • 2015/11/22 11:33
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
こんばんは。ぴょんたんさん。今夜の地球絶景ミステリーにも大山の夜景出てましたね(^^)日本の誇る絶景ですね。あと2ヶ月もすれば待望のモッフモッフの大山が今年もまたぴょんたんファミリーを待ってますね(笑)
  • 2015/11/23 22:27
  • よっしー
  • URL
よっしーさんへ
今日、大山の初冠雪でした!

今年は登れるか分かりませんが

もふもふ大山、ぜひお出かけください〜♪
  • 2015/11/25 22:56
  • ぴょんたん
  • URL
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)