ブログランキング・にほんブログ村へ

黒部五郎岳山頂へ 北アルプス最深部の山旅

さて。

黒部五郎小屋に到着し

ビール売り切れ、ジュース売り切れの残念なお知らせを聞いたけど

早着のお陰でフラットなテンバを確保できたぴょんたんファミリー。




テント設営を済ませ

この山旅一番のお楽しみ。

黒部五郎岳に向かいます!

nonDSC_1048.jpg



続きがあります♪
↓       ↓
人気ブログランキング





初めての黒部五郎岳。

有名な黒部のカール。


とても楽しみです。

nonDSC_1050.jpg









紅葉の樹林帯。

nonDSC_9031.jpg









のんのんもとっても嬉しそうなのでありますが

多分、これは背中が軽いせいだと予測します。

nonDSC_1067.jpg

いつもザブザックくらいの重さならいいのになー♪












それにしても、カメラの構え方がカッコ悪すぎぴょんたん。

nonDSC_9034.jpg

こんな後ろ姿を撮ったの・・・だあれ?(--)















空は曇ったり、晴れたり。

nonDSC_1059.jpg












進んでいくと

黒部五郎岳の稜線も見えてきました。


nonDSC_1077.jpg
















この辺りで

「ぴょんたんさん~^^」

声をかけて頂いた女性。

「プラドは大丈夫でしたか?」

って。

気にかけて下さりありがとうです!

nonDSC_1080.jpg



お連れの女性もおられ、その方はこの日の黒部五郎岳が100名山100座目と教えて頂きました。

おめでとうございます!!



お二人の姿を見送りながら、我が家もぼちぼちと続きます。

nonDSC_1082.jpg














目に飛び込んでくるすべての景色。

本当にきれいです。



「絵本の中にいるみたいだねぇ」

と、森を見て話している母と娘。

nonDSC_9040.jpg

秋の森。

「どうぞのいす」を思い出してしまいました。















黒部のカールは氷河の浸食により出来た窪んだ谷です。

nonDSC_1083.jpg









よく耳にしていましたが、こうして自分の足で歩いてきたこの地は

今までにないくらい感動いたしました。

nonDSC_1106.jpg








秋。

紅葉の季節は行事も多くてなかなか山に行けないこともあり

今まで、家族そろって山の紅葉を楽しんだ記憶があまりないのです。




そんな我が家に今回の黒部のカールは

壮大なスケールの紅葉の景色を見せてくれました。




もう少し お山の秋が深まれば もっと違う紅葉なのかもしれませんが

我が家には本当に十分すぎるくらい幸せで贅沢な時間です。


nonDSC_1109.jpg













ご機嫌のんのん。

nonDSC_1126.jpg










何度も何度も立ち止まって景色を眺めたり

nonDSC_9052.jpg









親より先を歩く姿は羽が生えたように軽いのです。

nonDSC_9064.jpg










振り返って鷲羽岳方面。

少し明るい感じがいいですね。

nonDSC_1129.jpg













進む先に綴ら折れの急登がよくよく見えてくると

nonDSC_1135.jpg








テンションの下がるぴょんたん母さん。

nonDSC_9074.jpg












二人に励まされながら

えっちらほっちら登っていきます。







先を歩いてくれる娘の背中を追いかける。

nonDSC_1148.jpg








nonDSC_1150.jpg









nonDSC_1155.jpg









一歩一歩、確実に標高は上がっていますが・・・



どうやら空は確実にガスっている模様。









どこに向かって登ってるんだか。

この一枚だけ見ると、お気の毒さまでございます。

nonDSC_1163.jpg








なんてこったい。

nonDSC_1171.jpg











そろそろ黒部の肩。

nonDSC_1176.jpg







nonDSC_1187.jpg










ここは折立方面からの登山者との合流地点です。

nonDSC_9091.jpg







登山者も一気に増えました。

nonDSC_1189.jpg









我が家は最後の登り。


nonDSC_1191.jpg


ガスガスワールドはもう気にしない・・・。









そして登頂!

12時19分。

黒部五郎岳の山頂です。

nonDSC_1207.jpg


あらあら。

せっかくの記念撮影なのに

風でバンダナが尖がってるよ!!







で。

もう一枚。








ところが

あらあらあら。

これもトンガリのんのんになってます!

nonDSC_9097.jpg






それならもう一枚。





あらあらあらあら。

またまたトンガリ。

nonDSC_1204.jpg








ななな、なーんと、

貴重な家族写真まで!

nonDSC_1208.jpg





「も~~お!もう一回撮ってよー!」



はいはい。



「今度はどう?」




・・・。





うんうん。

尖ってはいない。





ただ、霞んでるだけ。

ガスマックス!

ちーん。

nonDSC_9094.jpg





ってなわけで

北アルプスの最深部


黒部五郎岳の山頂でしっぽり遊ばせてもらったのです。





さてさて。

薬師岳、黒部五郎岳、水晶岳、鷲羽岳。

雲の平を囲む百名山の山頂に立つことができました。


やっぱりどこを登っても

そこまで歩かなければその景色に出会えないわけで。


どんな山かと想像していても

いつもいつも見事にそれを裏切られ

想像では追いつかなかった 壮大で美しくて深くて、そんな場所があるから

特に初めての道を歩くときは

小学生の日記のような表現だけど

胸がわくわくするのです。




黒部五郎岳は胸がわくわくしました!



こちらもぽちっとよろしくお願いします^^!わくわく♪
  



とらこみゅ 登山&ハイキング
関連記事

Comment

おはようございます
見事な紅葉と雄大な岩の景色。
これはワクワクするね。
背中も軽くて幸せな事!
これ重要だね(笑)
いつか黒部五郎と水晶に行きたいと計画していますが、同時には難しいかなあ。
お疲れ様です
めちゃめちゃ景色サイコーですね
相変わらず パパとのんのんにおいて行かれる
ぴょんたん  めっちゃ笑えるわ~



カールの景色めっちゃいいですね~!
おいら黒部五郎は日帰りでしか行ってないので、今度はのんびり泊りで行ってみたいです!

村ポチ☆
  • 2015/10/23 21:30
  • はたぼー
  • URL
morさんへ
こんばんは~、morさん。

そうそう。
ワクワクは大人だってするんだぞ~!笑

黒部と水晶。
折立から入って周回するのもいいなぁ~^^
まずはプラン妄想から始めましょー笑
りんくんさんへ
こんばんはー、りんくん。

そう!
景色はめっちゃ良かった!
帰りのほうが陽が照って、もっときれいだったのでまた写真UPしまー^^
ぜひ、見てくださいー♪

置いていかれるのはいつものこと。
実は途中でギブアップしそうになったんです・・・笑
でも、二人に励まされて頑張りましたー^^!

はたぼーさんへ
こんばんは~、はたぼーさん。

はたぼーさんは健脚なので、どこでも日帰りできるから~。
うちの鈍行登山と大違い!
ホントにスゴイなぁといつも思います!
ぴょんたんファミリーがテントを設営している頃、ちょうど僕は撤収していたんですね~。
すぐ近くにいたんですね(^-^)

黒部五郎岳はホントに胸がワクワクするとても素晴らしい山でしたね!


ななぱぱさんへ
こんばんは~、ななぱぱさん。

ななぱぱブログを読んでいたら・・・もしやニアミスなんて思ってました~。

もしかして、会ってるかもですねー^^!

黒部五郎岳。
本当にワクワクする素敵な山でした。
また、行きたいなー^^
ブログは「はじめまして」です。
こんばんは、黒部五郎小舎のテンバでのんのんを
『アッ!! 真央ちゃん!!!』と叫んだおっさん3人組で、ぴょんたんさんに『のんちゃんでーす。』(笑)と
訂正された者です。
2013年の夏に表銀座縦走でお逢いしていたんですよね。
ブログ楽しく拝見させて頂きました。
ホント山での再会や出会いは楽しくもなり励みにもなりますよね。
またどこかの山でお会いできたら嬉しいですね。
  • 2015/11/02 19:56
  • ウッキー
  • URL
ウッキーさんへ
こんばんは~、ウッキーさん。

わー^^
コメントありがとうございます。

このブログはたまたま見つけて下さったのですか^^?

2013年の夏、表銀座縦走はお天気もよく楽しい山行でしたねー♪
今回の黒部で再会もびっくりでした。
山に登ってこうしてまた会えるのは本当に嬉しいことです^^
きっと、またどこかで!

その時は「のんちゃーん」って呼んでやってください~。

そうそう。
でも、先日も地元の山で「真央ちゃんに似てるね~」って言われててましたー笑
  • 2015/11/02 21:23
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)