鈍行ファミリーのヤマノボリ 新穂高~双六小屋


秋の大連休は北アルプスへ遠征登山です。

nonDSC_8874.jpg




ドナドナプラドっちも

今回は出発前に点検に出し、しっかりみてもらいました。

念のためにと怪しいところは部品交換もして 準備万端!

そのおかげか、高速道路もブンブンと快調に走ってくれましたよ。


続きも読んでね。
人気ブログランキング





そして、深夜2時半。

鍋平の駐車場へ。




駐車場が確保できるか心配しましたが

駐車スペースが増えており、この時間ならまだまだ空いていました。





準備を済ませ、3時30分。

まだ、真っ暗の中を出発します。






そうそう。

出発時に発覚したハプニング。


自宅からプラティパスに2Lの水を入れてきたのんのんですが

きちんとキャップを締めていなかったようで、半分にまで減っていました。



勿論。

のんのんのザックは濡れて・・・

中身も濡れて・・・

フリースやシュラフやダウンはしっかり水を吸っていました。

落ち込むのんのん。

テンバに着いたら乾かしましょう。 と、いうことで気を取り直して出発です。

nonDSC_0324_201509261221436ed.jpg


初日の今日は、双六小屋のテント場を目指します。







3年前、雲の平へ行ったときは

新穂から10時間かけて登った道。




今回は鍋平駐車場から新穂高まで山道を下るので

プラス1時間かかりそうな予感です。







4時半。

新穂高到着。

nonDSC_0329.jpg

登山届を出したら

あとはひたすら歩くだけ。



nonDSC_0332_20150926122543d23.jpg





夜が明けてきましたが

nonDSC_0336.jpg




まだまだ こんな所を歩いています。


双六まで本当に到着するのかしら。

nonDSC_0342.jpg








先に見えてきたのは荷揚げのヘリ。

nonDSC_0345.jpg





この荷揚げのお陰で

山でも飲み物、食べ物を手に入れることができるんですね♪


でもね、今回の山行はあまりの人の多さにどの小屋でも品切れ続出でしたよ。

そのお話しはまた後日。

nonDSC_0351.jpg









6時17分。

わさび小屋到着。

鍋平の駐車場を出発してから、3時間近く経とうとしています。

相変わらず、鈍行列車のようなペースでしか進まない我が家。


nonDSC_0357.jpg





シュポポー。シュポポー。


nonDSC_8811.jpg







nonDSC_8817.jpg









空を見上げれば、期待の青空。

鈍行ファミリーの心も晴れやかです!

nonDSC_0394.jpg





nonDSC_0404_20150926155553fb5.jpg







そんなとき

「ブログ見てますよー^^!」

と声をかけて下さった、親子さん。

新穂~折立までの縦走とか。


自家用車組の我が家にとっては、羨ましいコースです。

頑張ってください!

nonDSC_0405.jpg







さぁ。

まだまだ、始まったばかり。

我が家も頑張っていきましょう。

nonDSC_0413.jpg





シュポポー シュポポー。

nonDSC_0424.jpg








7時55分。

nonDSC_8835.jpg










8時15分。

nonDSC_0433.jpg








8時52分。

nonDSC_8836.jpg


鈍行列車は進みます。









そして。

昨年も出会ったお姉さんと再会なんて出来事もありました!

こうして、お山で再会できるなんて嬉しいかぎりです♪

nonDSC_0443.jpg








足元にはお花もたくさん咲いていましたよ。

nonDSC_0446.jpg









nonDSC_0447_201509261616194b0.jpg










そして。

「のんのんですか~^^」

と、声をかけてくれたのは笑顔の素敵なお兄さん♪

ありがとう!

nonDSC_0449_20150926161618e6b.jpg









ちらほら紅葉も見えはじめ

上は一体どんなだろうと期待が膨らみます。


nonDSC_8837.jpg









そして、そして。

「ブログ、読んでますよー^^」

と、言ってくださった男性♪

しんどい登りのとても大きな励みになります^^!

ありがとうございます!

nonDSC_0455.jpg










10時37分。

鏡平到着。

nonDSC_8840.jpg

ここで20~30分ご飯休憩です。


おうどんひとつ注文し、

あとはコンビニおにぎりをほおばります。







休憩が終われば、再び登りますよ。

nonDSC_0477.jpg





シュポポー。


nonDSC_0482 - コピー









はぁ。

ちょっと疲れたなぁ。

のんのん、大きな岩にもたれかかり小休憩の様子。

母は見逃しませんでした(笑)

nonDSC_0491.jpg









頑張って登って、やっとやっと弓折岳の分岐に到着。



ここは広い休憩スペースがあるので

10分ほど休みます。





目をつむって・・・


nonDSC_0496 - コピー


夜中から歩いているので、とても眠たい鈍行3人。


「目を10分間つむれば頭がスッキリするから!」

と、のんのんはそれを実行中。







元気をチャージして

テント場までもうひと踏ん張りです。

nonDSC_0507.jpg







nonDSC_0518.jpg







木道が現われ

歩く先には鷲羽岳と双六のテント場。

nonDSC_0519.jpg







13時50分。

双六小屋到着。

鍋平駐車場出発が3時30分でしたので

ここまで、10時間20分かかりました。

鈍行ファミリー、よく歩きました^^!

もう、へとへと。

nonDSC_0520.jpg








で、テンバに着くと

まずは水に濡れたのんのんザックの中身を干しています。

せめて、シュラフだけでも乾いてね。

nonDSC_8850.jpg






テント設営が済むと、ひと眠り。



目が覚めたら、テント場はカラフルテントでぎっしりと埋まっておりました。

一体、何張りあったんでしょうね。

nonDSC_0524.jpg





初日の今日。

夕食メニューはいつもの豚汁予定だったのですが

あまりにくたびれて、調理する元気がありません。

そこで予定変更。

簡単にカレーで済ませることにいたしました。

nonDSC_8851.jpg




今日のメスティンご飯はちょっと硬め・・・。

まぁ、こんな時だってあるある。

nonDSC_8852.jpg





山飯に重宝の香るチキンカレー は

お子様のんのんにはどうも辛いようで・・・

袋ラーメンを作ることになりました。

nonDSC_8855.jpg






私はと言えば

お楽しみのシュワシュワビールも欲しくないほどぐったりで・・・。



だから、この日はココアで乾杯!



ホントです!笑



ちょっとちょっと。

そんなに驚くことないでしょー。笑





そして、あとはひたすら眠る、眠る、眠る。


こうして、1日目の夜は更けていきました。


さぁ。
明日は雲の平山行で残してしまったあの山へ登ります!

  
関連記事

Comment

おはよう〜
びっちゃんシュラフ、乾いたかな?
最初からテンションだだ落ちになりそうなところ、
のんのん、気持ちの切り替えて登りましたね。
えらいえらい!

インナーバッグはこんな時にも安心だよ〜
のんちゃんにも買ってあげてね。
出鼻からテンション下がっちゃったですね…

のんのん 経験値が上がって良かったと思いましょう。

さすがのSW テントいっぱいですね。
  • 2015/09/28 06:21
  • 監督
  • URL
小池新道でお会いした親子です
いつも楽しく読ませていただいております。まさかのリアルのんのん親子にお会いできて、朝からテンション上がりました。今回は天気・黄葉に恵まれ、素晴らしい山旅でしたね。我々も無事折立まで下山しました。

こちらもレポをヤマレコにアップしました。また何処かでお会いできる日まで。
薬師以来の再会(≧∇≦)
まさかまさかまたお会い出来るなんて思ってなかったのでとっても嬉しくってテンション上がっちゃいました*\(^o^)/*
長い登山道に疲れて来てましたが、のんのんファミリーに会ったおかげで元気フル充電(笑)三俣まで遠かったけどなんとか頑張って歩けましたよ。ありがとうございます!

それに三俣のテン場でもお話出来たの嬉しかったです^o^また次はゆっくりお話したいです。

続きのレコもほんと楽しみに待ってまーす(^O^)
  • 2015/09/28 10:43
  • やまねこ
  • URL
わあ!北アルプス!
天気いいですね!10時間歩かれたんですね~お疲れさまでした!
続きも楽しみにしております(^w^)
  • 2015/09/28 14:09
  • あゆみ
  • URL
morさんへ
こんばんは~、morさん。

シュラフは風にあて
あとはパパの体温で乾かしました~笑

インナーバック。
私も結構便利だったので、考えてみまーす^^
  • 2015/09/28 19:14
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
監督さんへ
こんばんは~、監督さん。

そうそう。
この失敗をもとに
今度から、キャップはしっかり締めてくれることと思います~。

この連休はどこもかしこも人人人でしたー。
  • 2015/09/28 19:16
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
shibakさんへ
こんばんは~、shibakさん。

その節はどうもでしたー^^
折立までの山旅もお天気に恵まれ良かったですね。
ヤマレコ、拝見いたしました。
リンクをありがとうございます。

また、どこかのお山でお会いできるのを楽しみにしています!
  • 2015/09/28 20:01
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
やまねこさんへ
こんばんは~、やまねこさん。

ホントホント^^!
再会にびっくりやら嬉しいやら♪

新穂高~三俣まで歩いてしまう健脚が眩しすぎですっ♪
そして、やまねこさんの素敵な笑顔にとても癒されました^^
次はゆっくりお話ししたいですー!
また、どこかで♪
  • 2015/09/28 20:09
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
あゆみさんへ
こんばんは~、あゆみさん。

双六までたどり着けるのかと思いましたが
なんとか到着してほっとしましたー^^

天候に恵まれた秋の連休。
続きも頑張りますので、また読んでやってくださいー^^
  • 2015/09/28 20:15
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
うわっ、鷲や!

私は、今でも鷲が一番かっこいいと思ってるし
あの双六小屋と一緒に写った、両脇の山の間から見える鷲が好きです

けど、あそこまで遠いもんな
双六小屋から始めれるんやったら、なんぼでも行くんやけど(笑)

それにしてもビール飲みたくないなんて・・・
でも、わかる。
私も双六小屋二日目にそうなったもんな。
あのときは、ゆっくり白湯を飲んだら復活したよ

それにしても、めっちゃ有名人やん!
  • 2015/09/28 21:41
  • genki
  • URL
がんばりますなあ
重いザック担いで標高差1600mを10時間余りで上がれるのがすごい!ウチなら山小屋1泊で2日はかかります。ゆっくりマイペースでえんでないの。
続きも楽しみ〜
  • 2015/09/28 22:14
  • bobby隊長
  • URL
のんのん親子へ
こんばんは。一日目の双六までの登山道でお会いした、
「笑顔の素敵なお兄さん←(恐縮です…)」です。

シルバーウィークの登山でのんのん親子にお会いできるなんて、
山で見た紅葉、景色と共にすごく感激でした!
あまりの感激でテンション上がり、その後の足取りは軽やかになり
ペースUP、そして弓折岳分岐以降、バテました(ーー;)
いつも、ブログの山行を拝見し参考にさせて頂いてます。
またどこかでお会いできることを楽しみに、これからも
お互いに登山、楽しみましょうね(^^)
  • 2015/09/28 22:40
  • tama
  • URL
お疲れ様でした♪
のんのん意気消沈してましたね。可哀想♪
でも、気を取り直して歩く頑張り屋さんですね♪
頼もしい山ガールです^^

私はシュラフ、ダウン、その他濡れてはまずいものには
ホームセンターで購入したビニール袋に入れてます。
ザックカバーをしても雨で中まで染みとおることもありますね。
また、小中大の袋を用意しておけば何かと便利。二人用テントは
狭いので、ザックなどは大きなビニール袋に入れて野ざらしです。
ゆとりをもってゆっくり寝たいですね(笑)

昨年、このコースで樅沢岳から槍に登りました。こちらから
天上の楽園に行くのも楽しいですね。そんな計画も将来
考えたいです♪
  • 2015/09/28 23:02
  • Uncle Ed
  • URL
genkiさんへ
こんにちは~、げんきさん。

うんうん。
鷲羽岳。かっこいいよね~^^

双六までの道のりはホント大変。
初日からぐんぐん登らないといけないからね~。

テント場であったかい飲み物。
ほっとするよね。
私も山専にはいつもお湯をいれてますー^^
  • 2015/09/29 08:13
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
bobby隊長さんへ
こんにちは~、隊長さん。

バテバテの初日でしたー。
場合によっては我が家も鏡平泊を考えながら登ってました。
翌日はゆっくりのんびり百名山山行をお届けできると思いますー^^
  • 2015/09/29 08:20
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
tamaさんへ
こんばんは~、tamaさん。

その節はどうもでしたー^^
お声をかけて頂き、嬉しかったです~♪

今回の北アルプスは紅葉が素晴らしかったですね^^
本当はもっと真っ赤になるのかもしれませんが
私はあんな紅葉の北アは初めてだったのでとても感激でした!

弓折岳分岐まで軽やかな足取りとは羨ましい・・・。
我が家はそこまでがキツかったですー><笑

また、どこかのお山でお会いできるのを楽しみにしています!
  • 2015/09/29 20:20
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Uncle Edさんへ
こんばんは~、UncleEdさん。

濡れてはいけないものは個別にビニールってのも良い方法ですね^^
なぜか、そういうことに気の利かない我が家で・・・
今度はちょっと対策をしてみますっ!

西鎌尾根からの槍ヶ岳もじわじわとキツイ道ですよね。
我が家は槍から双六まで歩きましたが、長かったなぁという印象があります~。
  • 2015/09/29 20:26
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
いい山ですね~♪
わたしも奥穂高岳と悩んで結局奥穂にしましたけど
次は双六から三俣方面に行きたいです。
いきなりのアクシデントでしたが頑張りましたね~!
私も必ず一つや二つのアクシデントと共に登っていますが出来れば一つくらいでなんとかしたいです(笑)
続編楽しみにしています(^_^)/~~
  • 2015/09/30 12:51
  • ゆず
  • URL
ゆずさんへ
こんばんは~、ゆずさん。

双六~三俣。そして、、もっと奥の山。
なかなか魅力いっぱいです^^
ぜひ、今度歩いてみてください♪

私もふたつ、みっつとアクシデントがつきものなので
どうにかしたいものです(笑)

続き、がんばりますー^^
また読んでやってください♪
  • 2015/09/30 22:27
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
鍋平から双六〜?そりゃあ疲れますよ!
私なら100%鏡平泊、いやわさび平だな。(笑)
双六のテン場でバッタリしたのは、いつでしたっけ?
あ〜また北アルプス登りたくなってきた!
  • 2015/10/01 01:26
  • sana-papa
  • URL
こんにちは〜。
のんのん大変でしたね。シュラフなんとか乾いたようでよかったよかったです。私はザックの下に、ビニール袋を入れ、いつでもひきあげられるようにしてある。天気が心配の時。濡れて困るものは、それぞれスタッフバックに入れ、持って行きます。雨の時でも、外国の方はザックカバーはしないそうです。ザックの中にビニール袋を入れ、その中に荷物を入れて歩くそうです。それを聞いて私たちも、実践してます。
シルバーウィークは、人人人でいっぱいですよね。6年前のシルバーウィークの時新穂高から水晶まで行きましたが、大変な混雑でしたよ。双六と樅沢岳双六小屋の向こうに鷲羽岳最高の景色でした。ブログ楽しく読ませていただきながら、思い出してます。丹沢山へ行き戸沢でテン泊しました。明日の夜出て、木曽駒ヶ岳テン泊山行に、行ってきます。
  • 2015/10/01 13:02
  • ladybear
  • URL
sana‐papaさんへ
こんにちは~、さなパパさん。

さなちゃんちとバッタリしたのは・・・
2年前だっけなー。
今年はソロでどこに登ったの?
北ア以外なのかな~。
  • 2015/10/03 07:41
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
ladybearさんへ
こんにちは~、ladybearさん。

レインカバー。
面倒だなぁと思っていたのですが・・・笑
その方法はいいですね。

今回の連休は山もすごーい人でした。
普段の生活より人をみたかも!笑

木曽駒山行。
楽しんでください~♪
  • 2015/10/03 07:44
  • ぴょんたん
  • URL
  • Edit
Comment Form
↓下↓の□にチェックを入れると秘密のコメント(鍵コメ)になり、ブログ上には公開されません。(管理者しか読めません) 

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)