心のガラス窓



実は入院する前日。


自分の病気のことで人の言葉に傷ついてしまい

久しぶりに泣きました。


泣いて泣いて。

涙が溢れて。






そんな時

いつも心の支えにしているものがあるのです。




私が中学生の時。

やっぱり誰かの言葉に傷ついていたとき

同じ文芸部の先輩がプレゼントしてくれた一冊の本。





あるページに

しおりが挟んでありました。






「心のガラス窓 」  


ぼくたちはみんな

ピカピカの傷一つないガラスを心の窓に嵌めて生まれてくる。
  

それが大人になって、

親から独立したり、

仕事に就いたり、
   
出会いと別れを重ねたりしているうちに、

そのガラスに少しずつ傷が付く。


時にはすごく心の硬い人がいて、

そういう人が大急ぎでそばを走りぬけると、
  
こっちの心にすり傷が残る。  

 
夜の空から隕石のかけらが降ってきて、

心の窓にぶつかってはねかえることもある。
 

少しずつ傷の跡が増えてゆく。

 

でもね、本当は、

傷のあるガラス越しに見た方が世界は美しく見えるんだよ。
 


花の色は冴えるし、

たった一本の草がキラキラ光ることもある。


 
賢く老いた人たちがいつもあんなに愉快そうに笑っているのは、
 
たぶんそのためだろうとぼくは思う。


歳をとるって、そういうことじゃないかな。


池澤夏樹著『きみが住む星』より






この言葉に

あの頃の私がどれだけ支えられたことでしょう。




そして、

大人になっても

妻になっても

お母さんになっても

やっぱり私の大切な大切な一冊なのです。









そう。

あの日。


泣いて泣いて、

涙いっぱいで帰宅した私に娘は驚き

話を聞きながらぎゅうっと抱きしめてくれました。

優しいのんのん。



そして、気付くと娘も涙。

それを見たら

あらあら不思議。

私はピシッと元気になりました!

ごめんごめん。

あなたにまで悲しい思いさせてごめん。


人の痛みに寄り添う。

寄り添いすぎる。

あなたはそういう子だったね。




傷付いたガラス窓からは

美しい景色が見える。



心優しいのんのんは

どんな景色を見ているのかな。







きみが住む星。

私からみなさんへ。

こっそり教えてあげたい一冊なのでした。

  




人気ブログランキング



関連記事

無事に。


手術の日。

パパがお花と一緒にやってきました。





私は見送られながら、12時前に手術室へ。

部屋に戻ってきたのは、18時頃だったとか。



あまり記憶にないのですが、

パパや義母や母が待っていてくれたようです。





手術が無事に終わったことを見届けると

その日のうちにパパはトンボ帰り。

週末にまた来るねと鳥取へ。







毎日の身の回りのことは

入院の日から母が病院の近くに宿泊し、手伝いに来てくれていました。



その母も週末には帰り

その代わりにパパが来てくれて嬉しいぴょんたん。


ただ、

土日とも私はまだ、ベッドでうつらうつらするだけでした。

それでも、そばにパパがいてくれるだけでとても安心するのです。





そして、術後4日目の今日。

随分と調子が良くなり

パパも母も帰ってしまって退屈だなぁなんて思えるくらい元気な気持ちに!


昨日までの自分が嘘みたいです。


そんな時に、ひょこっと義父母がお見舞いに来てくれてたので

これまた、とても喜んでしまいました。






術後すぐは本当にしんどかったですが

日にち薬とはよく言ったものですね。



昨日より今日。

きっと、今日より明日。








不便は色々ありますが

痛みももちろんありますが

ままならないこともたくさんありますが

気持ちは明るいぴょんたんです。


ではでは(*^^*)


  







人気ブログランキング



関連記事

娘からの



今日はいよいよ手術の日。

5~6時間の手術になりそうということでした。


やっぱり緊張してきたかも。





そうそう。

入院前日のこと。



のんのんが

「ママ、今と後とどっちがいい?」

なんて聞いてくるから

ピンときて

そりゃ、もちろん今でしょ!

と、ぴょんたん母さん。



「じゃ、待ってて♪」

と、二階に上がっていくのんのん。




はい。

察しの良い母ですから

遠慮なく手をおもいっきり出して待っていましたよ♪





のんのんがくれたもの。



メッセージカードと







手編みしてくれたお花のコサージュ。



とっても上手に編んでます!


鶴の折り紙に雪の❄️模様も書いたんだよって。

ありがとう、のんのん。

子どものこんな優しさに触れることができて
お母さんっていいもんだなぁと実感するぴょんたんなのでした。


皆さま、素敵な一日を!
  




人気ブログランキング



関連記事

結婚記念日



私が小さいときから

今も変わらない教会の佇まい。




ここで17年前の今日、結婚式を挙げました。





今年は私は大阪の病院。

パパは自宅。

と、

結婚記念日を離れて迎えることになりましたが

お祝いにと少し前、二人で一泊の小旅行をしてきました。



神戸の北野にあるフレンチのお店でコース料理を楽しみ、

最後のデザートではお店の方からこんな嬉しいサプライズ!





オルゴールも回してくれ

流れてきたのは木村カエラのButterfly。



たっぷり2時間かけて頂いた食事はとっても贅沢な時間でした。







今も変わらず・・・と、いうより

年々と優しさが増していくパパりん。


のんのんはママばっかりずるーい!とわーわー騒いでいますが

だって、ママの旦那様なんだもーん♪

と、大威張りで言うしかありません 笑




毎日、幸せをありがとう。



皆さまも素敵な休日を!

  


人気ブログランキング



関連記事

入院ぴょんたん


先月の終わりから

週一で大阪の病院まで通っていた私。




手術の日が決まり、今日から入院です。







手術後の麻酔から醒めるときの痛さを思うと

憂鬱になりますが

時々、病室の外から泣き声が聞こえると

小さい子も頑張ってるんだなーと

私もしっかりしなければ!と前向きな気持ちになります。



ひとまず、今日と明日は病室でゆっくりのんびり過ごします。

ではでは。

  





人気ブログランキング



関連記事

懐かしむ


つい先日のこと。

娘の大切なぬいぐるみがなぜか私たちの寝室に。





窓のところに座って

仲良く秋晴れの空を見上げていました。







のんのんは小さいとき、よくこんなことして遊んでいたなあと思いだします。




そして、隣の部屋の娘に


「なんでこんなことに置いてるのー」


と、たずねると


「干してるのー♪」


って。




なんだ、干してるのか。

普通じゃんー。



なんて思ったぴょんたん母さん。


あれ。

私。

どんな言葉を期待してたんだ?笑




空想の世界が大好きだった幼い頃の娘を

ちと懐かしく思った数分の出来事なのでした。


ちゃんちゃん。

皆さま素敵な週末を!

  



人気ブログランキング



関連記事

週末の朝は


最近はお野菜が高くて

スーパーで手に取ってもみても悩んでしまうぴょんたんです。


なので、週末の朝は市場へ。


ここは新鮮なお野菜がいっぱい。

そして、家計に優しいお値段なのです。



ふふ。
お野菜たっぷりで嬉しい♪

ではではみなさま、素敵な週末を!

  
人気ブログランキング



関連記事

大山 初冠雪

昨日の11月2日。

大山で初冠雪が観測されました。



紅葉と雪が楽しめる貴重な時期ですね^^



nonDSC_4505_20161103102502c69.jpg





ここ3日ほど、とても冷え込んで

炬燵を出してきた我が家。


灯油も3缶買ってきました。




炬燵に入ると・・・案の定。


眠たくなってうとうと。

それがまた気持ちよいのです。




今日は文化の日。

みなさま、素敵な休日を!


  
人気ブログランキング



関連記事