杓子岳に鑓ヶ岳 そして、鑓温泉へ!

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。



白馬頂上宿舎の朝は、5時の出発を目指して なんとなんと3時半起き!
 
昨日の講習会で、
「ずっと晴れが続いているし 明日あたり午後は天気が崩れる可能性がある」
と言われました。

雨が降ったら、今日 我が家の歩くのコースは危険が増すそうなので
少しでも天気の崩れないうちに歩きたい。

我が家は早起きのほうかと思ったら、周りのテントもゴソゴソ。
やっぱり、お山の朝は超早いです^^

予定どおり、5時ぴったりに出発。





もうすぐ日の出。
空にはまだお月さま。
遠くの剱岳もスッキリ見えました。

DSC_0656.jpg


ブログランキング


続きもどうぞです♪



人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

白馬山荘 to 白馬頂上宿舎 de グルメな日

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。



白馬岳のピークを踏んだ我が家。

そこから、緩やかな下りをいくと 白馬山荘が見えました。

DSC_0617.jpg
さすが!収容人数は日本一の山小屋。おっきいですね。

山荘の前には県境も。
DSC_0627.jpg




P1120282_20110826172351.jpg



白馬山荘には、テント場はないので まだ15分ほど下ったところにある

白馬岳頂上宿舎 を目指します。




続きもどうぞ♪
http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

稜線歩きは気持ちいい♪白馬大池~小蓮華山~白馬岳 縦走2日目

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。



栂池登山口から出発し、白馬乗鞍岳のピークを踏み、白馬大池のテント場で過ごした1泊目。



2日目の朝は まだ、薄暗い4時に起床。
テントの外は、ダウンジャケットを着込むくらい寒い。
それでも、みなさんゴソゴソと準備をされています。
山の朝は早い。
DSC_0530.jpg



続きもどうぞ♪
http://www.outdoor.blogmura.com//  ←人気ブログランキング


http://blog.with2.net/link.php?812813  ←人気ブログランキング


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

一期一会 一泊目のテント場~白馬大池

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。




栂池の登山口を出発して、約5時間。
白馬乗鞍岳のピークを踏むことができた我が家。

今日のテント場を目指します。


白馬乗鞍から、ほどなく

大池が見えました。大池の山小屋も。

DSC_0265.jpg


P1070942.jpg

山小屋が見えると、気持ちもあがります^^♪

が、見えてからが長いような・・・。

P1070981.jpg


P1070947_20110823222658.jpg


ブログランキング


続きもどうぞです♪
人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

縦走の始まり 栂池~白馬連峰(白馬三座)・白馬乗鞍岳

8月12日~15日。

栂池~白馬乗鞍岳~小蓮華山~白馬岳~杓子岳~白馬鑓ヶ岳~鑓温泉~猿倉

と3泊4日のテント泊縦走をしてきました。


今の時期、沢山のお花に出会える白馬。

それも、楽しみのひとつです。

P1070856_20110823221227.jpg


ブログランキング


続きもどうぞです♪
人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

ワンコも一緒に川遊び♪1年ぶりの白糸の滝キャンプ場

白馬のレポの前に、もうひとつ^^


夏だ、川だ、キャンプだ!という訳で

8月6日~7日。

川遊びキャンプへ行ってきました。

友だちファミリーも一緒です。


場所は、昨年見つけた穴場の無料キャンプ場♪

去年、2度訪れたときは貸切状態でしたが 今年は賑わっておりました。



白糸の滝キャンプ場。

DSC_0345.jpg



ブログランキング


続きもどうぞです♪


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

三徳山登山~滑落事故に遭遇

白馬縦走の記事をあげたいところですが、その前にこちらから。




7月31日、日曜日。

三徳山へ出かけてきました。

DSC_0391_20130927015632e4e.jpg



三徳山(みとくさん)は鳥取県東伯郡三朝町にある山。標高899メートル70センチメートル。山名は「法身(美しい)」「般若(にごりのない)」「解脱(働きのある心)」の3つの徳に由来する。
三徳山全域が三徳山三仏寺(天台宗)の境内となっており、中腹の断崖に浮かぶように建つ国宝・投入堂は特に有名。全山が国の名勝・史跡に指定されている。世界遺産に推薦を申請したが、継続審議となった。
登山道は中腹にあたる投入堂までの1本のみであり、全山が人跡未踏の原生林に覆われているため、貴重な植物相が見られる。また寒暖両地方の植物が入り交じって見られる。 (Wikipediaより)


投入堂(なげいれどう) 三仏寺では投入堂への入山はあくまでも観光ではなく修行であるとしており、三仏寺拝観料とは別にここで入山料を支払い入山届に記入した上、貸与された「六根清浄」と書かれた輪袈裟を身につけ、すぐ裏の宿入橋から山道を登ることになる。投入堂への山道は非常に険しく、登山に不適当な服装や靴を着用している者は入山を拒否されることがあり、特に女性のスカート姿は厳禁。また、底面にスパイクがついたものも禁止されている。深い溝のついたゴム底の靴であれば良い。本堂裏の宿入橋からの高低差200メートル、全長ほぼ700メートルの行程は全て難所と言ってよく、ところによっては鉄の鎖やロープ、時にはむき出しになっている木の根だけを頼りにしがみついて、その都度足場を確保しながら登り下りすることになる。なお、難所は下りの方がはるかに通過困難になることは留意すべきである。(Wikipediaより)





つづきもどうぞ♪

http://www.blogmura.com/   ←人気ブログランキング


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

3泊4日のバックパック~北アルプス白馬縦走

8月12日~15日。

3泊4日のテント泊、白馬縦走から帰ってきました。

天気に恵まれ、美しい稜線歩きにハードなガレ場 5つの山のピークに立ち

山を満喫の4日間でした。


2011.8.12~15


こちらもポチッとよろし子でーす!!
    


詳細レポは関連記事からどうぞ^^
人気ブログランキング



関連記事

finetrack(ファイントラック)パワーメッシュを着てみた

ファイントラックのパワーメッシュ、使ってみました。

「かいた汗をすばやく透過し、外側のレイヤーに移行させて濡れ戻りを軽減。
 汗や雨などの濡れによる体温低下を抑える耐久撥水ドライレイヤー。
 ストレッチする素材が体にフィットし、動きへの追従性や、汗抜けに非常に優れています。」

と、商品の説明に 値段も値段。

自然と期待も膨らみます。

DSC_0021.jpg



ブログランキング


続きもどうぞです♪


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

大山(だいせん)ご来光登山と山バッジ (ナイトハイク)

7月23日~24日。

大山(だいせん)の麓にある下山野営場でテントを張り、日の出を目指し登ってきました。


真っ暗の中、登山の準備も整い出発です。

テント場からすぐの登山口。


2時33分。夏山登山口。標高780m。

さぁ、出発です。

DSC_0257.jpg



ブログランキング


続きもどうぞです♪
人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

下山野営場(キャンプ場)~伯耆大山登山へ~

7月23日~24日。

大山(だいせん)の麓にある下山野営場でテントを張り、日の出を目指し登ってきました。


DSC_0323.jpg





大山(だいせん)は、鳥取県のおもに大山町にある標高1,729mの火山。鳥取県西部の旧国名・伯耆国の名称を冠して伯耆大山(ほうきだいせん)とも呼ばれる。
古来より日本四名山に数えられた。また、登山家 深田久弥選出の日本百名山の一つであり、日本百景にも選定されている。
大山は中国山地から離れた位置にある火山。最高峰は標高1,729mの剣ヶ峰(けんがみね)で、これは中国地方の最高峰でもある。 Wikipediaより


ちなみに、伯耆富士とも呼ばれています^^


ブログランキング


続きもどうぞです♪
人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

ありがとう、また会う日まで!涸沢~穂高~出会った方々

テントに戻ると、今日登ってきた北穂高岳を見上げ満足感いっぱい。

DSC_0717.jpg






台風の影響で明日の天気を心配したけれど、空には星も見えてます。


DSC_0825.jpg


ブログランキング


続きもどうぞです♪


人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事

北穂高岳登山

涸沢キャンプ場でむかえた朝

この日も天気に恵まれそうな空でした。

今日は、北穂高岳(3106m)へ登ります。

水の確保に、まずは穂高小屋へ。



気合いを入れて出発。

7時56分。

DSC_0293.jpg



DSC_0297.jpg


穂高岳(ほたかだけ)は、中部山岳国立公園の飛騨山脈(北アルプス)にある標高3,190mの山。日本第三位の高峰。日本百名山、新日本百名山及び花の百名山に選定されている。

北穂高岳 標高3,106m。穂高連峰北端の山。日本有数の岩場である滝谷が西面にある。北峰と南峰の双耳峰で、北峰の山頂直下に北穂高小屋がある。北側に伸びる南岳への稜線は大キレットと呼ばれ、飛騨泣きや長谷川ピークと呼ばれる難所がある。山頂から北東1km程の位置(標高2,500m地点)に、北穂池がある。 ウィキペディアより



ブログランキング


続きもどうぞです♪



人気ブログランキング



⇒⇒Read more♪

関連記事