三徳山登山~滑落事故に遭遇

白馬縦走の記事をあげたいところですが、その前にこちらから。




7月31日、日曜日。

三徳山へ出かけてきました。

DSC_0391_20130927015632e4e.jpg



三徳山(みとくさん)は鳥取県東伯郡三朝町にある山。標高899メートル70センチメートル。山名は「法身(美しい)」「般若(にごりのない)」「解脱(働きのある心)」の3つの徳に由来する。
三徳山全域が三徳山三仏寺(天台宗)の境内となっており、中腹の断崖に浮かぶように建つ国宝・投入堂は特に有名。全山が国の名勝・史跡に指定されている。世界遺産に推薦を申請したが、継続審議となった。
登山道は中腹にあたる投入堂までの1本のみであり、全山が人跡未踏の原生林に覆われているため、貴重な植物相が見られる。また寒暖両地方の植物が入り交じって見られる。 (Wikipediaより)


投入堂(なげいれどう) 三仏寺では投入堂への入山はあくまでも観光ではなく修行であるとしており、三仏寺拝観料とは別にここで入山料を支払い入山届に記入した上、貸与された「六根清浄」と書かれた輪袈裟を身につけ、すぐ裏の宿入橋から山道を登ることになる。投入堂への山道は非常に険しく、登山に不適当な服装や靴を着用している者は入山を拒否されることがあり、特に女性のスカート姿は厳禁。また、底面にスパイクがついたものも禁止されている。深い溝のついたゴム底の靴であれば良い。本堂裏の宿入橋からの高低差200メートル、全長ほぼ700メートルの行程は全て難所と言ってよく、ところによっては鉄の鎖やロープ、時にはむき出しになっている木の根だけを頼りにしがみついて、その都度足場を確保しながら登り下りすることになる。なお、難所は下りの方がはるかに通過困難になることは留意すべきである。(Wikipediaより)





つづきもどうぞ♪

http://www.blogmura.com/   ←人気ブログランキング


人気ブログランキング



三徳山登山 母子でリベンジ!

10月16日。

母子で登山をしてきました。

登ったのは、前回滑落事故があり途中で下山したあの山

三徳山です。

DSC_0002.jpg




つづきもどうぞ♪

http://www.blogmura.com/   ←人気ブログランキング

人気ブログランキング